短命の家系は先祖の因縁なのか解説いたします

よく「うちは早死にの家系だから…」という人がいます。遺伝子的に短命だという場合もありますが、それはもしかしたらご先祖様の因縁かもしれません。今回は、短命の家系は先祖の因縁なのか?また短命の因縁に対処する方法について解説いたします。

 

短命の家系は先祖の因縁なのか解説いたします

 

短命の家系とはどのような家系なのか

短命の家系というのは、多くが同じ病でなくなった遺伝性のものや、過去の因縁でとりつかれてしまうことで寿命が縮まってしまうことが考えられます。基本的には遺伝性なので気にしなくてもいいのですが、ごく稀に、過去の先祖の因縁のせいも考えられるので、注意が必要です。

繋がってはいけない因縁の相手とは

食べ物や普段の生活のなかにアレルギーがあるのと同じように、どうしても波長の合わない人というのがいます。

普段は無意識にそのような相手は避けて生活をするので、気にしなくても良いのですが、ごく稀にその違和感を運命や恋と勘違いしてしまうことがあります。もちろん即時離れることが一番です。

波長の合わない人と一緒にいると、自分のリズムを崩されてしまうため、どうしても命を縮めてしまうことになりかねません。

波長が合う人とは?スピリチュアル的に解説

どんな因縁があるといけないのか

簡単に言えば、敵対している組織や家柄の生まれ変わりの人です。特に洗脳的に敵視していた相手となると、恨みつらみが溢れ出てくるのでいけません。

呪いをかけた相手の場合は一番良くなく、そのような因縁があると体調を崩したり、気分が悪くなることが多くあります。

また、祖先で敵対などしてなくても、偶然敵対した人の生まれ変わりであったり、守護霊の相性が悪かったりしてもいけません。違和感があるときは注意が必要です。

短命の家系が長寿になる為には

先祖を大事にすること、また、霊的な力を高めることが大切です。

霊的な力の高め方としては、礼所巡りをしたり、経文を唱えたり、普段から神仏の加護を受けやすいように身を清めることです。

さらに、気持ちの持ち方として、あまり羨むことをせず、恨みつらみとは縁遠い生き方、考え方をし、気持ちを平穏にすることが大切です。

因縁を切ることは出来るのか

完全に切ることは難しいでしょう。しかし、因縁だけに縛られない生き方をすることが大切です。

多くの場合、自分と合わない人は無意識に遠ざけるものです。そこをこだわって忌み嫌うようなことをせず、関心を持たない、そういう人もいるのだな、と割り切ることが大切です。

断ち切るための労力よりも、割り切るための努力をした方が、心の負担も少ないです。

因縁を終わらせて長生きしよう

因縁に縛られ、その因縁にこだわり続ける生き方は一番短命になるものです。恨みつらみには力を使います。

そうではなく、因縁を一つの縁として考え、縁には「離れる縁」もあるのだということを受け入れましょう。そして、自分の魂の部分を磨くことで、長生きができるように努力をしましょう。

 

最後に

短命な家系というのは、先祖の因縁だけではありません。自分の生き方、考え方次第でどうにでもできるものなのです。こだわりを持ち続けて恨みを増幅するのではなく、いかに今の人生を長く謳歌することができるかを考えましょう。そして、短命だと諦めることをせず、いかに人生を豊かにするか、を考えて生きるようにしましょう。

短命の家系は先祖の因縁なのか解説いたします

①短命の家系とはどのような家系なのか
②繋がってはいけない因縁の相手とは
③どんな因縁があるといけないのか
④短命の家系が長寿になる為には
⑤因縁を切ることは出来るのか
⑥因縁を終わらせて長生きしよう


★あなたに訪れる運命の日を知りたくないですか?

『スピリチュアル運命診断』では、あなたの生年月日や血液型をもとに、あなたに訪れる運命の日を実力派の鑑定師が診断してくれます!
しかも、今ならご登録頂いた方全員に2,000文字を超える鑑定診断に加え、 完全オリジナルのヒーリングミュージックを無料でプレゼント!

あなたが予期せぬ衝撃の未来とは?
運命が知りたい方は、是非お試し下さい!