悪口・陰口は自分に返ってくる?カルマの法則で解説

悪口・陰口は自分に返ってくると言われる理由が知りたい方へ。

人の悪口や陰口は、マイナスのエネルギーを持っているので、決して気持ちの良いものではありせん。それだけで済めばいいのですが、カルマの法則から考えると、悪口・陰口が自分に返ってくるというのは確かなようです。どうしてなの?と思った方のために、悪口・陰口について、カルマの法則とともにご説明しましょう。

本記事では「悪口・陰口は自分に返ってくる?カルマの法則で解説」をご紹介します。

 

悪口・陰口は自分に返ってくる?カルマの法則で解説

 

カルマとは

カルマはサンスクリット語で「行為」という意味があり、仏教では「業(ごう)」という場合もあります。

カルマには「行動のカルマ」「言葉のカルマ」「気持ちのカルマ」の3つがあり、「行動のカルマ」とは身体的活動によるカルマで、暴力や人の道に反する行いは悪い行動のカルマ、人を助けたりする行為は良い行動のカルマとなります。

「言葉のカルマ」「気持ちのカルマ」も同じように良いカルマと悪いカルマがあるとされています。

カルマの法則について

カルマの法則は、簡単に言えば「過去に良い行いをしていれば良いことが返って来るし、悪い行いをしてきたなら悪いことが返ってくる」というもの。私は「因果応報」と同じ意味だと解釈しています。

ただ、仏教などでいう「因果応報」には、前世での自分の行いや祖先の行いなども合わせて、今の人生に返って来るという意味合いの方が強いと思います。どちらにしても、自分のしたことは必ず自分に返ってくるというのがカルマの法則です。

カルマの法則とは何か?その本当の意味を解説

カルマの法則や因果応報という言葉は、何か悪い行いをした時だけ罰を受けるかのように使われてことも多々ありますが、良い悪いに関係なく、全ての行いが、結果的に自分に返ってくるということを意味するものです。

ですから、普段から良い行い、良い言葉、そして心の中の考え方も良いものであるならば、結果として幸せな人生になるということも言えるのです。

悪口・陰口を言う人

言葉のカルマとして考えると、悪口・陰口は、悪いカルマを生むということになりますが、人の悪口ばかり言っている人の心の状態はどうでしょうか。

悪口・陰口を言うのは、怒り、妬み、恨みなど負の感情を言葉にして吐き出しているわけですから、気持ちのカルマも悪いものであるということです。負の感情が強ければ強いほど、それを言葉で表している悪口にも相当の毒が含まれています。

悪口・陰口を言うことでストレスを発散させているというのは、自分のことしか考えていない人。そして、自分がその毒に犯されているということにも気づいていません。

気づかないまま悪口を言い続けることで、悪いカルマはどんどん蓄積されていき、いつかそれが必ず自分に返ってくるのです。

悪口・陰口を言われる人

人から悪口を言われることが多いという方は、これまで悪口を言われるような原因を作ってきたか、あるいはカルマの法則で考えると、いつかの時点で誰かの悪口を言っていた可能性もあります。

どこかで自分の悪口を言われていると知ったとしても、相手を責めたり怒ったりしないことです。相手の悪口を悪口で返すことで、また悪いカルマが生まれてしまいます。

平静でいることはなかなか難しいかもしれませんが、あなたの悪口・陰口を言う人はあなたという存在を認めてくれているということですから。

人は悪口を言われるより、無視されることの方が生きる上で最も辛いことではないかと私は思っています。「存在を認めてくれてありがとう」くらいの気持ちになれるようにしましょう。

感謝の気持ちや言葉は、悪いカルマを打ち消してくれます。

悪口・陰口を言う人とは共鳴しない

悪口・陰口には、強いマイナスエネルギーがあります。悪口・陰口を言う人のそばに四六時中いると、自分もその波動に飲み込まれてしまいます。

誰かが悪口を言い始めると、最初は嫌な気分になっていたのが、そのうちに慣れてくると気にならなくなって共鳴するようになっているのです。

共鳴するとどうなるのかというと、あなたにも悪いことが返ってきます。そうなる前に、悪口をいう人を制する勇気を持ってください。

相手が「もう言わないで」というあなたを敵視し、今度はあなたの悪口を言うようであれば、そういう人との人間関係は終わりにすべきです。

マイナスエネルギーは止める人がいないと、どんどん人を巻き込みながら広がっていきます。集団による陰湿ないじめは、悪口・陰口が発端となっている場合が多いようですが、それがどのようなカルマを生むのかということはおわかりいただけると思います。

共鳴しなければ、強いマイナスエネルギーであっても、それ以上大きくなることもないのです。

悪口・陰口を言ってしまったら

ついつい悪口・陰口を言ってしまった時は、それ以上に良い言葉を使うことを意識してください。多くの人に感謝の気持ちを伝えたり、褒めてあげることです。そうすることで、負のエネルギーを打ち消すことができます。

悪口・陰口を言われるのは、自分も嫌なはずです。「ありがとう」と言われたら、うれしいはずです。基本的に、自分が嫌だと思うことは人にもしないこと。

また、自分が悪口を言ってしまう環境下にあるならば、人間関係を見直すことも大切です。よい波動エネルギーの中で生きることを考えていきましょう。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。

カルマの法則とはどんなものか、そしてその法則で考えると悪口・陰口は良くないということがわかっていただけたと思います。カルマの法則を、幸せな人生になるために使っていただけたらと思います。

悪口・陰口は自分に返ってくる?カルマの法則で解説

  • カルマとは
  • カルマの法則について
  • 悪口・陰口を言う人
  • 悪口・陰口を言われる人
  • 悪口・陰口を言う人とは共鳴しない
  • 悪口・陰口を言ってしまったら

以上、「悪口・陰口は自分に返ってくる?カルマの法則で解説」でした。最後までご覧いただき、有難うございました。


★あなたに訪れる運命の日を知りたくないですか?

『マナ・タロット』では、あなたの生年月日や血液型をもとに、あなたに訪れる運命の日を実力派の鑑定師が診断してくれます!
しかも、今ならご登録頂いた方全員に2,000文字を超える鑑定診断に加え、 完全オリジナルのヒーリングミュージックを無料でプレゼント!

あなたが予期せぬ衝撃の未来とは?
運命が知りたい方は、是非お試し下さい!