恋愛は「条件」ではなく「直感」で決断すべき6の理由

いま恋愛している人もそうでない人も、人生を最高に豊かにする幸せな恋愛をしたいと思いますよね。

でも、相手を考えるときについつい「条件」で気持ちが傾いてしまうとしたら、それは要注意。その先にあなたの思い描く幸せはありません。

今回は恋愛を「条件」ではなく「直感」で決断すべき理由をご紹介しますので、しっかり取り入れて判断に迷った時は思い出してくださいね。

 

恋愛は「条件」ではなく「直感」で決断すべき6の理由

 


①条件に恋すると不幸になる

いま恋愛で心痛めているとか、過去に苦しい恋愛の終わりがあったとか、もしくはそもそも恋愛自体がうまくいかないとしたら、あなたは無意識のうちに「恋愛がうまくいかない条件」を抱えているのかもしれません。

恋愛相手に「背が高い人」「お金持ちの人」「誠実な人」「優しい人」など、たくさんの条件を持っているとしたら、それが逆にあなたの恋愛をうまくいかなくさせている原因なのです。

例えばあなたが「幸せな恋愛は、AとBとCとDの条件を必ず満たしている人じゃないとイヤ」と思っているとすると、あなたがフォーカスしているのは相手の人格や人柄、存在そのものではなく、ABCDの条件にフォーカスしています。

そして、ABCDの条件にフォーカスしていると、こんどは必ずEFGHと新たな条件が気になりだします。そしてEFGHにフォーカスしていると、さらにIJKLの条件に…というように、あなたは「満たされるべき条件の底なし沼」にはまっていくわけです。

それは幸せですか?

②執着を持つと不幸になる

また、条件は言い換えると「執着」とも言えます。恋愛にたくさんの執着を持っているなんて、書いただけでも読んだだけでも、絶対に幸せになれそうにないですよね。

執着は、可能性を極めて小さくする不要な思い込みです。持てば持つほどあなたは息苦しくなり、不安になり、意固地になり、笑顔がなくなります。なぜなら、執着が3つあれば3つともすべて同時に「絶対に満たされなければならないこと」であり、それは現実問題としてそうならないことのほうが多いです。

もちろん「優しくて誠実な人がいい」という理想=条件を持つのは悪いことではなく、むしろ誰もが思う普通のことです。しかし、それが執着とまでこだわってしまうと、「一見理想どおりには見えないけれど実は最高の相手」に気付くことが出来ません。

それは幸せですか?

③真の恋愛は直感でしかわからない

もし、恋愛を条件で決めていくのなら、あなたは常にすべての物事を思考しつづけ、常に頭を使って判断していかなければなりません。

でも、恋愛を条件ではなく、あなたの直感にゆだねることができると、状況は確実に好転します。あなたがリラックスして、穏やかな気持ちで、なんとなく明るい気分で過ごしていると、それだけで最高の恋愛が飛び込んでくるのです。

直感は、頭で考えて判断することに比べたら、同時に何万倍ものことを総合的に判断してシンプルな答えをもたらします。頭で考えるのではなく、心で、ハートで、感じるのです。

あなたは「あの人が好き!」という気持ちを言葉ですべて説明できますか?それは、人間であれば誰もが無理な話で、「好き!」という気持ちは、ただ感じるもの、理屈を超えて自分の内側から湧き出るものですよね。

そういう恋愛感情こそが、あなたが求める幸せであるはずだし、そういう恋愛感情は、条件という小さなものを大きく超越した、言葉にできないほどの幸せをもたらすのです。そして、そういった真の恋愛は、考えるのではなく感じる、条件ではなく、直感でしかわからないのです。

④直感で決断すれば幸せに近づく

あなたは恋愛の相手に条件を求めることを辞め、ただリラックスして、「そんな考え方もあるよね」「私とは違うけれど、そういう意見もあるのね」と、いろんな人のいろんな在り方を認め、受け入れるようになります。

すると、自分の気分はいままでがウソだったように軽くなり、表情も明るくなり、楽しい思いつきや閃きが降りてくるようになります。

「あれをしてみよう!」「あそこに行ってみよう!」「そういえば、あの人に連絡してみよう」など、いままでにない明るい気分で行動するようになると、必ず明るい気持ちでいられる出来事を経験します。直感が、あなたを楽しい方向へと導いてくれるのです。

そんなこんなで、あるとき何気なく行ってみたカフェで、なんとなく行った飲み会で、急きょ行くことになった出張で、あなたは思いがけない出会いをしたりします。

⑤恋愛は「する」ものではなく「落ちる」もの

お笑い芸人の方も言っていましたが、恋は「する」ものではなく、「落ちる」ものです。自分の意思とは関係なく、心が強烈に惹かれてしまい、いままでになかった高揚感、うずうずする感じ、幸せな気持ちが勝手に湧き上がってしまうのです。

条件での恋愛を手放し、直感での恋愛でこのような場面にめぐりあったなら、大切なのは、抵抗しないこと。頭では認めたくなくても、心が「好き!」と言っているのなら、抵抗しても、それはすべて無駄です。

直感は、ときに本当に意外な相手を指して「この人!」と言います。理屈ではわからない、いままでなら絶対に考えもしなかった相手を、「この人が好き」と声を大にして言ってくるのです。

このとき、直感の声を受け入れるのは勇気がいるかもしれません。でも、直感がこの人と言っている相手は、結果はどうあれその声に従うべきです。この声を無視して何事もなく収めてしまうと、いずれあとで心残りとなり、取れないトゲのように、事あるごとに引っかかるようになります。

直感が言う答えには、勇気を持って飛び込んでみましょう。

⑥直感で決める相手との恋愛は最高

あなたが直感で物事を決められるようになり、その人生を愉しんでいると、相手も直感で物事を決める人と恋愛に進むことがあります。そんな場合の恋愛は、非常に楽しく、深いレベルで誠実で、真にお互いを高めあう最高のものになります。

直感に従うということは、自分らしく生きることであり、自分にウソをつかないということです。それを、自分だけでなく、相手も相手で「自分にウソをつかない」わけですから、そこには深い信頼と、深い愛情が生まれます。

そもそも、私たちが生きる目的は、人生を自分らしく生きること、自分らしく生きることで経験するすべての感情を味わうことです。その視点で見れば、自分にウソをつかずに生きるということは、自分が本心で望む経験を数多く味わえるということなので、これ以上の喜びはありません。

いまどんな恋愛をしていても、していなくても、直感での恋愛を楽しみましょう。


 

最後に

いかがでしたでしょうか。恋愛を条件ではなく直感で決めたほうがいいこと、ご納得いただけましたでしょうか。条件とは、ただの箇条書きのリストなだけで、生身の人間ではありません。条件を大切にするということは、人間ではなく、箇条書きのリストを大切にするということですから、それで幸せになれることはありません。くだらない条件ではなく、心が求める相手とのすばらしい恋愛を楽しんでいきましょう。

恋愛は「条件」ではなく「直感」で決断すべき6の理由

・条件に恋すると不幸になる
・執着を持つと不幸になる
・真の恋愛は直感でしかわからない
・直感で決断すれば幸せに近づく
・恋愛は「する」ものではなく「落ちる」もの
・直感で決める相手との恋愛は最高


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『運命数診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐