なぜ不幸な人生を歩んでしまうのか?スピリチュアル的に解説

良くない出来事ばかり続いたり、苦労の連続だったり…不幸な人生に悩んでおられる方へ。

全ての出来事は必然だと言いますが、不幸な人生を歩んでしまうというのは、一体何が原因なのでしょうか。また、不幸の連鎖は断ち切ることができないのでしょうか。

本記事では「不幸な人生」について、スピリチュアル的に解説したいと思います。

 

なぜ不幸な人生を歩んでしまうのか?スピリチュアル的に解説

 

①人によって幸・不幸の境界線は違う

わかりきっていることかもしれませんが、幸せではないことが不幸です。ただ、物事をどう捉えるかで、人によって幸・不幸の境界線は違うかもしれません。

感情的に言えば、怒り、悲しみ、不安や恐怖が伴うのが不幸です。そういう感情を抱いてしまうのは、目の前の現実が思った通りではない、理想からかけ離れているからです。

「思考は現実化する」ということは、成功哲学などでも言われていることです。一概には言えませんが、不幸だと思うことのほとんどは自分のココロ…精神性が生み出しているものではないかと私は考えています。

②不幸を招く原因・欲心

欲のない人はいません。ただ、必要以上にお金や物を欲しがる、執着すること、そして自分の利益だけを考えている人は幸せにはなれません。

お金や物だけではなく、仕事上で売り上げが多い人を羨ましく思えたり、友人に彼氏がいることを妬んだり…というのも裏を返せば、自分にないものを欲しがる心からくるものです。

そして、ここには、できない自分をおとしめるというネガティブな考えも含まれています。自分が不幸だと思い、不幸を作り出している原因はここにあるのではないでしょうか。

人の幸せは自分の幸せだと思う利他の精神で生きている人は、人生が不幸だと思うことはありません。広い視野で考えると、利他の精神は魂の喜びであり宇宙の摂理でもあるからです。

③不幸を招く原因・人間関係

類は友を呼ぶと言いますが、自分の周りにはどのような人がいますか。みんな幸せそうに過ごしているでしょうか。

もし、誰かの悪口や愚痴ばかり言う人が周りにいるのであれば、怒り、嫉妬などネガティブな波動に汚染されていることが不幸の原因なっているのかもしれません。

もしかして自分もそのタイプの人間ではないかと、疑ってみることも必要。他人の悪いところにしか目がいかないというのは、その人自身が不幸だからです。

自身が引き寄せている人間関係について、今一度考えてみるといいかもしれません。今の人間関係とは全く違う、ポジティブな考え方の人たちと交流するようになれば、不幸な出来事も起こらなくなるかもしれません。

④不幸を招く原因・先祖の因縁

良いことも悪いことも先祖からの因縁はあるといいますが、自分や家族に不幸が続くときは、先祖の中に罪を犯したり誰かに恨まれたりしていた、あるいは恨んでいたという人がいるのかもしれません。

恨みの感情は、怨念に変わるとすごいパワーを発動します。子孫への影響は親・子・孫の3代に渡るといいますが、病気や不慮の事故、金銭トラブルなどいろいろな形で現れてきます。

先祖の因縁による不幸は、ねんごろに先祖供養をすることで回避されることがあります。また、先祖に対する誰かの怨念は、信頼できる霊能者などに相談して除霊してもらうのがいいでしょう。

先祖からの因縁で災いが降りかかっている時の対処法

⑤不幸を招く原因・悪霊

悪霊といってもいろいろあります。その土地の浮遊霊地縛霊、誰彼かまわず不幸にすることを目的とした悪霊、動物霊、そしてまだ生きている人が飛ばしている生霊です。

これらは低級霊と呼ばれるものですが、取り憑かれると不幸を招くことになります。体調不良から始まり、病気がちになります。不慮の事故が続くこともあります。

浮遊霊や地縛霊などは、そういう霊が集まっている場所に行かなければ取り憑かれることはまずありませんが、一番厄介なのは生霊です。

生霊は、妬ましい、憎いと思う人に狙いを定めて飛んできますが、飛ばしている方は無意識である場合が多いのです。そして、その人の気持ちが静まらない限り飛ばし続けてくるのです。

粗塩で身を清める、水晶を携帯するなど、自分で対処できる方法もありますが、深刻な場合は霊能者に除霊してもらうしかありません。

生霊を飛ばされた時の霊障の症状とは?

⑥不幸の連鎖を断ち切るには「自分が不幸だという意識を捨てる」

不幸を呼び寄せる人のことを「不幸体質」という方もいますが、体質と考えるのであれば、体質改善をすれば不幸の連鎖を断ち切ることができるということになります。

体質改善の第一歩は、自分が不幸だという意識を捨てること。そして、その思い込みはどこからきているかというと、ネガティブな考え方からきているのです。

不幸な人生を歩んでいる人は、自身が不幸だと思っているから不幸なのです。では、どうして不幸だと思っているのか、ゆっくり自分を見つめ直してみてください。これまで、どのような考え方で生きてきましたか?今ある環境、もの、人に対して感謝してきましたか?

⑦不幸になるのはポジティブな波動が足りないから

無償の愛、感謝の気持ちは、ポジティブな波動中でも強力なパワーを持っています。不幸になるのはこのエネルギーが足りないから。先に書いた不幸を招く原因の全てはここにあります。

ポジティブに生きるということを元気に明るく生きることだと勘違いしている方もいますが、表向きの元気さではなく、愛に満ち溢れた心の健康を意味するのです。

⑧まずは「ありがとう」を口癖にしましょう

今すぐ、不安や恐怖心などネガティブな考えを手放すことは無理かもしれませんが、それなら形から入ってみましょう。例えば、「ありがとう」という言葉を口癖にしてみるなど。

心から感謝することができなくてもいいのです。言葉の力が、周りをポジティブなエネルギーで包み込みます。その時、あなた自身も幸せな気分になるはずです。

その小さな繰り返しが、不幸の連鎖を断ち切るための突破口になるかもしれません。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。不幸を呼び込んでいるのは、実は自分自身だということに気付いていただけましたか?

自分の精神性が変わるだけで、これからの人生は変わります。そう断言できるのは、私がそれを体験したからです。今ではあまり思い出したくない過去ですが、不幸だった頃はネガティブなエネルギーが充満している中で生きていました。なぜ、こんなことばかり起こるのか?そう思って自分の考え方や言動を見つめ直し、少しずつポジティブな波動と繋がる努力をしました。

明日にでもすぐ変わるものではありませんが、いつの間にか不幸の連鎖とは無縁になりました。これは私だからできたのではなく、宇宙の法則として誰でも確実にできることです。

「なぜ不幸な人生を歩んでしまうのか?スピリチュアル的に解説」の要点は

①人によって幸・不幸の境界線は違う
②不幸を招く原因・欲心
③不幸を招く原因・人間関係
④不幸を招く原因・先祖の因縁
⑤不幸を招く原因・悪霊
⑥不幸の連鎖を断ち切るには「自分が不幸だという意識を捨てる」
⑦不幸になるのはポジティブな波動が足りないから
⑧まずは「ありがとう」を口癖にしましょう

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。


★あなたに訪れる運命の日を知る方法★

私たちの運命や人生はカードから導き出すことが出来ます。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実はカードから導き出す事が出来るのです。

『エレメントタロット』では、あなたが選んだカードをもとに、幸せになる方法を読み解き、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく解説してくれます。しかも、今なら限定で鑑定してもらえますよ。

⇒あなたのこれからの幸運を知りたい方は、是非お試しください!⇐