自分の前世の記憶を思い出す8の方法

輪廻転生という考え方を受け入れている方であれば、前世で自分は何をしてどのような生き方をしていたのか、気になりますよね。自分の前世の事が分かれば、今世で自分がどう生きるべきか見えてくるかもしれません。

実際に前世の記憶を持つ人は世界中に存在していますが、幼い頃ほどよく覚えていると言います。7~8歳頃までは覚えていても、そのあとは次第に記憶が薄れていくそうです。そうであるならば、私たちは前世の記憶を忘れているだけということではないでしょうか?

方法さえあれば、自分の前世について思い出すことが出来るかもしれません。今回は、自分の前世の記憶を思い出す方法について、ご紹介したいと思います。

 

自分の前世の記憶を思い出す8の方法

 


前世の記憶を思い出す方法①デジャブ

初めて来た場所なのにいつか来たことがあるような気がする、あるいは初めての経験なのに前にも同じことを経験したような気がする…そんな感覚をデジャブと言いますが、それはもしかしたら前世の体験かもしれません。

人によっては、その町にあるお店の名前などを思いだしたことで、前世の記憶を取り戻したという実例もあります。

デジャブのすべてが前世に関係しているとは言えないかもしれませんが、自然と蘇ってきたその感覚や感情から、鮮明に浮かび上がってくる記憶があるかもしれません。無理に思い出そうとしないで、その感覚に浸りながら、脳裏に浮かんでくる映像を待ちましょう。

前世の記憶を思い出す方法②自分自身を知る

自分はどんな人間なのか、自分と向き合いながら紙に書き出していきます。どんなときに喜び、何が好きなのか、性格や特徴を客観的に細かく観察します。

この作業は一気にできることではありませんが、書いている内に家族や環境から影響されているものではないと思えることも出てきます。これが、前世の記憶を思い出すきっかけになり、ぼんやりと蘇ってくることがあります。

1ヵ月おきくらいに定期的に行い、長く続けることが大切。早く結果を出そうとして焦らないことです。

前世の記憶を思い出す方法③夢日記

夢を見るのは、脳の中にある過去の記憶が表に現れてくるからです。その時々によって、どんな記憶が出てくるのかはわかりませんが、前世の記憶を思い出すためのヒントになります。

朝起きたらすぐに夢の内容を書き留めておけるように、枕元にペンとノートを置いて寝ます。起きてすぐにキーワードなどを書き留めておいて、忘れないうちにその時の感情なども含め内容をまとめ、日記として残しておきます。

夢日記を続けていくうちに、これは前世の記憶ではないかと思える内容に出会うようになります。

前世の記憶を思い出す方法④瞑想

瞑想の中で前世に行ってみるという方法です。

静かな場所に座って、腹式呼吸をしながら気持ちを整えたら、例えば、何か乗り物に乗って行くイメージをして、違う場所に自分が降り立ったところを思い浮かべます。

その場所が自分の前世だと思い込み、見えてくる映像を待ちます。誰か人が出てきたら、前世に関係のある人かもしれません。景色が見えたときは、その場所をしばらく散策してみます。どんな物語が展開するか、楽しんでやってみてください。

何も見えない時は無理をしないで、別の日にまたチャレンジしてみましょう。

★瞑想について詳しくはこちらをご確認下さい。
瞑想とは?その8のポイントを分かりやすく解説

前世の記憶を思い出す方法⑤アカシックレコードとつながる

アカシックレコードとは、宇宙が誕生したときからの記憶すべてが記憶されている集合体のことで、「宇宙の図書館」とも言われています。

このアカシックレコードから、自分の前世の記憶をリーディングするためには、まず、リラックスして瞑想を行います。前世のどんなことを知りたいのか、アカシックレコードに具体的な質問をしていきます。質問の後に見えてきたものが、前世の記憶です。

アカシックレコードとつながるための講座を開催したり、リーディングを行ってくれるヒーラーもいます。

前世の記憶を思い出す方法⑥ヒプノセラピー

ヒプノセラピーは催眠療法のことです。カウンセリングの心理療法としても使われている方法ですが、前世療法、退行睡眠などによって、前世の記憶を思い出すことができます。

米国医師会、米国心理学会なども認めている方法で、資格を持つ専門家の誘導によって、催眠状態に入ります。催眠状態とは、潜在意識とつながるためのトランス状態を言います。

前世の記憶は、潜在意識の中に眠っています。誘導に従って、それを呼び覚ましていくのですが、その受け取り方は人それぞれに違います。感覚的になんとなくわかる人、時代や国、自分の名前などがはっきり自覚できる人、映像によって見える人など様々です。

最近は自己催眠の方法を紹介している書籍などもありますが、セラピストに依頼する場合は、資格のある信頼できる方を選ぶことが大切です。

前世の記憶を思い出す方法⑦チャネリング

チャネリングは、ヒーラーや霊能力者などに依頼する方法です。自分で見るわけではありませんが、前世を思い出すためのヒントになるかもしれないので、ヒプノセラピーのような催眠にかかりにくい方にはいいかもしれません。

ヒーラーや霊能力者が高次元の存在、霊的な存在とコミュニケーションを取り、メッセージを受け取ることで、前世に関することを教えてもらえます。

依頼するときの注意点として、本当に能力がある人かどうかを見極めることが大切です。詐欺的商法に気をつけましょう。

★チャネリングについて詳しくはこちらをご確認下さい。
チャネリングとは?その意味と効果を徹底解説

前世の記憶を思い出す方法⑧オーラ診断

オーラとは、人体から発せられる霊的なエネルギーのことです。性格や内面的な状態によって色が違うとされています。

オーラ診断を受けると、自分のオーラはどんな色をしているのか、その色は何を意味するのかということを知ることができます。

オーラ透視ができる専門家に依頼すれば、オーラの色だけではなく、今世に前世の記憶がどう影響しているか、現在抱えている問題に前世のできごとがどう関わっているかなどもわかります。

自身で前世の記憶をイメージするということはできませんが、今起こっていることが前世と何らかの関わりがあるということを知ることで、前世の記憶が呼び覚まされることもあります。


 

最後に

どうしても怖いもの、トラウマなどは前世の影響があるとも言われています。前世を知ることでそれが解消されるのであれば、思い出すことにも意味があると思います。前世の記憶を思い出す…それは、今の生き方を見つめ直すためのものだと思います。

思い出したことによって、今の人生がもっと悪い方向に向かうようであれば、それは思い出さない方がよかったのかもしれません。

自分の前世の記憶を思い出す方法をご紹介しましたが、なぜ、前世が知りたいのかということも考えながら、自分に合った方法を試してみてください。

自分の前世の記憶を思い出す8の方法

①デジャブの認識によって前世の記憶を思い出す
②自分自身を知ることで前世の記憶を思い出す
③夢日記の習慣によって前世の記憶を思い出す
④瞑想によって前世の記憶を思い出す
⑤アカシックレコードとつながって前世の記憶を思い出す
⑥ヒプノセラピーによって前世の記憶を思い出す
⑦チャネリングによって前世の記憶を思い出す
⑧オーラ診断で前世の記憶を思い出す


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『ご先祖占い』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐