瞑想の危険性「魔境」とは何か?意味・原因・症状・治療方法

禅 僧「魔境」という言葉の意味を知りたい方へ。

仏道修行の途中に待ち構えているという、恐ろしい「魔境」という罠について、聞いたことがある人は少なくないのではないでしょうか。精神世界について学ぶことは人生を豊かにしてくれますが、道を誤ると恐ろしい結果になることもあるのです。

本記事では、瞑想の危険性「魔境」とは何か、その意味や原因、症状、治療法などを解説します。

魔境は仏道修行の落とし穴

「魔境」とは、仏道修行を志す人が陥る罠のことです。たとえ仏教を学んでいなくても、精神世界に足を踏み入れた人は誰しも、この「魔境」に陥ってしまう危険性があります。

悟りを得られなかった修行者が正気を失う

古来より、仏道修行に失敗し、悟りを得られなかった修行者が正気を失うケースはたびたびあったようです。チベット仏教では、そのように正気を失った修行者のことを「ニョンパ」と呼んでいました。

釈迦も魔境に陥りかけた

釈迦 仏陀釈迦が悟りを開く前、修行中の釈迦の元にマーラ(悪魔)が現れ、釈迦を陥れようとしたというエピソードがあります。

釈迦とマーラ

マーラはまず美しい3人の娘を送り込み、釈迦を誘惑しました。ですが釈迦が動じないので、今度は恐ろしい怪物たちに命じて釈迦を襲わせようとしました。けれど恐怖を感じない釈迦には効き目がなく、最後はマーラ自身が釈迦に襲いかかりましたが、マーラは釈迦に指一本触れることができませんでした。

そして、釈迦はすべての誘惑や恐怖に打ち勝って、悟りを得ることができたのです。

西洋にも魔境に似た概念がある

キリスト教圏にも実は、「魔境」に似た概念があります。「悪魔憑き」といわれるものです。魔境に陥った修行者と同じく正気を失ったり、体調を崩して日常生活がままならなくなるなどの症状が出ます(症状には個人差があります)

イエスも悪魔の誘惑に遭った

イエス・キリストまた、聖書には「イエスが聖霊に導かれて荒野に向かった時、悪魔の誘惑にあったが、それに打ち勝った」という記述があります。釈迦のエピソードに似ていますね。精神修行の最中、魔境に陥る危険性があるということは、洋の東西を問わず広く知られていたようです。

魔境に陥ると心身に支障が出る

魔境のことを、禅では「禅病」、ヨーガでは「クンダリニー症候群」と呼び、よく似た症状が出ます。本人の元々の性格によって出る症状は異なりますし、症状の重さや軽さにもばらつきがあります。

魔境の症状

  • 統合失調症のような症状(誇大妄想、被害妄想、関係念慮など)
  • 幻覚、幻聴
  • 自律神経失調症のような症状(冷え、のぼせ、めまいなど)
  • 感情のコントロールができなくなる
  • 便秘、下痢
  • 皮膚がピリピリするような感覚
  • 頭痛、心臓の痛みなど

もし、統合失調症のような症状や幻覚、幻聴などが出てしまった場合、できるだけ早く医療機関での治療を受けてください。激しい症状が出ている時は、事件や事故などに巻き込まれることも考えられますので、極めて危険です。

魔境に陥らないためには

魔境に陥らないために大切なことを解説します。

①神秘体験を過大視しない

精神世界に興味を持つ人の中には、「神秘体験をしたい」「超能力を身につけたい」という願いを持っている人が少なくありません。そのような人が、1度、光や幽霊を見る・不思議な声を聞くなどの神秘体験をしてしまうと、その体験を過大視してしまいがちです。

神秘体験は魔境に陥る第一歩

ですが、それこそが魔境に陥る第一歩だと考えて下さい。霊感があるから人より優れているわけではありませんし、光を見たり、声を聞いたからといって、その正体が神々だとは限りません。もしかしたら、低級霊などが神を装ってあなたをからかっているだけかもしれないのです。

誘惑に乗らない心の強さが必要

禅の言葉に「仏に逢(お)うては仏を殺せ。祖(祖先)に逢うては祖を殺せ」という言葉があります。たとえ瞑想中にどれだけ神々しいものを見たとしても、決して惑わされないでください。釈迦が毅然として誘惑や恐怖を跳ねのけたように、誘惑に乗らない心の強さが必要なのです。

②謙虚さと慎重さを忘れない

悟りを得てもいないのに、「私は悟った」「もう誰からも学ぶことなどない」と勘違いして思い上がることを、増上慢(ぞうじょうまん)といいます。この増上慢に陥ってしまうと、修行の進歩や精神面での成長がぴたりと止まってしまいます。

「もう誰からも学ぶことなどない」

さらに「もう誰からも学ぶことなどない」と思い上がっている人に、物を教えようと思う人などいるはずがありません。そのような性格の歪みを自覚できないままでいると、人付き合いにも著しく支障をきたすでしょう。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

精神世界について学ぶ際は、普通に生活している時以上の謙虚さと慎重さが求められます。そして謙虚ささえ持っていれば、大人が幼稚園児から何かを学び取ることもできるのです。「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」という言葉を常に忘れないようにしましょう。

もし、魔境に陥ってしまったら

もし、魔境に陥ってしまったらどうすればいいか、その対象法をお伝えします。

①医療機関を受診する

妄想や幻覚、幻聴などが出ている場合は、精神科や心療内科で治療を受けて下さい。軽度の症状であればカウンセリングでも対応してもらえますが、激しい症状が出ている場合、投薬治療でなくては症状を抑えられない場合があります

神秘的な体験の後、統合失調症のような症状が出るケースはままあるようですので、きちんと説明すれば対応してもらえるでしょう(人によっては、パワースポットに行っただけで症状が出る場合もあります)

②気功や鍼灸などの治療を受ける

皮膚の痛み、頭痛や心臓の痛みなどは、気功や鍼灸などの東洋医学の方が効果があるかもしれません。できれば、チャクラや経絡などの知識がある先生にかかるのが望ましいでしょう。

病院によっては保険がきく場合もありますので、確認してみてください。

③ストレスを遠ざける

どんな病気でも同じですが、禅病は特に、ストレスによって症状が著しく悪化します。できるだけストレスがかからない生活を心がけましょう。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。
「魔境」というと恐ろしく感じられますが、謙虚さや慎重さを忘れず、神秘体験を過大視しない、バランスの取れた生活を心がけることで、魔境に陥るのを避けることはできます。たとえ瞑想中に神や仏の姿が見えたとしても、悪魔の誘惑を退けた釈迦やイエスを手本に、毅然とした対応をしましょう。

瞑想の危険性「魔境」の要点は…

  • 魔境は仏道修行の落とし穴
  • 釈迦も魔境に陥りかけた
  • 西洋にも魔境に似た概念がある
  • 魔境に陥ると心身に支障が出る
  • 魔境に陥らないためには
    ①神秘体験を過大視しない
    ②謙虚さと慎重さを忘れない
  • もし、魔境に陥ってしまったら
    ①医療機関を受診する
    ②気功や鍼灸などの治療を受ける
    ③ストレスを遠ざける

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。


★あなたが望む本当の幸せは?

『開運福みくじ鑑定』では、令和元年のあなたのあらゆる運勢を徹底鑑定して、あなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。

あなたが引く福みくじと誕生日から評判の凄腕占い師が、様々な角度からあなたの運勢を『期間限定0円』で徹底検証します。

⇒令和元年の運気を上げたい方は福みくじを引いてみて下さい!⇐