生霊返しの方法で重要な8のポイント

生霊は生きている人が飛ばしてくる嫉妬心、執着心の塊のようなものなのです。死んだ人の霊よりタチが悪いと言われていますが、万が一被害に遭ったとき、何か手立てはないのかと思った方はご確認下さい。

生霊を飛ばしている相手に対して、それを跳ね返す方法として生霊返しがあります。霊能者などに頼むこともできますが、ここでは自分自身でできる方法とポイントをご説明したいと思います。

 

生霊返しの方法で重要な8のポイント

 


①生霊を飛ばしてくる相手を特定する

生霊を飛ばされていると感じた時には、まず、誰が飛ばしているのか相手を特定してください。人間関係や恋愛関係において、自分に嫉妬していたり、恨みを持っていたりする人はいないかよく考えてみましょう。

どうしてもわからない場合は、霊能者などに相談するのもいいかもしれませんが、生霊返しを成功させるためには、相手を特定することが大切です。

②強い「気」を出して生霊返し

生きている人の切り取られた魂が「生霊」となって飛んできているので、基本的には「生霊」に対する考え方は、実際の人間関係と同じようなものかもしれません。

そばにいて欲しくない人に「いいかげん、帰ってくれないかな」と、声に出さなくても思ったりすることはありますね。その時は、「絶対に嫌だ」という強い気迫のようなものが出ているはずです。

「生霊」もそれと同じで、「もう帰って!」と叫んでもいいですし、相手のことを手で押し返すようなイメージをしても構いません。強い「気」を出して、生霊を跳ね返します。

③愛をもって生霊返し

自分自身のことを妬んだり憎んだりしている相手に対して、「愛をもって」なんてとんでもないと思うかもしれませんが、これは相手のことを愛しなさいという意味ではありません。

生霊を飛ばされたからといって自分も相手のことを憎んだりすれば、ネガティブなエネルギーを持った相手と同等になってしまい、生霊返しではなく、対抗してこちらも生霊を飛ばすということになりかねません。決して憎しみや恨みの感情を抱くことだけはしないでください。

④鏡を使って生霊返し

鏡には、霊的なものを跳ね返したり吸収したりする効果があると言われているので、鏡を使って生霊返しができます。手鏡を常に持ち歩くだけでも生霊は近づくことができなくなりますが、ここでは「ミラー返し」と言われている方法もご紹介しておきます。

まず、自分自身を8枚の鏡で取り囲みます。鏡を用意するのは大変だと思った方も、大丈夫です。これはイメージするだけでも効果があります。自分の周りに鏡を立てたら、「来るな!」とか「帰れ!」と心の中でもいいので叫びます。

大切なのはイメージ力です。リアルにイメージすればするほど効果があります。鏡から光がたくさん放射しているところを想像しながらやるのも有効です。

⑤護符を作成して生霊返し

神仏のご加護をいただける御札を「護符」といいますが、これを持ち歩くことも生霊返しの効果があります。霊能者などに依頼すれば書いてもらえたりもしますが、自分で書いてもOKです。護符にはいろいろな種類があるので、生霊の呪いに関する護符を知りたい時はネットなどでも調べることができます。

生霊に打ち勝つという強い気持ちをこめて、白い紙に墨で書きますが、書いているところを絶対人に見られてはいけません。作成した護符はお守り袋などに入れて、肌身離さず持ち歩いてください。

⑥呪文を唱えて生霊返し

経文や真言などの呪文には神仏の力が宿っていると言いますが、それを唱えることで生霊を追い返すことができます。

不動明王の生霊返しの呪文はよく知られていますが、邪悪なものや魔を退散させる力があると言われています。不動明王のお姿を思い浮かべながら、必ず守っていただけるという強い思いを持って、合掌しながら唱えましょう。

自己流でやると効果がないので、わからないことなどは知識のある方に相談してから行うことをおすすめします。

⑦結界を張って生霊返し

結界を張るための一番簡単な方法は、焼き塩を使うことです。焼き塩の作り方は、粗塩をひとつかみほど、うす茶色になるまでフライパンで乾煎りし、それを4つのお皿に分けて盛ります。それを部屋の四隅に置いておきます。焼き塩を白い半紙に包んで持ち歩いてもかまいません。

効果があるのは一日限りですが、まとめて作り置きしておくことはできないので、その都度作るようにしてください。使用済みの焼き塩は、そのまま廃棄しても大丈夫です。

⑧生霊返しの効果が感じられない時は

死んだ人の霊は成仏すればそれで終わることですが、生霊は生きている人から発せられるものなので、一度返してもまた、飛ばしてくる可能性があります。

なぜなら、相手の嫉妬や憎悪の感情が収まらない限り、飛ばしてくる可能性が大きいからです。本当は、その相手との人間関係を良好にしていくことが一番いいのかもしれませんが、同じ方法を2~3回やってみてもあまり効果がないと感じた場合は、他の方法を使ってみるのがいいでしょう。


 

最後に

生霊返しの方法やポイントについて、いろいろご紹介しましたが、本当のところ、生霊を飛ばされるようなことは回避したいですね。

生霊を飛ばしてくる人は、無意識でやっている場合もあります。ただ、何にしてもその相手から嫉妬されたり恨まれたりする原因があるわけです。時には、人間関係や自分自身のあり方を見つめ直してみるのもいいかもしれません。

生霊返しの方法で重要な8のポイント

①生霊を飛ばしてくる相手を特定する
②強い「気」を出して生霊返し
③愛をもって生霊返し
④鏡を使って生霊返し
⑤護符を作成して生霊返し
⑥呪文を唱えて生霊返し
⑦結界を張って生霊返し
⑧生霊返しの効果が感じられない時は


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『ご先祖占い』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐