ツインレイとはどんな存在か?その8の特徴を解説

ツインレイは、ソウルメイトの中でも特別な存在だと言われていて、日本語に訳すと「双子の光」という意味になります。光は究極の根源であるということ。もともと一つだった光の存在が2つの魂になって、それぞれ輪廻転生を繰り返しながら、いつか再会します。人生の学びはこの再会を果たすためにあると言われています。

ツインレイは、ソウルメイトやツインソウルとは違い、どんな人にもたった一人しかいない唯一無二の存在ということです。そんなツインレイの特徴を知っていれば、ツインレイと出会った時にすんなり受け入れることができることでしょう。

 

ツインレイとはどんな存在か?その8の特徴を解説

 


ツインレイの特徴①出会いと感情

ツインレイと出会うということは、男女別々の性に分離した光の存在=魂が、学びながら輪廻転生を何度も繰り返した末、またひとつになるということです。

なので、ツインレイは異性の存在しかありえません。恋人や配偶者として現れ、出会った瞬間から恋人同士だったような錯覚を覚えたりします。いつもなら嫌悪感を抱くような行為をされても、不思議と嫌だとは思いません。ずっと一緒にいたいという気持ちが募っていきます。

男性の方からアプローチすることが多く、女性は受身の立場です。

ツインレイの特徴②性格

ツインレイの前では、男性は男性らしく、女性は女性らしく振る舞ってしまいます。本来そのような性格ではなかったとしても、ボーイッシュな女性がしとやかになるなど、自分でもなぜかわからないけれど性を意識するというより、魂の役割としてそうなるみたいです。

お互いの性格は正反対のことが多く、それもひとつの魂が分離しているわけですから、自分の持っていないものは相手が持っていることなのでしょう。

ツインレイの特徴③体

性格が正反対なのに体の特徴は、お互いの爪の生え方が似ていたり、指の形が似ていたり…特に手足は骨格までよく似ています。それだけではなく、同じ時期に風邪をひいたと思ったら、治る時も同じという、体調の変化もほぼ同時に起こることが多いです。声のトーンまで似ている方もいて、血のつながりもないのになぜこんなに似ているのだろうと、血縁のある家族にも不思議がられたりします。

ツインレイの特徴④一体感・安心感

ツインレイ同士一緒にいると居心地がよくて、とにかく安心できます。それは、お互いの長所や短所をすべて分かり合った上で、離れがたいもうひとりの自分という存在だからです。

性的な意味合いではなく潜在的な一体感があるので、ハグをしてもお互いの体がぴったりとひとつに溶け込むような感覚になります。

ツインレイの特徴⑤シンクロニシティ

ツインレイ同士が出会った時、向き合うべきものは嫉妬などのマイナス感情という自我です。付き合いが深くなるほど、シンクロニシティが起こりやすくなりますが、それは必ずしも幸せな感情を伴うものではありません。性格的にはお互いに真逆なので、これまでの愛し方は通用しないこともあり、すれ違いや拒否したいと思うことがたくさん出てきます。でも、どうしても嫌いにはなれないのです。

そうやって苦しんであがけばあがくほど、シンクロニシティが起きて、お互いがどんなに特別な存在であるかということを知ります。

ツインレイの特徴⑥無償の愛

ツインレイとの出会いから、そのつながりが深くなっていく過程において、自身の内なる感情にかなり傷ついたり苦しんだりします。それもこの出会いの学びであるからです。いろいろな葛藤の末、自我を手放すことができた時、相手の外見や性格などはどうでもよくなり、なぜかわからないけれど愛おしいというような、大きな愛を知ることになります。

結果、性的欲求も感じなくなり…とはいっても全くないわけではありませんが、ただそこにいてくれるだけでしあわせという、無償の愛を感じるようになります。

ツインレイの特徴⑦テレパシー

愛するふたりに言葉はいらない…と言ったりしますが、ツインレイ同士の愛が深まると、テレパシーが働いて、会話をしなくても相手の思っていることが理解できるようになります。テレパシーは能力開発でもしなければ身につかないと思っている方もいるかもしれませんが、ツインレイに関しては能力開発など、もちろん必要はありません。自然とそうなるのは、もともとふたつでひとつだった光=魂の存在なので、当たり前のことかもしれませんが。

隠しておきたい本音の部分まで、いえ、自分自身ですら気付いていない本質の部分までお見通しという感じです。隠し事しているつもりでも、相手はこのことを隠しているんだなと、わかっていてもあえて言わない時もあるかもしれません。

ツインレイの特徴⑧ワンネスの意識

お互いに「無償の愛」を学びながら成長していき、その行き着く先は、ワンネスの意識です。「ワンネス」というのは直訳すると「ひとつになる」ということです。宇宙の中のひとつの星が地球であり、その地球上の人間は地球の一部…つまり、すべてはひとつという概念が「ワンネス」ということです。

無償の愛を知ることで、損得、善悪、プラスマイナス…本当はそんなものは存在しない、すべては表裏一体ということもわかるようになります。何の条件づけもない存在、すべてが愛に満ちた存在。最終的に、そんなワンネスの体験をすることになります。


 

最後に

魂の最終的目的は、ツインレイと出会うことです。

ひとつの光=魂という存在がふたつに分離し、それぞれ人生の学び、課題をひとつずつ解決しながら成長していき、最終的にまた一体化するのですが、輪廻転生をどのくらい繰り返して巡り会えるのかわかりません。

ただ、もとはひとつだったのですから、ツインレイと出会った時は、これまで感じたことがないくらい、強力磁石で引き寄せられるような感覚があるといいます。しかし、その出会いには、融合するための試練が待っていると考えたほうがいいでしょう。試練は必ず乗り越えられるものですが、決して、スムーズにいくものではありません。苦しみや悲しみの中にも愛を見出し、ひとつの魂に戻るために、お互いに支え合いながら行う最後のプロセスなのです。

ツインレイとはどんな存在か?その8の特徴を解説

①出会いと感情
②性格の特徴
③体の特徴
④一体感・安心感
⑤シンクロニシティ
⑥無償の愛
⑦テレパシー
⑧ワンネスの意識


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『運命数診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐