パラレルワールドとは何か?分かりやすく解説します

パラレルワールドという言葉を聞いたことがありますか?パラレルワールドとは、並行宇宙とも言いますが、自分が今いる世界と並行して別の世界が同時に存在しているということ。これは次元が違うということではなく、同じ次元の中で存在しています。今回はパラレルワールドとは何か?分かりやすく解説します。

 

パラレルワールドとは何か?分かりやすく解説します

 

パラレルワールドとは

若い頃、SF小説を読んでいた私は、「もう一人の自分がいて、別の世界で違うことをして生きているかもしれない」なんて思ったこともありますが、今自分が存在している世界と並行してもう一つの世界が存在するというのがパラレルワールドです。

私たちは毎日、何らかの選択をして生きています。お昼ご飯は何を食べようか、買い物はどこでしようか…など、何かを決めるときに選択するという行為が伴ってきます。

お昼ご飯はラーメンを選んだとき、ラーメンを食べることが現実に起こってきますが、ラーメンを選択しなかった自分も同時に存在するということ。

「もし~だったら…」という仮定の世界とでもいいましょうか。

ラーメンを食べていなかったとしたら、チャーハンだったかもしれないしサンドウィッチだったかもしれない…つまり、選択肢の全てがパラレルワールドとして同時に存在しているということになります。

また、自分が見ている現実は他の人から見て全く同じものではありません。見る人によって、それぞれ違う世界観があるからです。

自分が見ている現実は自分だけの現実であるということ。同じ場所にいるから同じ体験をしているというのは単なる思い込みで、本当は全く違う体験をしているかもしれません。それも、パラレルワールドの概念として捉えられています。

パラレルワールドは存在するのか

パラレルワールドは、物理学や量子力学の分野でも存在する可能性があるとされています。

量子力学の理論から言えば、今私たちが見ている現実とは別に、選択肢の数だけ様々なパラレルワールドが存在しているそうです。

先に挙げたのは食べ物の例でしたが、「もし、他の会社に就職していたら」「もし、他の人と結婚していたら」など、別の運命を選択していた時の自分がいる世界がどこかに存在するというパラレルワールドの研究は、多くの科学者たちが注目しています。

また、パラレルワールドは個だけではなく、地球をはじめとしたすべての惑星にとっても存在していて、それを否定することはできないとされています。

パラレルワールドは潜在意識でつながっている

私たちの意識には、顕在意識と潜在意識があります。

自分が考えている、判断しているという自覚があるのが顕在意識。それに対して、潜在意識は自分が考えているという自覚なしに考えている部分です。

私たちが顕在意識で考えていることは意識全体の3パーセントくらいしかないと言われているように、ほとんどは潜在意識で考えているのです。

そして、潜在意識の向こうにあるのは集合意識。ここに選択しなかった運命のパラレルワールドが存在すると考えられています。

人は眠っている時に潜在意識の働きが活発になりますが、夢の中に会ったことがない人が出てきたり、知らない町を歩いていたりしたことはありませんか?あるいはその夢を何度も見たとか。

もしかしたら、それは超意識にあるパラレルワールドとつながっていたという可能性もあります。

現実になるかどうかは周波数の違い

私たち人間を含め物質には固有の周波数があり、常に振動しています。いろいろな思い、選択によって私たちは今の現実をつくり出していますが、それは自分が出している周波数と同じ周波数のものと共鳴したということです。

実際に起こることがなかった「もし~だったら…」ということは、パラレルワールドとして存在しますが、言い換えれば気周波数が違っているから現実には起こっていない世界ということになります。

もし、今とは違う現実を作り出したいのであれば、自分の周波数を変えるしかないというのがパラレルワールドの理論のようです。

つまり、テレビのチャンネルと同じようなものです。見たい番組にチャンネルに合わせることでそれを見ることはできますが、違うチャンネルでもう一つの番組が存在するということがわかっていても、チャンネルを変えない限り実際に見ることはできないのです。

パラレルワールドに行く方法

一人の人が認識できる世界は一つしかありません。ですから、私たちは常に、自分が選択した世界で生きています。ワクワクするような楽しい世界を選べば楽しい世界に存在し、いやな思いばかりする世界を選べば不愉快な世界に存在するのです。

先にパラレルワールドは潜在意識でつながっていると書きましたが、潜在意識を書き換えることでパラレルワールドに行くことができるということが仮説として言われてきました。

しかし、潜在意識を書き換えるのは簡単なことではありません。専門的な知識も必要なので、専門家やカウンセラーに相談して力を借りなければなりません。

この方法により近いのが「引き寄せの法則」です。「引き寄せの法則」の基本は「自分の思ったことしか起こらない」というもの。いいことも悪いことも自分の思いによって引き寄せられるということです。

現実を変えたいのであれば、潜在意識の考え方を変えるのです。そもそも、人は時間の流れとともにパラレルワールドを移動しているという考え方もあり、引き寄せの法則とは自分の望むパラレルワールドに行くことと同じではないかと言われています。

その他、エレベーターを使う、鏡を使う…などSFのような方法も情報として流れていますが、実際のところはどうなのかわからないので、ここでは割愛しておきます。

パラレルワールドの報告事例

パラレルワールドに迷い込んだという報告事例があります。

それは2011年、東日本大震災の時。救助に向かっていた車が被災地に到着したら、その場所は白い靄に包まれていたとのこと。そのうち靄が晴れてきて、周りの景色を見渡してみると、被災を受けていない街並みが広がっていました。

その街並みは、被災前のその場所ではなく、日本の江戸時代や外国の王朝時代などが混ざり合ったような、不思議な光景だったそうです。

そうこうしているうちに、また靄に包まれてそれが晴れると、元の被災地だったそうです。

東日本大震災の時に、このような不思議な体験はいくつも報告されていますが、これは大きな地震によって磁場が乱れ、空間に歪みができパラレルワールドの入り口ができたからではないかとも言われています。

パラレルワールドの研究はまだまだ続けられていますが、存在するのは確かなことだと思います。

 

最後に

パラレルワールドは、まだ完全にその存在を証明されたわけではありませんが、存在しないと否定するわけにもいかないと思います。

「思考は現実化する」というのがこの世の全てだと思っているので、私はその存在を信じていますが、でも、行ってみたいかどうかはわかりません。

今を大事にし、ベストな状態で今を生きているのであれば、パラレルワールがあるということだけでいいのかもしれません。

パラレルワールドとは何か?分かりやすく解説します

・パラレルワールドとは
・パラレルワールドは存在するのか
・パラレルワールドは潜在意識でつながっている
・現実になるかどうかは周波数の違い
・パラレルワールドに行く方法
・パラレルワールドの報告事例


★あなたが望む本当の幸せは?

『スピリチュアルデイズ』
では、あなたの生年月日や血液型をもとに、あなたに訪れる運命の日を本格スピリチュアル鑑定であなたの運命を切り開きます。しかも、今ならご登録頂いた方全員に2,000文字を超える鑑定診断を無料でプレゼント!あなたが予期せぬ衝撃の未来とは?

運命が知りたい方は、是非お試し下さい!