数秘術ライフパスナンバー「1」の性格・恋愛・仕事…全部解説

数秘術にはいくつもの算出法がありますが、その中で最もオーソドックスな手法と言えるのがライフパスナンバーです。生年月日の数字を全て足していくだけで導き出すことができるので、とても親しみやすいのも人気のゆえんかもしれません。

占星術で言うところの「太陽星座」のような役割のナンバーなので、その人の主要とするパーソナリティや価値観、資質や才能などを紐解くことができるナンバーです。

ライフパスナンバーの導き方は
生年月日の年と月と日の全ての数をひとつひとつ足し、二桁になったら、一桁になるまで足します。例えば、2010年9月30日生まれの場合、「2+0+1+0+9+3+0=15」「1+5=6」となり、この生まれの人の導き出された特定の数は「6」となります。

では、ライフパスナンバーの「1」の人の性格、仕事や恋愛など、全てについて解説してゆきましょう。

★ライフパスナンバーの詳細はこちらをご確認ください。
数秘術のライフパスナンバーとは何か分かりやすく解説

 

数秘術ライフパスナンバー「1」の性格・恋愛・仕事…全部解説

 

「1」の数秘術的な意味は「始まり」

1という数字は、文字通り「始まり」を意味する数。筆頭のナンバーであることから、リーダー性と結びつけて考えられることも多い数です。新たに切り開く、というイメージから「独創性」や「力強さ」なども表します。

日本の数霊としては、「ひふみ…」の「ひ」は、漢字では「日、光」で表すことができるのだそうです。太陽の光から始まる日本の数霊を踏まえると、「1」のイメージがさらに分かりやすく、膨らむのではないでしょうか。

ライフパスナンバー「1」の特徴は「リーダー性に優れている」

ライフパスナンバー「1」の人には、主に以下のような特徴があります。

・アクティブ
・リーダー性に富む
・負けず嫌い

ライフパスナンバーが「1」の人には、やはり「1番」というポジションがふさわしいと言えるのかもしれません。必ずしも、争いを好むわけではありませんが、気づくと一番乗りだったり、言いだしっぺになったりすることが多いでしょう。

意識的にも無意識的にも、その場の方向性を指示する役割を担うことが多くなるため、「リーダー性に優れている」と評されるナンバーなのです。

ライフパスナンバー「1」の長所は「怖れに負けない心」

リーダー性やスピーディーな行動力は、ライフパスナンバーが「1」の人自身にとっては、あまりにも当たり前のことなので、自分では長所として自覚していないところかもしれません。

必ずしも、分かりやすくリーダーの役割を担わずとも、自然と方向性を決める意見を言ったりしているはず。さらに意識して、その資質を磨いていけば、リーダーとしての器をさらに大きくできるかもしれません。

また、このナンバーの人の何よりかけがえのない強みは、「怖れ」に負けない心だと言えるでしょう。新たな展開、不利な状況においても、ひるむことなく、好奇心と情熱を失わずに挑んでいくことのできるその姿勢こそ、周囲をリードする力になります。

ライフパスナンバー「1」の短所は「継続が苦手」

ポジティブシンキングが得意なのも、ライフパスナンバーが「1」の人の特徴のひとつで、これもリーダー性の大切な要素だと言えるのですが・・・。

このポジティブさ、実はあまり根拠のないものだったりするところが少々厄介なのです。とても繊細な采配が必要な場面では、ミスリードしてしまう怖れも秘めています。独断独歩の傾向が強い分、多くの人を引っ張る役割となる場合には、周囲との意見のすり合わせなどを意識しておこなう必要があります。

また、「始める」 のは得意ですが、「続ける」ということは少々苦手だったりします。新たなものに目を奪われやすいせいか、あきらめが早い点もマイナスに働く場合があるでしょう。

ライフパスナンバー「1」の仕事は「開拓者」

ライフパスナンバー「1」の人の人生上の役割や才能に、タイトルをつけるとしたら、「開拓者」や「先駆者」といった言葉がぴったりです。

フロンティア精神と言われてもピンとこない人も、まだ何もルールが決まっていない新しい仕事に携わるなど、何かしら「切り開く」という役割を担った経験があるのではないでしょうか。

新たに創り出す、秩序立てていく、という才能には、何より光るものがあります。その分、部下の立場にいると、上司の人の至らなさが目に付くこともあるかもしれません。

そうした場面で、卒なく上司や周りの人をフォローすることができれば、着実に成功や出世の道は開かれていくでしょう。ですが、負けん気を理解してくれる上司と出会えないと、少々苦しい下積みが続くこともあるかもしれません。

早い段階で準備を進め、起業したり、フリーランスで活動するのも、ライフパスナンバーが「1」の人らしい生き方だと言えるでしょう。

向いている職業や業界に関しては、持って生まれた課題や使命を表す「ディスティニー・ナンバー」も参考にしてください。

ライフパスナンバー「1」の相性がいいのは5と7

感覚的に理解し合いやすいのはライフパスナンバー「5ライフパスナンバー「7」の人です。

特にライフパスナンバーが「5」の人は、「1」の人と同様にアクティブな気質で、行動傾向に合い通じるものがあります。思い切りもいいので、進む方向性が共通していれば、目的の成就は加速するでしょう。「7」の人も、あなたの独特の発想を一緒に楽しんでくれるはずです。

相性が悪いナンバーは存在しませんが、「1」の人と同じように影響力の強いライフパスナンバー「8」の人は、あなたにとっては、戦いを挑みたくなる相手かもしれません。また、ライフパスナンバー「4」の人は、あなたの良きサポート役ともなりますが、ブレーキをかけてくる印象を持つこともあるでしょう。

★相性について詳しくはこちら
数秘術で相性を見るときに大切な10のポイント

ライフパスナンバー「1」の恋愛は正直で誠実

ストレートな気質の「1」の人は、恋愛にもまっすぐ。駆け引きなどはできないし、とても正直で誠実な愛情表現をする人です。

ひとりの人に夢中になり、わき目を振らずにその人のことを愛していこうとします。そのため、もし失恋をすると、方向転換がなかなかできないことも。

しばらく引きずることもあるようですが、自分自身が「やるべきことをやった」と思えれば、あっさりと気持ちもクールダウンする傾向に。負けず嫌いな分、はっきりと「負け」という結果が出ないと引き下がれないのです。高嶺の花にも果敢にチャレンジする傾向もあります。

好きになると、すぐさま熱してしまうほうで、すぐに結婚を意識することも多いようです。結果、何度かの婚約や結婚を重ねる場合もあります。結婚に関しては、関係を深慮する姿勢も養うのが転ばぬ先の杖になるかもしれません。

ライフパスナンバー「1」の人生の道は開拓

リーダー性があると言われても、あまりピンとこない、という人もいるかもしれません。あるいは、どちらかというと、人前には出たくないほうだ、という人もいるでしょうか。

もし、そうなら今のあなたは「仮の姿」なのかもしれません。本当の自分は、あなたが自分だと自覚している自分の、その奥に潜んでいるかもしれません。それはおそらく、「開拓する」というアクションを取り始めたときに、実感を伴ってくるでしょう。

特にやりたいことを思いつかないとしても、思い切った行動を起こすイメージを、心の中で描いてみてください。魂が息づいてくるのを感じるはずです。最大の才能は、とかくトラウマによって隠されていたりします。インピレーションを疑うことなく、ぜひ一歩を踏み出してみてください。

 

最後に

いかがでしたか? ライフパスナンバーが「1」の人は、物事をスタートさせるためには必要不可欠な存在です。意識してアンテナを張っていれば、まだ形にならない新たなアイディアたちが、あなたに気づいてほしくて、あなたの周りに近寄ってきていることがわかるかもしれませんよ。才能は、望めばこそ、開花していくものです。

数秘術ライフパスナンバー「1」の性格・恋愛・仕事…全部解説

  • 「1」の数秘術的な意味は「始まり」
  • ライフパスナンバー「1」の特徴は「リーダー性に優れている」
  • ライフパスナンバー「1」の長所は「怖れに負けない心」
  • ライフパスナンバー「1」の短所は「継続が苦手」
  • ライフパスナンバー「1」の仕事は「開拓者」
  • ライフパスナンバー「1」の相性がいいのは5と7
  • ライフパスナンバー「1」の恋愛は正直で誠実
  • ライフパスナンバー「1」の人生の道は開拓

★あなたに訪れる運命の日を知りたくないですか?

『マナ・タロット』
では、あなたが選んだカードや生年月日をもとに、あなたに訪れる運命の日を実力派の鑑定師が診断してくれます!しかも、今ならご登録頂いた方全員に2,000文字を超える鑑定診断を無料でプレゼント!

あなたが予期せぬ衝撃の未来とは?
運命が知りたい方は、是非お試し下さい!