チャネリングとは?その意味と効果を徹底解説

スピリチュアルに関心がある方ならば、「チャネリング」や「チャネラー」という言葉を一度は見聞きしたことがあるかと思います。チャネリングという言葉を聞いて多くの人が思い浮かべる人物として、バシャールが挙げられます。ダリル・アンカがチャネリングするバシャールは、もっとも有名な存在でしょう。

では、チャネリングでは具体的にどんなことが行われているのでしょうか。正確に答えられる人はそれほど多くはないでしょう。チャネリングをしている人にどのようなことが起こっているのかを正確に説明するのは難しいかもしれません。地球全体のアセンションの流れの中で、多くの人がチャネリングを自分でするようになってきている昨今、その意味や効果を押さえておく必要性が高まってきています。

今回はチャネリングとは何か、そしてどのような働きや効果があるのかをご紹介したいと思います。一つひとつの項目についてご一緒に見ていきましょう。

 

チャネリングとは?その意味と効果を徹底解説

 


チャネリングとは

チャネリングとは、通常目で見ることのできない存在と交信して情報を得、それを伝達することを言います。ここで言う目に見えない存在とは、神や天使などの高次の霊的存在、アセンデットマスター、ハイヤーセルフ、宇宙人といった存在です。

チャネリングをする人のことをチャネラーと呼び、語源はchannel「~に水路を開く」「~に向ける」という意味の英語です。1980年代のニューエイジ運動の中で広まり、定着した言葉です。

チャネリングの始まりは1972年にジェーン・ロバーツとロバート・バッツの出版した本、『セスは語る』だと言われています。

シャーマニズムや霊媒との違いは?

自己を超えた存在との交信という意味で、シャーマニズムや霊媒を連想される方も多いことでしょう。結論から言うと、チャネリングとシャーマニズムや霊媒が行う神や霊との交信はほぼ同じものであると考えられます。

日本にも古くから恐山のイタコや沖縄のユタといった霊媒がいて、トランス状態で死者との交信が行われてきました。民俗学や人類学でシャーマニズムと呼ばれている分野と、チャネリングで行われていることはほぼ同じとみなしてよいでしょう。

ただし、現代のチャネリングは死者との交信にとどまらず、ハイアーセルフ、アセンデットマスター、宇宙人などより幅広い存在を対象にコンタクトが行われています。

チャネリングの種類

チャネリングには大きく分けると2つの種類があります。自分の意識は保ったままで自分以外の存在とつながる「コンシャス・チャネリング」と、自分の意識はほとんどないトランス状態でつながる「トランス・チャネリング」があります。

コンシャス・チャネリングは自動筆記や口述で行うものが一般的です。トランス・チャネリングは主に口述で行われることが多く、バシャールをチャネリングするダリル・アンカや恐山のイタコはトランス・チャネリングと考えられます。

また、チャネラーの得意分野によって自動的に口述するケース、透聴で声を聞き取るケース、ヴィジョンや直感から情報を受け取るケースなどがあります。

チャネリングの対象

前述したように、チャネリングによってコンタクトすることのできる存在は様々です。神、天使、アセンデットマスター、ハイアーセルフ、ガイドなどが一般的です。

人によっては宇宙人、妖精、自然霊などの精霊とつながる場合もあります。意図すれば過去世や自分以外の人の潜在意識、グループソウルや組織など集合意識にアクセスすることも可能です。

チャネリングの技術を使うと、様々な対象にアクセスすることができますが、人間同士のコミュニケーションツールとしては精度が保証できるものではありません。

チャネリングは誰でもできるのか

地球規模のアセンションの流れの中で、多くの人がチャネリングを試みるようになってきています。スピリチュアルに目覚めれば目覚めるほど、自分自身で高次の存在とつながりたいと思うことでしょう。

インターネットで検索をすれば、チャネリングを教えてくれる個人や団体を見つけることもできます。チャネリングは日常的にガイドやハイアーセルフとつながるレベルであれば、訓練すれば誰でも習得できる可能性があります。

チャネリングは特殊な才能ではなく、本来人間が持っているけれども使わずに眠っている能力を開いて行います。ただし、チャネリングをする際に気をつけるべき点があることも覚えておきましょう。

チャネリングの注意すべき点

チャネリングは誰でも訓練すればある程度はできるようになりますが、注意すべき点もあります。つながる対象が意図したとおりのポジティブな存在ならばいいのですが、ネガティブな存在にアクセスしてしまう可能性もあるのです。

見えない世界には時に、ポジティブを装って近づいてくるネガティブな存在、ダークサイドの存在もいます。また、悪い念や低次の霊もいます。人間世界と一緒で、残念ながら善良な者ばかりとは言えないようです。

そのため、心得のない人が自己流にチャネリングするのは危険が伴います。信頼のできる指導者に波動の高い状態で高次につながる訓練を受けたり、自己浄化や防御の方法を学んだりしながら、チャネリングすることをおすすめします。

チャネリングを活用しよう

チャネリングにはどのような効果があるでしょうか。チャネリングができると、高次の存在に様々な質問をすることができます。自分だけでは見えない視点からアドバイスを受けることができるのです。

例えば哲学的なことや宗教的なことを問いかけて、答えやヒントをもらうことも可能です。自分の使命は何なのか、この宇宙の仕組みはどうなっているのかといった深い質問に対する、なんらかのヒントを得ることができるでしょう。自分で答えを見つけるべき問いには、あえて答えないこともあるかもしれませんが。

また、もっと日常的な質問、仕事のアドバイスや人間関係のアドバイスなどももらうことができます。高次の存在に問いかけると、日常の中で目にする言葉や数字、ちょっとしたひらめきがメッセージであると気がつきやすくなり、シンクロニシティも起こりやすくなるでしょう。


 

最後に

いかがでしたか。チャネリングの意味や効果についての理解が、少しでも深まることを願っています。チャネリングについてほとんど知識のなかった方にとっても、より詳しくお知りになりたいと思っていた方にとっても、参考にしていただけたら幸いです。

チャネリングに関心を持ち、これからご自身でも挑戦してみたいと思われる方もいらっしゃることでしょう。チャネリングによる情報の精度や真偽については、自分なりに精査する姿勢も大切なことです。ほかの方についてリーディングする際はもちろん、自分自身に関するチャネリングについても良識に基づいて行っていくように心掛けてください。

アセンションの潮流の中で、多くの人がチャネラーとして目覚め始めています。チャネリングで得た情報をもとに生きることは、魂の目的に責任を負うことでもあります。自らの霊性を高めるよう精進しつつ、高次の存在とつながっていくことが求められます。

チャネリングとは?その意味と効果を徹底解説

・チャネリングとは
・シャーマニズムや霊媒との違いは?
・チャネリングの種類
・チャネリングの対象
・チャネリングは誰でもできるのか
・注意すべき点
・チャネリングを活用しよう


★2018年の運勢をズバリお教えします!★

『あなたの運勢』で2018年の運勢を徹底鑑定して、あなたに起こる良いことも悪いことも全てお教えし、開運へ導きます。

スピリチュアル鑑定師が運命を読み解き、1000文字を超える細かい鑑定結果で、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

2018年の運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!