レイキヒーリングとは?その意味と効果を徹底解説

レイキヒーリングの「レイキ」は漢字で「靈氣」と書きますが、霊能力や超能力、また宗教とも全く関係はありません。

レイキヒーリングは、身体・魂の浄化・癒しを促進するために行われるヒーリングテクニックです。特殊な能力がなくても誰にでもできますが、レイキヒーリングとはどのように行うのか、そして、どんな効果が期待できるのかということをご説明したいと思います。

 

レイキヒーリングとは?その意味と効果を徹底解説

 


レイキヒーリングとは①気功の違い

レイキは気功と同じようなものと思っている人方もいるようですが、基本的に全く違います。自身の「気」の力を使う気功に対して、レイキは宇宙に存在する自然のエネルギーを使います。

気功は筋肉に力を入れて、相手をよくしようという想念・意識を使ってエネルギーを出すので、気力や体力も消耗します。

それに対して、レイキは自身のエネルギーは全く使いません。宇宙に存在する高次元のエネルギーと繋がり、そのエネルギーをただ流すだけなのです。修行を行う必要もなく、自然界から取り込むエネルギーは、自分を介して必要な場所に必要なだけ流れていきます。

レイキヒーリングとは②歴史

1922年、臼井甕男(ウスイミカオ)という人が鞍馬山で断食修行を行っていた時に、不思議な体験とともに宇宙に存在する高次元のエネルギーの存在を知り、このエネルギーを使って人々の病を治せないものかと考えたのがはじまりでした。

臼井甕男は「不思議な力を持った」という意味をこめて、このエネルギーを使った療法を「心身改善臼井式靈氣療法」と名づけました。その後、臼井式靈氣療法学会を設立。弟子の一人に海軍大佐の林忠治郎がいたことから、手当療法として海軍でも認められていました。

戦後は、アメリカの文化や文明、価値観が広がり、レイキを使う人も減っていきます。そんな中、林忠治郎がハワイに住んでいる日系二世・高田ハワヨにレイキを伝授したことで、海外で盛んに使われるようになっていったのです。今でもアメリカやヨーロッパでは、医学の代替療法として研究されていて、実際にレイキを代替療法として使っている病院や施設がたくさんあります。

レイキヒーリングが今また日本で普及しはじめたのは、海外から逆輸入されたからです。しかし、レイキを使う人の数は、海外の600万人に対し、日本国内ではまだ5万人くらいしかいません。逆輸入されたレイキヒーリングは、欧米人に合わせて進化していることから、元となっている臼井甕男のレイキは、「臼井式」として区別されています。

レイキヒーリングとは③特徴

レイキヒーリングは、愛に満ち溢れた高次元のエネルギーを受け取るというヒーリングです。道具などは一切使わず、誰にでもできます。代替療法としても注目されていますが、副作用もなく最もシンプルなヒーリング方法です。

もともと日本で使われていた「臼井式」と、西洋から逆輸入された「西洋式」には大きな違いがあります。「臼井式」は心身の健康からはじまり、最終目的は自己実現、悟りの境地に至るというところにあります。しかし、西洋から逆輸入されたものは、心身の健康の部分だけを目的としています。これは、西洋に伝わった時に代替療法として用いられたからです。ただ、レイキヒーリングの効果に関しては、どちらも全く違いはありません。

ヒーラーは高次元のエネルギーと繋がり、受け取ったエネルギーを自分や相手の不調を感じている部分に手を当てたりかざしたりして、エネルギーを流します。手を正確な位置に置いてなかったとしても、必要な部分にエネルギーは自動的に流れていきます。

レイキヒーリングとは④方法

レイキヒーリングは、ただ手を当ててエネルギーを送るだけです。基本的には、細かい決まりごとはありません。ヒーラーになるためのアチューメントを受ければ、手を置くポジションやシンボル、マントラなどを伝授されますが、実際のところ、誰もが知らないうちに使っているエネルギーかもしれません。

例えば、幼い頃、咳き込んだりした時、お母さんが背中をさすってくれたら咳がすぐに止まったなど、お母さんのハンドパワーを感じたことはありませんか? レイキは、そんな愛のエネルギーと同じものです。

レイキヒーリングは自分自身や他者に対して行いますが、その場にいない人にもエネルギーを送ることができます。それが「遠隔ヒーリング」です。「遠隔ヒーリング」を行う場合は、エネルギーを送る相手の許可を取ることが必要。相手の住所・名前を唱え、顔を思い浮かべながらエネルギーを飛ばします。

この他にも、ペットを癒したり、植物に元気を与えたり、土地や建物などの浄化…いろいろなものに使うことができます。

レイキヒーリングとは⑤効果

レイキのエネルギーを受けると体の中でエネルギーの回路が開き、心身ともに元気になります。感じ方には個人差はありますが、自己治癒力や免疫力が高まるので、体の痛みや不調を和らげてくれます。敏感な方は手を当てている部分がピリピリしたり、体が温かくなってくるのがわかります。

海外で代替療法として使われている理由は、レイキヒーリングのこの効果を認めているからですが、慢性的な不調も緩和さたという事例はたくさんあります。

また、これといって不調を感じなくても、レイキヒーリングを毎日行うことで自身のエネルギーが高まり、風邪をひきにくくなったり疲れを感じなくなったり、これまで以上に体調がよくなります。精神的にもストレスを感じなくなり、考え方もポジティブになるという効果もあります。

レイキヒーリングとは⑥アチューメント(伝授)

本来、レイキのエネルギーは誰にでも使えるものですが、自分の中のエネルギー回路をしっかり構築するためのアチューメント(伝授)あります。現在、レイキヒーリングにはいろいろな流派があますが、ここでは「臼井式」のアチューメントについてご紹介しておきます。

アチューメントは4段階に分かれています。1段階目から順番に進めていきますが、全部受けなければならないということはありません。

▼ファーストディグリー(初伝)は、エネルギーが流れ込むための回路を開き、基本的なセルフヒーリングができるようになります。
▼セカンドディグリー(奥伝前期)は、ヒーリングエネルギーをより強力にするための3つのシンボルとマントラが伝授され、自他の心と感情の癒し、時空を越えた遠隔ヒーリングなどもできるようになります。
▼サードディグリー(奥伝後期)は、ハイヤーセルフと繋がるためのマスターシンボルが伝授されます。ティーチャーズディグリー(神秘伝)は、レイキティーチャになりたい人のためのアチューメントです。

アチューメントは一対一の対面で行われ、一度受ければ永久にレイキを使うことができます。レイキのエネルギーは使えば使うほど、強力になっていきます。

★アチューメントについて詳しくはこちらをご確認下さい。
アチューメントとは何か?分かりやすく解説致します


 

最後に

レイキヒーリングは、エネルギー回路を開くだけで、誰でも簡単にできるようになります。そして、宇宙に存在するエネルギーを流すことによって、ヒーリングを受ける人のみならず、行う側も癒されるという愛に満ちたヒーリング方法です。忙しい毎日の中で癒しが欲しいという方は、自分やご家族、ペットたちのために生活に取り入れてみてはいかがでしょう?

レイキヒーリングとは?その意味と効果を徹底解説

①レイキと気功の違い
②レイキヒーリングの歴史
③レイキヒーリングの特徴
④レイキヒーリングの方法
⑤レイキヒーリングの効果
⑥レイキヒーリングのアチューメント(伝授)


★2018年の運勢をズバリお教えします!★

『あなたの運勢』で2018年の運勢を徹底鑑定して、あなたに起こる良いことも悪いことも全てお教えし、開運へ導きます。

スピリチュアル鑑定師が運命を読み解き、1000文字を超える細かい鑑定結果で、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

2018年の運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!