満月にはスピリチュアルな意味がある!その8の秘密

満月。その大きく光る月の光に、誰でもきっと一度は願い事を唱えてみた事があるでしょう。月の光で月光浴をしてパワーをもらったり、お財布を振るといったおまじない的な事をしてみた事もあるかもしれません。

神秘的な事とは切っても切り離せない、まさにスピリチュアルなシンボルとも言える満月ですが、実際はどのような効果があるのでしょうか。また本当に満月には、スピリチュアルな効果があるのでしょうか。

その神秘的な月、満月の秘密に迫っていきたいと思います。

 

満月にはスピリチュアルな意味がある!その8の秘密

 


満月の持つエネルギー

満月とは、月と太陽が最も離れた時に起こる現象で月の引力が最も強くなります。

満月の日は大潮とも言って、潮の満ち引きと呼ばれる満潮と干潮の差が大きくなる時期の事を表すのですが、私たち人間の身体の3分の2を占める水分が、この潮の満ち引きと関係があると言われています。

満月に多いと言われる出産ですが、科学的な根拠は明らかにされていません。妊婦さんは赤ちゃんを包み込む羊水により一般の人よりも体内の水分量が増えている事と、羊水が海水成分と似ているという事で月の引力の影響を受けやすいのではないかと考えられています。

他には事件や事故も多いと言われていますが、水分を補給し排泄する私たちは、月の引力の影響で補給と排泄のバランスが乱れ、体内に負担がかかると一時的にではあっても人格が変わることがあるのです。

このように月の力は私たちの肉体や精神に大変な影響力を及ぼします。特に強い影響力を持つ「満月のエネルギー」はスピリチュアル的にも様々な要因を持ち合わせています。

満月の日までのスピリチュアルな期間

月がほぼ肉眼で確認できない状態が新月といって、満月とは真逆の状態です。その新月から満月の間、そしてまた、満月から新月の間は非常に重要な意味を持つ期間となります。

新月の日から満月の間までが「吸収力」の高まる期間です。ダイエットには適していません。しかし、吸収力が高まるので、新しいことを始めるには最適の時期です。新月から満月までの間は見えていなかった部分が、段々と見え始めるように、欠けていたものが段々と満たされるようになり「新しい始まり」に適した時期になります。

満月でピークを迎える吸収力は、新月で始まった新しい何かが満ちた時、つまり「満了」の地点を指すのです。

満月のエネルギーピーク「満了」

満月でピークに達する「満了」とは、新月から始まった何かが形として表れやすくなっている時なのです。つまり結果が現れやすくなっている時です。

どのような形で現れるかは人それぞれですが、実現した、していないに関わらず満月のタイミングで、その結果を受け止めて感謝をする事で、また新月へ向けて新たな決意が生まれます。

満月は結果が現れやすい「達成・完了」の時期なので、「手放す」事が重要であると言われます。具体的にどういった事を手放すのが良いのでしょうか?次は「手放し」について紐解いていきたいと思います。

満月のネガティブエネルギーの手放し

満月に手放すのが良いとされているのは、ネガティブなエネルギーです。例えば、どうしてもやめることが出来ない悪い習慣や、気になりつつも見過ごしてきてしまった癖のようなもの、また、改善しようとしてもなかなか出来なかった自分や他人に対してのネガティブな感情などなどです。

手放したいもの、つまり、捨てたいものと向き合うには、今までの自分と向き合う必要があります。自分自身の内面をもう一度よく見直す時期でもあるのです。

満月の日に手放す為の方法

手放したいものが見つかったら、具体的に書き出します。

その際は「〇〇しますように」という書き方ではなく、肯定文「アファメーション」で書くことが重要となります。アファメーションとは、肯定的な断言をする事で個人的な「誓約」をする事です。自己意識改革の手段として活用される、最も効果的な実践方法のひとつです。(詳しくはアファメーションとは何か?分かりやすく解説致します

断定的かつ肯定的な「〇〇をする」「〇〇である」という書き方をしましょう。「すぐ怒る癖が治りますように」ではなく「私は怒りっぽい癖がなくなり、穏やかな性格となりました」と肯定的に、かつ断言しましょう。

その後に「ありがとうございました」と感謝の気持ちを付け足しましょう。感謝の気持ちにはプラスのエネルギーが働くからです。

具体的に手放したい願い事を書きだしたら、声に出しながら破いていきます。月の引力のエネルギーに言霊をのせていくのです。更に「今までの私、ありがとう」「私は新しい私に生まれ変わりました。ありがとう」と、手放したい私の思いに感謝を込めて、プラスのエネルギーに変えて放出させていくのです。

満月の手放しの日に避けたいボイドタイム

ボイドタイムとは、西洋占星術(ホロスコープ)が元になっていて、月がどの惑星とも形を作らない時間帯のことを指します。ボイドタイムの「ボイド」は空白や虚無、無効という意味のVoid(ボイド)を意味しています。ボイドタイムはその年のその月ごとに時間帯が違いますので、あらかじめインターネット等で調べておくことをお勧めします。この時間帯は月の力が失われ、全体的に影響を失うことから、お願い事をするには向いていない時間帯となります。

ボイドタイムはエネルギーが遮断される時間帯で、月のパワーを最大限に受け取りにくくなります。その為、ボイドタイムが明ける一番早い時間に願い事をするのがベストと言われています。

またボイドタイムは、大きな決断や重要なことをするには向いておらず、この時間に始めたことは、なかなか前に進まなかったり、よい結果に結びつきにくいとされています。なるべくこのタイミングを避けるようにし、どうしても外せない時間帯であれば、後で変更できるようにしておくか、決断を自分でせずに他の人に決断を委ねてしまいましょう。新しいプロジェクトを始めたり、習い事をスタートさせるのにも向いていないので、避けていきましょう。

満月の日の過ごし方

手放したい事が分かり、具体的な方法を試してみるとすっきりしたような気持ちになると思います。

それは「解放」なのです。精神的にも解放された後は、ゆったりと過ごしましょう。心のバランスがいつもより動きやすくなっている満月の日は、体に水分も溜まっているので、関節や筋肉も緩みやすく、柔らかくなっている状態なのです。

激しく動くのではなく、ストレッチをしたり、横になったりしながらリラックスして体を休めてあげてみてください。月の明かりが優しく包み込んでくれるように、自分の心の内側だけでなく、外側の体と両方を優しく包み込んであげてください。そうする事で、プラスとマイナスのエネルギー両面がバランスよく取れるような感じになれます。

満月のパワーで浄化ヒーリング

満月の日には、お願い事をする以外にもパワーストーンの浄化や、お財布のヒーリングにも良いとされています。それは、月のパワーと太陽の反射したパワーが混ざり合い、沢山の浄化エネルギーが来ているからです。

このエネルギーを利用し、ヒーリングを行います。直接、満月の光を5分以上浴びてみたり、パワーストーンや宝石類を月光浴させるのもおススメです。

お財布のヒーリングは、中身を全て抜いて綺麗にします。いつも使用しているお財布に感謝し休ませてあげる、という私たちが満月の日に過ごす方法と同じ事で、お財布にとってもヒーリングとなるのです。ヒーリングされたお財布には、また新しいエネルギーが宿ります。


 

最後に

私たちの体には水分が約3分の2を占めていると言いましたが、体の内側にも肝臓、心臓、胃、膵臓、脾臓、など「月」の漢字がついているもの、肘、膝、脇など体の外側にも「月」のついているものが多く存在し、月とは大いにリンクしている存在なのです。

満月の日だけでなく、新月の日に行う事や過ごし方、またサイクルを知ることで生活にメリハリがついてくるだけでなく、月には大きなエネルギーがあると知る事で、だんだんと感覚的な機能が磨かれていくような気になってくると思います。

忙しい日常生活を過ごす私たちにとって、月のエネルギーを感じ、月のサイクルで過ごすという事は、私たちの内面に向き合い、私たちの体を大切にする事であると気付けます。この事が一番の素晴らしいギフトであるとも言えるかもしれません。日々感謝し大切に過ごす事が、素晴らしいギフトへの、私たちからのお礼となるのかもしれませんね。

満月にはスピリチュアルな意味がある!その8の秘密

・満月の持つエネルギー
・満月の日までのスピリチュアル的サイクル
・満月のエネルギーピーク「満了」
・満月のネガティブエネルギーの手放し
・満月のお願い事の書き方
・満月のお願い事の具体的方法と過ごし方
・満月の手放しの日に避けたいボイドタイム
・満月のパワーで浄化ヒーリング


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『マナ・タロット』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐