カルマの法則とは何か?その本当の意味を解説

昨今、音楽など、スピリチュアルを謳わない作品の中にも登場するようになってきた「カルマ」という言葉。

一般的には、「過去生からの因縁」とか「運命的なつながり」といった物事のことを、ざっくりと「カルマ」と呼んでいるケースが多いようですが、本当のところ、カルマとはどんなものなのでしょうか。

その基本的な意味と成り立ち、そして、カルマの法則はわたしたちの人生にどのように影響していて、どう向き合っていくべきものなのかについて、具体例なども挙げながらわかりやすく紐解いてゆきましょう。

今回はカルマの法則とは何かその意味を分かりやすく詳しく解説致します。

 

カルマの法則とは何か?その本当の意味を解説

 


カルマの法則とは?

ひと言で言うと「行為はなんらかの報いを生じる」というのがカルマの法則。仏教やヒンドゥー教などに見られる考え方です。

要するに「因果応報」を意味しており、「善い行いは善い結果を生み、悪い行いは悪い結果を生む」ということ。それが輪廻転生を通じて伝わっていく、というのがカルマの法則だと言えます。

つまり、過去生において善い行いをした人は、今生でも善い報いに出会うことになり、善い報いはさらに善い行いへと促し、さらに善い報いを生むことに・・・。もちろん、逆もまたしかり。悪い行いの場合も、行為と報いの連鎖は受け継がれていきます。そうして、連鎖して繰り返されていくもの、それがカルマなのです。

というと、過去生に「悪い行い」をした場合、今生は「悪い報い」を受けるしかないのか?と、思いがちかもしれません。そのことについては、また後述してゆきますので今しばらくおつき合いくだい。

運命の感覚とカルマ

一般的には、「出会うべき運命のふたり」とか「果たせなかった約束を果たす」といった、ロマンティックな感覚で捉えることもありますが、実際にカルマ的な縁で巡り会うふたりは、そうそう甘い関係のままではいられないものです。

遺恨を残しているからこそ、時と生を超えてなお、強烈な執着で引き寄せ合うのですから。そこに恨み辛みがあるのは否定できません。

たとえば、過去生において自分を裏切った相手と、もし今生で出会ったなら、最初は強く惹かれ合っても、無意識下では、裏切られるかもしれない強い不安や、仕返しをしたい気持ちがうごめいていたりします。

また、職業の選択においても、無意識下に沈ませた過去生の記憶が作用しているケースは実はとても多いものです。過去生で成し得なかったことを目指したり、失敗を取り返そうとして選んでいる場合もあります。

なぜだか強くこだわってしまうものや感情が揺さぶられるもの、導かれているように感じる物事、繰り返し出会う出来事など、運命的に思える事柄のほとんどにカルマが関係しています。運命は、言わばカルマでできている、といっても過言ではないかもしれません。

ネガティブなカルマ

行為と報いが連鎖するお話をしましたが、それだけが「カルマの法則」ではありません。具体的なケースでさらにご説明してゆきます。

あるとき、AさんはBさんに多額のお金を借りました。絶対に返すと約束をし、Bさんもそれを信じて待っていましたが、その生では約束が果たされることはなく、ふたりそれぞれに死を迎えました。そんなふたりの魂が再び出会うとどうなるでしょう?

Bさんは、なぜかわからないけれど、Aさんに不信感を抱きがちで、Aさんは、なぜかわからないけれど、Aさんに頭が上がらなかったりします。Bさんが上司なら、部下のAさんに必要以上に厳しくするかもしれません。

あるいは、過去生で信じた相手に裏切られたBさんは、今生では、だまされるより、だます側になってやる、という思想を抱くようになり、出会ってすぐにAさんをだまそうとしたりして・・・。

こうした、無意識下の記憶に煽動された選択や行動、「やったりやられたり」というリベンジの連鎖を起こしていくこと。それがネガティブなカルマの法則なのです。

過去生からのトラウマ

「カルマの法則」というと、逃れられない厳格な掟のように聞こえがちかもしれません。確かに、やってしまったことを「なかったこと」にすることはできないけれど、だからといって、今生の全てが、過去生のカルマによって決められるわけではないのです。

何かをやってしまった以上、「報い」から逃れることはできませんが、その受け止め方によっては、カルマから解放される道へ入っていくことができます。

それは、わたしたち人には、いつどんな状態からも成長できるポテンシャルが秘められているため。宇宙が変化し、広がり続けているのと同じで、小宇宙であるわたしたち人にも「伸びしろ」があるのです。心や身体に傷を負って、それを乗り越えた経験をお持ちの人は多いはずです。

ネガティブなカルマは、言わば時を越えたトラウマのようなもの。自覚しづらいという難点はあるものの、しっかり向き合っていったなら、癒していくことが可能なものなのです。

不幸や不運は報い?

ひどい目に遭ったり、辛い思いばかりしたり・・・。そんな渦中にいる人にとっては、それが「報い」であることはなかなか受け入れづらいことかもしれません。相手の間違いや至らない部分を責めたくなったり、自分は悪くないと主張したくなったりすることもあるでしょう。

あるいは逆に、漠然とした罪の意識に動かされて、「自分は罰を受けるべきだ」と辛い状況に甘んじてしまう、というケースもあるかもしれません。意識せずとも、自分の幸せを望めなかったり、なんらかの犠牲を負いがちな人は、きっとその無意識では罪悪感がうごめいています。

いずれにせよ、そうした今生で出遭う「不幸」や「不運」は、どれほど相手や周囲が悪くてもやはり「報い」。自分が撒いた種であることを受け入れることは、カルマ思想を理解するうえでとても大切なポイントです。

なぜなら、「報い」であることを受け入れないと、また仕返しをしたくなる気持ちを次の生につないでしまいますから。過去生のやったことにも責任を持って、まずは報いを受け止め、そして、仕返しや正当化をやめていくこと。そこまでがカルマの教えなのです。

カルマの解消①無条件の許し

カルマの法則は、「報い」であることを受け入れず、相手や周囲のせいにし続けていると、そこから逃れることはできません。

ならば、報いであることを受け入れればいい、ということなのですが、わたしたちは、結構な確率でそのチャンスをスルーしていたりします。意識的に向き合おうとしても逃してしまうこともままあるので、なかなか一筋縄ではいかないのがカルマの解消なのです。

なぜなら、明らかに相手が間違っているように思えるときに、それを「報いだから」と穏やかな心で受け止められるかというと、それには難しさを感じる人は多いでしょう。

ですが、そうした場合、怒りや復讐心を手放して、許すことを選べるように促す天地のサポートは確実に来ているもの。感情を抑え込んで次の生へと持ち越すのではなく、願わくばその時、その瞬間に「許し」を選びたいものです。

自分から許すのがカルマ解消への道。ですがもちろん、過去生の自分のやったことを水に流し、許すことが大前提です。自分を許せないのに、他者を許せるはずもありませんから。

あなたの中にも、ふとすると沸きあがる罪の意識があるかもしれません。大手を広げて幸せを求めることができる自分になることは、カルマから解放されていく第一歩です。カルマ解消を望む人は、ぜひ内なる罪悪感を手放すことにエネルギーを注いでください。

カルマの解消②借りを返す

カルマの解消には「許すこと」が不可欠です。それなしにカルマから解放されることはありませんが、それと同時にやるべきこともあります。それは「貸し」を返すことです。といっても、「過去生で借りたお金を今生で返す」という単純なお話ではありません。

前述の「お金の貸し借り」の場合、考えてみるべきなのは、Aさんが、Bさんから借りたお金を返さないことによって、Bさんはどんな状況になったかということ。Bさんは、Aさんから返ってくるお金を当てにして何かを計画していたかもしれません。

その計画は、もしかしたら、たくさんの人を助ける事業だったかもしれず、それがAさんがお金を返さないことで計画倒れになったとしたら・・・。Aさんの過ちは、Bさんにお金を返すだけでは補えません。さらに言えば、Bさんの事業によって助けられるはずだった人にも計画があって、それも生み出されずじまいに・・・・ということにもなっていたりします。

ひとつの行いは、良しにつけ悪しきにつけ、こんなふうに波紋を広げてゆくものです。ですから、Aさんがカルマを解消しようとするなら、助かるはずだった人を助けるところまで視野に入れる必要があるのです。

カルマを解くチャンスがどんなふうに訪れるかは、それこそ神のみぞ知ること。わたしたちがそれを正確に予知するのは難しいですし、どれがそうでどれがそうでないかを判別するくらいなら、目の前のこと、出会う全てに対して、心をこめて向き合うほうが誠実だと言えるかもしれません。

ポジティブなカルマ

ネガティブなカルマがあるなら、ポジティブなカルマもあります。そう、過去生で何かしら「善き行い」をしていれば、今生でその報いを受けてしかるべきです。それがわたしたちが「徳がある」とか「幸運」といった言葉で呼んでいるものです。その幸運を受け取り、さらに「善き行い」を重ねれば、未来も次の生も幸運に恵まれた人生を送れるようになることでしょう。

しかしながら、一見すると「善き行い」でも、宇宙の大きな視点からすると、必ずしもそれが善行ではないケースもあるんです。

たとえば、社会的に弱い立場にある人を助けることは「善きこと」のように見えるかもしれません。ですが、「弱者」として扱うことで、その人自身に「自分は弱い」と思い込ませ、その立場に甘んじさせてしまう、ということもあり得ます。それが、「善い人」が必ず幸運を受け取ることができるわけではない要因のひとつなのです。

また、過去生において、何かの職業で成功した場合、それに関する才能やセンスを、今生でも楽々と発揮できるケースがあります。あなたが今生において「これが得意」と感じる事柄は、おそらくは過去生でもうまくいっていたこと。その才能やセンスを活かすことは、人生を豊かにするためのエッセンスとなり得るでしょう。


 

最後に

いかがでしたか? なかなか実感としては理解しづらい部分も多いカルマの法則ですが、こんな風に考えてみると少しわかりやすくなるかもしれません。過去生の自分も、今現在、自分の中に生きていると。そうすると、「報い」を、よりスマートに受け入れ、向き合うことが可能となるでしょう。

そして、ぜひ自分の行いの波紋をイメージしてみてください。きっと、今の選択の大切さに気づくはずです。自分と世界は決して無関係ではないのですから。

カルマの法則とは何か?その本当の意味を解説

・カルマの法則とは?
・運命の感覚とカルマ
・ネガティブなカルマ
・過去生からのトラウマ
・不幸や不運は報い?
・カルマの解消①無条件の許し
・カルマの解消②借りを返す
・ポジティブなカルマ


★2018年の運勢をズバリお教えします!★

『あなたの運勢』で2018年の運勢を徹底鑑定して、あなたに起こる良いことも悪いことも全てお教えし、開運へ導きます。

スピリチュアル鑑定師が運命を読み解き、1000文字を超える細かい鑑定結果で、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

2018年の運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!