オーラが紫色の人の性格・恋愛・相性・仕事…全部解説

紫色は、宗教施設の神聖なものに良く用いられていますが、オーラカラーとしても、スピリチュアリティの高さは郡を抜いています。紫のオーラの人は、その雰囲気もとても神秘的な傾向にあります。

紫色は、その色の中には赤と青が入っています。穏やかなようでも赤の情熱を秘めていて、情に厚いようでも青のクールさを合わせ持っているオーラなのです。

そんな紫色のオーラの人の性格・恋愛・相性・仕事など…、詳しく解説していきます。

 

オーラが紫色の人の性格・恋愛・相性・仕事…全部解説

 


紫のオーラ①特徴

紫のオーラを持つ人には主に以下のような特徴があります。
・カリスマ性がある
・スケールが大きい
・スピリチュアルな資質を持つ

人によって程度の差こそありますが、紫のオーラを持つ人には一様に上記のような資質があります。オーラが小さめだったり、色が混じっていたりしても、ある特定の分野においては大きな影響力を持っていたりするものです。

混じりけのない紫色で、かつ大きなオーラの人は、本人が強く望まなくても、広い範囲で人気を誇る存在になっていく可能性があります。なんらかの形で周囲を導く存在になっていく傾向にあります。

紫のオーラ②ストロング・ポイント

冷静さと情の厚さを合わせ持つのが最大の強み。想定外の出来事を前にしても、いつも心のどこかで冷静さを保っているため、周囲を落ち着かせることもできるうえ、的確な状況判断も行うことができます。表面的なことに惑わされない洞察力を持つのも長所だと言えるでしょう。

一方で、周囲が落ち込んでいたりするときは、率先して、みんなのやる気を引き出すべく鼓舞して、ムードメーカーになることも。紫のオーラには、周囲の人を自然と触発していく力があるのです。

紫のオーラ③ウィーク・ポイント

繊細な感受性を持つ紫のオーラの人は、直観力も鋭く、人の気持ちもキャッチしやすい傾向にあります。そのため、何かと良く気づいてしまうので、人の闇の部分に直面することも多くなります。

それが辛いために、心を閉ざしてしまう場合もあるようです。紫のオーラの人が、時として神秘的な雰囲気を通りこして、近寄りがたさを与えてしまうことがあるのはそのためです。自分の目標や理想に対しては、意志の強さを持ちますが、人に対してはそのような臆病な面もあるのです。

独特のセンスを持つ分、意識して周囲と理解し合うべく、歩み寄る心がないと、孤高の存在となることも。また、なんでも良く気づき、習熟するのも早いため、興味の方向性が移りやすい飽きっぽい一面もあります。

紫のオーラ④仕事

紫のオーラの人は、その心に、いつも未来に形作っていく「ヴィジョン」を持っていて、それに向かって行動する傾向にあります。なんとなく選んでいたり、思いつきのアイデアのようでも、紫のオーラの人の言うことやることには、一本の筋が通っているものです。でも、その「なんとなく」の理由を周囲にはっきりと説明できないこともあるため、若いうちは、理解されず、活躍の場を得られないこともあるでしょう。

「なんとなく」の直感的なセンスを自分自身で磨いていったり、成功への意欲や野心を持ち始めると、一気に存在感は高まり、一目置かれる立場となっていきます。

夢や理想がはっきりとしないうちは、関わる世界において、とにかく今より前進すること、目の前の事柄をより良くすることを考えて取り組みたいもの。漫然と過ごすことは、紫のオーラの人には似合いません。いいえ、力を持て余して、心身の健康に悪影響ともたらすことにもなり得ます。

職業分野としては、芸術全般、俳優、劇作家、デザイナーなどの表現力を発揮するもの、講師やディレクターなどのリードする役割、心理カウンセラー、ソーシャルワーカーなどにも適性があります。

紫のオーラ⑤相性

紫に含まれる青と赤、同色の紫とは好相性です。また、色の系統はやや異なりますが、オレンジ色のオーラの人も良好な関係を築きやすい傾向にあります。赤のオーラの人は情熱的なところ、オレンジ色のオーラの人には明るさや奔放さに惹かれるようです。異なるタイプだからこそ、補い合える関係になりやすいのです。

青のオーラの人は、紫のオーラの人に憧れを抱きがちのようです。自然と一緒にいることが多いでしょう。

相性が悪いオーラカラーは存在しません。ただし、濁った緑のオーラの人は紫のオーラの人を警戒しがちになるため、コミュニケーションがはかりにくいかもしれません。

紫のオーラ⑥恋愛

紫のオーラの人の恋愛傾向は、大きくふたつに分かれます。まだ経験の浅い、成熟していない紫のオーラの人の場合は、感受性が強さゆえに、好きになったらとことんのめり込みがちです。自分のペースが保てなくなり、相手に振り回される状況になることも。同調し過ぎる気質によって、相手と自分とを切り離せなくなってしまうようです。ですが、成長と共に、ただ尽くすことが愛ではないと気づいて、パートナーとの適切な距離感を学んでいきます。

もうひとつは、冷静に同志的な関係性を築いていくタイプです。生き方や人生観を共有し、共に成長できると感じられる相手と、深い絆を紡いでいこうとします。紫のオーラの人は元より直感的な人なので、ソウルメイトや縁のある人との出会いにはとても敏感。感情に流されがちな時期を終えて成長すると、必ず確かな絆を見出してゆきます。紫のオーラの人は、恋愛が魂の成長の糧になることを本能的に知っているのです。

紫のオーラ⑦人生のテーマ

紫のオーラの人は、「人を助ける」「人を導く」という願いを持って生まれてきている傾向にあります。そのために、人を魅了する力、行動力や考え方のスケールの大きさを、資質として身に着けているのだと言えます。

意識せずとも、紫のオーラの人のちょっとした言葉が、人に好影響を与えたり、大切な決断のきっかけを与えたりすることはあるものです。それを意識しておこなえば、さらにもっと世のため人のためになれます。ぜひとも小さくまとまらず、大きな夢を持って生きていってほしいもの。持ち前のカリスマ性を発揮して、どんどん人を導いていきましょう。直感や洞察の力を役立ててください。

もし、「自分なんて」と思うのなら、それは天が授けくれているものを、出し惜しみしています。少しずつでもいいので、そのギフトを「与える」「役立てる」ということを始めてください。

紫のオーラ⑧運気アップの為に良いこと悪いこと

スピリチュアルな感性を磨くことが運気アップにつながります。パワースポットや神社に訪れて、マメにエネルギーチャージをしましょう。また、「祈り」の力を意識して活用することも、紫のオーラの人にはプラスとなります。日々、自分の願いを祈るのはもちろんですが、周囲の人のこと、関わる社会や世界のことまで祈りに加えていくと、オーラはさらに大きくなり、幸運を引き寄せる力もパワーアップします。

やめたほうがいいのは、愚痴を言い合うばかりの集まりに参加すること。安物は身につけず、クオリティの良いものを身の回りにおくようにしましょう。


 

最後に

いかがでしたか?紫のオーラの人にとって、その資質を自覚するかどうかはとても重要です。役割を意識して、自分の力を認めていくほど、影響力は高まって活躍の場が広がるからです。自覚しないうちは、返って自分の無力さを感じてしまうこともあるかもしれません。

いくつになっても、ぜひ夢を持っていてくださいね。その背中についていきたい人はいるはずですから。あなたのその一歩が、世界を救うことにつながると覚えておいてください。

オーラが紫色の人の性格・恋愛・相性・仕事…全部解説

①特徴
②ストロング・ポイント
③ウィーク・ポイント
④仕事
⑤相性
⑥恋愛
⑦人生のテーマ
⑧運気アップの為に良いこと悪いこと


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『運命数診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐