第六チャクラ/ブラウチャクラ/第三の目の意味と開く方法

生き物には、呼吸で肉体内に空気を循環させるのと同じように、外界からのエネルギーを取り入れて循環させるためのチャクラというエネルギースポットが存在しています。

チャクラは人間の肉体と密接に結びついているので、一つ一つのチャクラの意味を知り、日常でそれらを意識することは、心身共に健やかに生きることを引き寄せます。

今回は、叡智や直観力、スピリチュアリティを司る、第六チャクラ(ブラウチャクラ/第三の目)について詳しくお話ししていきましょう。

 

第六チャクラ/ブラウチャクラ/第三の目の意味と開く方法

 


チャクラとは

チャクラとは、サンスクリット語で円盤、車輪、轆轤(ろくろ)を意味します。人間の生命や肉体、精神の働きをコントロールし、非常に重要なエネルギー(中国では「気」、古代インドでは「プラーナ」)の出入り口(エネルギースポット)として、体内と外界のエネルギー交換を行うことで、エネルギーつまりは気の流れを作るものです。

一般的には7つのチャクラが人間の肉体と密接に結びついています。起立している状態で下から上に行くにつれ個の意識から~世界へと広がるワンネスの意識を表します。

“ただ存在する”という意識(第一)から、”自分自身”という存在を意識し(第二)、意思を持ち(第三)、自分以外の存在を知り(第四)、自分以外の存在と交流し(第五)、知識を付けて(第六)、より大きなものへとつながっていく(第七)…人間そして魂としての成長をそのまま表してもいます。

第六チャクラの名前と色

それでは、さっそく第六チャクラについて詳しく見ていきましょう。第六チャクラは英語で“ブラウチャクラ”やサンスクリット語で“アージュニャー・チャクラ”ともいわれます。

ブラウとは、英語で眉間のことであり、“サード・アイ”チャクラと呼ばれることもあります。“サード・アイ”とは第三の目という意味です。

サンスクリット語の「アージュニャー」とは「教令、教勅」を意味し、「意」(マナス)と関係があります。ヒンドゥー・ヨーガのチャクラの図では、2枚の花弁の白い蓮華の形に描かれます。その色は、藍色(インディゴ)で教育を象徴します。

第六チャクラの位置と身体との関連

第六チャクラは眉間で第三の目と言われる位置で渦を巻いています。身体の中心から前後に円錐状に渦を巻きながら外側に広がっているという考え方もあります。そして、以下のような身体や精神にチャクラの状態が影響します。

身体: 内分泌系、神経系、左目、耳、鼻
臓器: 脳下垂体、視床下部、小脳
心: 精神力、理解力、知性、直観力

第六チャクラの意味

自分の可能性を信じ、自分を社会に対して適切に表現(第五チャクラ)できるようになると、自然と未来に「希望」を持つことが出来ます。

「直感」「理解力」「休息」「冷静さ」などがキーワードとなります。

「なりたい自分」「人生の目的」を生きるためには、これまでの経験や培ってきた価値観だけでは、どうしてもそれが足かせとなってしまう場合があります。安定を望むあまり、保守的になり、未来への可能性を閉ざしてしまうのです。人生は安定だけが目的ではありません。

色々な状況を経験するために、チャレンジして挑んでこそ、人間性が磨かれてゆくものです。それには自分の「心の声」だけでなく、「魂の声」を聴く必要があります。その「魂の声」を感じる部分がこの第六チャクラです。いわゆる「直感」というもので、本来自分が歩むべき道のガイドとして機能しています。

チャクラが開いているとは?

チャクラが開いている状態というのは、それぞれのチャクラが適度な速度で時計回りに回転しているという状態を表します。「適度」というのは、「心地よい」と言い換えても良いでしょう。チャクラの回転が速すぎると、「開きすぎている」という状態になります。

回転が遅すぎたり、回転速度のばらつきによる不安定さや止まったり逆回転してしまったりといった状態は「開いていない」状態です。

つまり、チャクラが開いている状態というのは、エネルギーが十分にその人に「ちょうどいい状態に」満ちているということです。

チャクラを開くとエネルギーが満ち、それぞれのチャクラの性質に応じた能力が発揮できるようになると言われます。逆に開きすぎたり、閉じていたりする時には、体調や精神のバランスを崩しやすく、外界からネガティブなマイナスのエネルギーを取り込みやすくなるといいます。

また、ちょうどよく開いている時には、その色の波動をきれいだと感じたり、色味を濃く強く感じたりしますが、開いていない状態だと、くすんでいたり、黒ずんでいたり、色が欠けていたり…など、と感じることがあります。それらの状態により、心身に様々な影響が現れます。

第六チャクラの状態は心身にどんな影響を与える?

それでは、具体的には第六チャクラの状態がどのような影響を与えるのでしょうか。

程よく開いている時には、冷静、状況判断、存在感、愛情、縁の下の力持ち、儀式的、聖職者、俯瞰、直感などがみられますが、これが開きすぎてしまうと過剰に発揮されて、分裂気質、理屈っぽいなどと言った行動が現れることがあります。

逆に閉じているときには、冷たい人、狂信的、高圧的、非効率、忘却、内向的、節制心の欠如、所有欲からの物欲、理的でない、主観的、頑固といった行動や症状が現れることもあります。

このチャクラが安定している人は、思考力やイメージ力が豊かで、直感的に動けるようになります。知識も豊富です。逆に、不安定な人は、物事を悪い方へと考えがちで、後悔ばかりしていたり、未来への希望が持てなかったりします。また、紫のオーラも同じような意味を持ちます。

自分の第六チャクラを観察しましょう

自分自身のチャクラの状態を観察して、調整することで、今表れている問題を解決に導くことが出来ることがあります。まずは、どのような感覚がするか、その形をイメージして感じてみましょう。チャクラを感じてみましょう。

第六チャクラは眉間で第三の目と言われる位置で渦を巻いています。身体の中心から前後に円錐状に渦を巻きながら外側に広がっているという考え方もあります。チャクラの位置を確認して、ゆっくりと呼吸をしながらそこに意識を集中してみましょう。何となくでも構いません。何かそこに在るような気がする…という感覚でも大丈夫です。

スムースに渦を巻いているでしょうか?大きさはどうでしょう、大きすぎたり小さすぎたりという感じがしませんか?いびつな形の様な気がしたりしていませんか?色はどうでしょう?何か、しっくりいかない…という感覚を感じることもあるかもしれません。

何かしら違和感を感じたとき、自分自身に以下のようなことが思い当たりませんか?自分を信じていられますか? 時には、沈黙と静けさも必要です。

第六チャクラを開く方法

チャクラを開くというのは、チャクラを自分の心地よい状態に調整し、心身の調整をはかることです。少しのイマジネーションがあれば、だれでもが行うことが可能です。

第六チャクラを開くためのコツをご紹介しましょう

まずは、その形をイメージして感じてみましょう。第六チャクラは眉間で第三の目と言われる位置で渦を巻いています。身体の中心から前後に円錐状に渦を巻きながら外側に広がっています。または、きれいな円盤が体の中心で渦巻いているというイメージでもいいでしょう。

中心から外側へ右回りに力強くかき混ぜてみましょう。クルクルと自分が納得できる速さの回転を加えていきましょう。きれいな藍色(インディゴ)の渦が勢いよくキラキラしながら体の前後にしっかりと存在していると感じましょう。

イメージできるようなら、色を観察し、くすんでいるところは磨いたり、色を足したり、黒ずんでいるところは洗い流してみましょう。優しく形を整えるようにイメージしながら、力強く回転するチャクラに整えていきましょう。

あなたが感じていることは、現実に成りえます。勇気を出して決断し、行動してください。そうすれば、未来は良き方向に動き、希望はあなたに微笑みかけます。


 

最後に

チャクラを開くためには、チャクラを愛しいと思いながら丁寧に扱ってください。そうすることが、自分自身を愛するということにつながります。自分自身の存在を認めて行く作業です。楽しみながら、ポジティブで気持ちのいい愛のエネルギーをチャクラに注ぎ込みましょう。第六チャクラを整えて、自分自身の直観力を研ぎ澄まし、未来への希望を確信に変えましょう!

チャクラの状態は日々変化して、それが心身に影響を与えることがあります。日常の中で、時折自分のチャクラの状態を確認して、安定した状態を保ち、光に満ちた愛のエネルギーを引き寄せましょう。

第六チャクラ/ブラウチャクラ/第三の目の意味と開く方法

・チャクラとは
・第六チャクラの名前と色
・第六チャクラの位置と身体との関連
・第六チャクラの意味
・チャクラが開いているとは?
・第六チャクラの状態は心身にどんな影響を与える?
・自分の第六チャクラを観察しましょう
・第六チャクラを開く方法


★2018年の運勢をズバリお教えします!★

『星をよむ』で2018年の運勢を徹底鑑定して、あなたに起こる良いことも悪いことも全てお教えし、開運へ導きます。

スピリチュアル鑑定師が運命を読み解き、1000文字を超える細かい鑑定結果で、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

2018年の運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!