病気の意味をカルマの法則で解説します

病気とカルマの法則の関係を知りたい方へ。

病気になるのは、肉体だけの問題ではありません。スピリチュアル的な視点から考えると、病気になるのはカルマの解消であるとも言われていますが、それはどういうことなのでしょうか。カルマの法則とともに病気ということについて考えてみたいと思います。

本記事では、病気の意味をカルマの法則で解説します。

カルマの法則とは

カルマは日本語では「業」と言いますが、自分自身が作り出している「原因」のことです。その原因は、必ず結果となって返って来る、それがカルマの法則です。

カルマの法則のことを因果応報という方もいますが、「良いことをすれば良いことが返ってくるし、悪いことをすれば悪いことが返ってくる」といういたってシンプルな法則です。

これは輪廻転生に基づいた法則で、私たちはみな生まれ変わったとしても、魂の記録としてカルマを背負っているとされています。

つまり、カルマの法則は今生きている現世だけに限られるものではないし、前世や過去世、そして次に生まれ変わる来世にも関わっているのです。

カルマの法則とは何か?その本当の意味を解説

カルマの清算

人が輪廻転生を繰り返すのは、魂を成長させる、向上させるという目的があるからです。

私たちの魂はこの世に生まれてくる時、向上するためには何を学び、どのように成長するかという目的を持って生まれてきます。それをしっかり果たすことができれば、亡くなった後は高い次元の世界に戻ることができます。

しかし、自分がこの世に生まれた真の目的を思い出すことができなかったり、自分の魂が望んでいない悪い行いをした場合、悪いカルマを背負ったままこの世を去ることになります。

そして、次に生まれ変わった時、それを清算しなければならなくなるのです。悪いカルマを清算することは苦しみが伴いますが、それは愛に気づき、感謝の気持ちを持つための修行のようなものなのです。

輪廻転生とカルマの法則の関係を分かりやすく解説

なぜ病気になるのか

一概には言えませんが、難病を持って生まれてきたり、癌などの重い病気にかかるのは、悪いカルマを清算するためではないかということです。

病気になったことで家族のありがたさがわかった、生きていることに感謝することができたという方もたくさんいますが、病気は内なる自分、魂からのメッセージです。

日頃の生活のあり方、これまでの考え方、人間関係など、何か気づかなければならないことや悔い改めなければならないことがあるのかもしれません。体の不調や痛みがある時にそんな余裕はないと思うかもしれませんが、病気になった時こそ内なる声に耳を傾けてみましょう。

難病・癌に対する考え方

難病や障害を持って生まれてきたという場合、前世のカルマが重いと考えられています。また、癌などの難病に侵されるというのも、前世先祖からのカルマが影響しているようです。

カルマは足し算のようなもの。ちょっとしたことであっても、悪いカルマが少しずつ積み重なっていけば重いものになります。そして、その度合いに見合った苦しみが病気という形として現れて、それが重篤な病気だったりするのです。

医学の進歩は目覚ましいものがあり、難病と言われるものでも手術を受ければ完治するもの、あるいは症状を軽くすることはできるようにはなってきましたが、自分の行いが病気の原因であるということに気づくことが大切です。

スピリチュアルの考えに基づくホリスティック医学などでは、症状は治まったかもしれないけれど、自身がカルマの法則に気づくことがなければカルマの清算を先延ばしになっただけだと考えられています。

自分の心が病気を生み出す

病気になるのは、前世のカルマだけが原因というわけではありません。今の人生においても、嫉妬心や猜疑心、怒りなどネガティブな考え方ばかりしている方は、その思いが原因となって病気になります。

自分さえよければという自己中心的な考え方、人を貶める行為はマイナスのカルマですから、それが積み重なるといつかは病気になる可能性があります。

例えば、胃腸の病気になる方は、執着心が強い、感謝しない、家族など大切な存在を邪険に扱うなどが原因。腎臓など泌尿系の病気は、言いたいことが言えず我慢ばかりしている人に多いと言います。

すべてが当てはまるということではありませんが、心のあり方が病気を引き起こしているというのは確かなことです。

表向きは優しい人を演じていても、心の中で恨んだり妬んだりしていれば、それが悪いカルマとなり、いつかは病気という形で自分に返ってきます。カルマの法則は、全く同じ形で返ってくるとは限らないのです。

病気にならない生き方

悪いカルマが原因で病気になるのなら、悪いカルマを生み出さなければいいという単純なものではありません。

自分の言動が誰かにとって良いことであったとしても、他の誰かにとっては嫌なことかもしれないので、悪いカルマがなくなるということはないのです。

ただ、愛と感謝の気持ちを持って自分自身の人生をしっかり生きている方は、病気にはなりません。時々体調が悪くなったとしても、心のあり方を見つめ直していれば大事には至らないのです。

前世や先祖からのカルマが原因で病気になることもありますが、それも自分自身の心のあり方次第で解消されます。執着、嫉妬、怒りなどネガティブな感情を手放し、明るい気持ちで生きることが大切です。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。病気はカルマの法則と深い関係があるようですが、いかがでしたか。
以上、「病気の意味をカルマの法則で解説します」でした。最後までご覧頂き、有難うございました。

病気の意味をカルマの法則で解説します

  • カルマの法則
  • カルマの清算
  • なぜ病気になるのか
  • 難病・癌に対する考え方
  • 自分の心が病気を生み出す
  • 自分の心が病気を生み出す

★あなたが望む本当の幸せは?

『スピリチュアルデイズ』
では、あなたの生年月日や血液型をもとに、あなたに訪れる運命の日を本格スピリチュアル鑑定であなたの運命を切り開きます。しかも、今ならご登録頂いた方全員に2,000文字を超える鑑定診断を無料でプレゼント!あなたが予期せぬ衝撃の未来とは?

運命が知りたい方は、是非お試し下さい!