恋愛に悪影響があるカルマの法則と解消の仕方

前世からのご縁とか、カルマの法則とか、そうしたものが今を生きる私たちに無関係ではないらしいことは、特にスピリチュアルに興味がない人にも知られるようになってきました。

一般的には、「過去生からの因縁」とか「運命的なつながり」といった物事のことを、ざっくりと「カルマの法則」と呼んでいるケースが多いようですが、恋愛において、カルマの法則はどんなふうに作用するのか、誰もが気になるところでしょう。

今回は恋愛に悪影響をもたらすカルマとはどんなものか、また、その解消法について、詳しく解説してゆきます。

 

恋愛に悪影響があるカルマの法則と解消の仕方

 


カルマの法則とは

まずは、「カルマの法則」についての簡単な説明から始めてゆきます。

ひと言で言うと「行為はなんらかの報いを生じる」というのがカルマ思想。仏教やヒンドゥー教などに見られる考え方です。

「因果応報」を意味しており、「善い行いは善い結果を生み、悪い行いは悪い結果を生む」ということ。それが輪廻転生を通じて伝わっていく、と考えるのがカルマ思想です。

つまり、過去生において善い行いをした人は、今生でも善い報いに出会うことになり、もちろん、逆に善ではない行いをした場合も同じ。そうして、連鎖して繰り返されていくもの、それがカルマなのです。

カルマの始まり

上記のカルマについての説明を、恋愛に置き換えて考えてみましょう。恋愛に悪影響をもたらすカルマがどんなふうに創られるのか、例を挙げてお話ししてゆきます。

たとえば、過去生において恋愛関係になった相手を裏切ったことがあったとしたら・・・。

今のあなたの無意識には、裏切った罪の意識が残っているかもしれません。そして、その贖罪の気持ちゆえに、今生では自分が裏切られる立場を選ぶことになる場合もあるでしょう。

過去生において、相手の恨みが強かった場合、今生でも、再び出会って、相手に仕返しされる、ということもあり得ることです。

主に、縁が結ばれた人との間に、罪の意識や恨みの感情が動いた時に、カルマが創られる傾向にあります。それが、今の私たちにどのように影響するかは、過去生において、どのような動機で、どのようなつながりを持ち、どのような運命をたどったか、によって本当に様々です。

カルマの法則と恋愛傾向

たとえば、誰かを好きになって、「信じていいのかな」と不安になったり、ちょっと連絡がとれないと、なんの根拠もないのに疑う気持ちがわいてきたり・・・ということがあるかもしれません。よくある恋のお悩みですが、具体的な理由がないのにも関わらず、漠然とした怖れが出てくるのは、過去生からのカルマが影響しているケースがほとんどです。

過去生において、裏切ったり裏切られたり、傷ついたり傷つけたり、という経験から、恋愛に対して保守的になったり、悲観的になったりすることもあるのです。

こんなふうに、私たちが持つ恋愛対象に対しての理想やこだわりは、良くも悪くも、過去生の感情体験が影響しています。

因縁の相手と出会う時

「愛しさあまって憎さ100倍」と言いますが、多かれ少なかれ、私たちはそんな感情を無意識に秘めているものです。それは、今生だけではなく、過去生から続いていると考えるのが、大抵の場合適切でしょう。そんな恨み辛みや後悔が残る因縁の相手と出会ったら、果たして私たちは気づけるのでしょうか。

今を生きる私たちは、普通の場合、過去生の出来事を忘れています。ですが、無意識は決して忘れることはないのです。というより、そのご縁を引き寄せるのは、その無意識のなせるわざ。数百年か、数千年か、数万年か・・・。思い続けたことを果たそうとしてきた執念こそが、その出会いを実現させるのです。

そんな強い思いを秘めたふたりが出会うと・・・。無関係でいられないのは当然と言えば当然でしょう。恨みや罪の意識が引き合った縁でありながら、ビビッときたり、きゅんとしたりするのです。ビビッときた感覚を「運命的!」と感じることもしばしば。そのまま情熱的な恋に落ちてしまう、というのはよくあるパターンなのです。

運命的な出会いとカルマ

そう、たちの悪いことに、悪影響をもたらすカルマは、そのような顔をしてやってこないのが定石なのです。むしろ、運命的なパートナー、理想の相手のように見えることが多々あります。

だから、最初の段階で、この相手は悪影響をもたらす相手、と気づくのは極めて困難。というより、無意識ながらに気づいても、強く惹かれ合ってしまったり、激しく感情が動いてしまうので、顕在意識はそうとは認めたがりません。

どうして気づくのが難しいか・・・。それは、再び結ばれないと、過去生に遣り残したことを取り戻せないからです。仕返ししたい、復讐したい、贖罪したい、といった意図は、無意識下に隠されたまま、カルマは進行していくことになるのです。

カルマは感情にあらわれる

出会う相手は全て、過去生からのご縁があると言っても過言ではありません。その中には、ネガティブなカルマのある相手とそうでない相手がいます。

わたしたちは、とかく強く感情が強かされる相手に惹かれたり、興味を持ったり、嫌悪感を抱いたりします。それこそが、カルマの相手。恋愛に悪影響をもたらすご縁だと言えるでしょう。

最初はあまり興味がなかったけれど、知り合ううちに段々と好きになる、という穏やかな展開で進む関係性は、ネガティブなカルマのないご縁だと言えます。

それがわかっていても、感情に動かされてしまうのが私たち人なのかもしれませんが・・・。そう、私たち人の業は感情そのもの。感情に促され、感情に牽引されているうちは、カルマの外に出られることはないと言えるでしょう。

カルマ解消への一歩

カルマの解消は、意識的に心の探求を行っている人であっても、事前に対処することは難しい傾向にあります。もし、既に感情が掻き立てられる相手に出会ってしまったなら、逃げずに向き合っていくことです。

強く惹かれ合うからこそ、問題が生じた時には冷静ではいられなくなるもの。相手の言動がいかに誤っているか、指摘したくなるかもしれません。あるいは、自分を責めて責めて、自滅的な行動に走る場合もあるでしょう。

深い恨みや罪の意識がある以上、大抵の場合、許し合うのは簡単ではありません。ですが、そこで感情のままに突き進んでは同じことの繰り返しになります。

無理やり離れたり、向き合わずに逃げたりすると、カルマは温存されますから、また同じような恋愛を引き寄せることになり得ます。

もし、過去に逃げてしまった、と思うのなら、今度は逃げない、と心に決めましょう。許してもいい、と思えるまで、しっかりと向き合っていくことでしか、動き出したカルマを抜け出す方法はないのですから。

何をもっとも大切にするか

相手と向き合うこともそうですが、大切なのは、自分自身の感情と向き合うことです。今の気持ちは愛情なのか、恨みなのか、ただ執着か、自分を認めさせたい気持ちか、相手の間違いを指摘したいのか、相手に罪の意識を感じさせたいのか・・・。

自分の気持ちを掘り下げてみると、意外な意図があることに気づくかもしれません。いかに自分が尽くしてきたかを思い知らせたいだけだったり、相手を謝らせることに必死だったり・・・。相手に罪の意識を感じさせるために、新たな恋愛に向かわずに不幸なままでいたり・・・。

いかに復讐や仕返しに命がけであるかに気づくことができたら、カルマから抜け出せる可能性が出てきます。

恨むことより、主張することより、納得させることより、
幸せになること、幸せにすること、仲良くすることの方を、大切にできるかどうかにかかっているのです。

カルマは、過去と同じ選択をせず、選び直すことでこそ、解消へと向かいます。感情にかられた選択の誤りがカルマを創っているのですから。いっときの感情に動かされるのではなく、相手と自分が幸せになれる選択をする決意がカルマ解消へ向かわせるでしょう。


 

最後に

いかがでしたか? 抜け出せないかに思える恋愛トラブルや因縁深い関係、嫉妬や執着、腐れ縁・・・。自分ではどうにもならないように思えることも、元々は自分の感情が生み出したもの。

恨むより、許したい、愛したい、仲良くしたいと思えるか否か。全てはそれにかかっていると言えるでしょう。恨みより、自分のプライドより、愛を選ぶことができたとき、魂から愛し合えるパートナーへと成長していくことができます。

恋愛に悪影響があるカルマの法則と解消の仕方

・カルマの法則とは
・カルマの始まり
・カルマと恋愛傾向
・因縁の相手と出会う時
・運命的な出会いとカルマ
・カルマは感情にあらわれる
・カルマ解消への一歩
・何をもっとも大切にするか


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『運命数診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐