マインドフルネスの効果を分かりやすく解説します

近年、世界中で話題になっているマインドフルネス。皆さんも一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか。現代人なら誰もが抱えるストレスの緩和が期待できる、リラックス効果がある、仕事の成果が上がるなど様々な効果が謳われていますが、実際のところどのような効果を得られるのでしょうか。今回はマインドフルネスの効果についてご紹介します。

★マインドフルネスとは何かについてはこちら
マインドフルネスとは何か?その意味を分かりやすく解説

 

マインドフルネスの効果を分かりやすく解説します

 

現代のストレス社会に瞑想は欠かせない

マインドフルネスがもたらす効果で最も実感を得られるのは「ストレスの緩和」です。そのためマインドフルネスはストレス低減法として注目を集めており、シリコンバレーなどにある一流企業の社員研修としても取り入れられるなど、昨今ビジネス業界でも実践されています。

マインドフルネスを実践することで今あるストレスを軽減することができるのはもちろん、今後ストレスが溜まりにくい心身を保つことができるようになるという効果も期待できます。どうしてもストレスとは無縁に生きることのできない現代社会で、健康・健全に生き抜くために、自らストレスコントロールできる術を身につけておいて損はありません。

過去や未来に心を囚われ今を生きていない

なぜ私たちはストレスを感じるのでしょうか。ストレスの元をたどっていくと、その大半は「過去の記憶」と「未来への不安」で占められています。過去に経験した嫌な思い、苦い失敗など、私たちは嫌な思い出ほど記憶に残っているものです。もちろん、同じ過ちを犯さず成長するために、嫌な思い出は必要なこともありますが、過去に囚われ過ぎていては今現在を幸せに生きることは難しくなります。

例えば、過去に浮気性の男性と付き合い手痛い恋愛を経験した人は、新しい恋人ができても「同じような目にあったらどうしよう」と過去の苦しみに囚われ、目の前の彼をなかなか信じることができなくなることがあるでしょう。しかし、今現在の彼そのものを見ず、過去の苦しい経験にばかり目が向いていては今の恋愛を発展させることはできません。

「常に今この瞬間に目を向けること」「今この瞬間に意識を向けること」マインドフルネスが大切にしているこの考えを身につけることができれば、過去の呪縛から解き放たれ今この瞬間を生きることができるようになります。

未来への不安を手放すとストレスは解決する

過去に囚われている人は、未来への不安も強いものです。先ほどの例で言うと、過去に浮気をされた人は、新しくできた恋人もいつか浮気をするのではないかという不安に囚われ、恋人を執拗に束縛したり、ひどい言葉をかけたりしていまいがちです。

しかし、あなたの中にある不安は実際にはまだ起きていないことです。まだ起きてもいないことに気を揉んで今現在を犠牲にするなんて、よく考えてみたら少し馬鹿馬鹿しい気がしますよね。ですが私たちは、未来への不安からくるストレスを多く抱えています。

「もし~だったらどうしよう」「また~が起きたらどうしよう」などという思いが日々のストレスの大半です。マインドフルネスを実践することで今この瞬間を冷静に客観的に見ることができるようになれば、無駄なストレスから解放されるのではないでしょうか。

物事に動じない安定した心が手に入る

マインドフルネス瞑想を通じて今この瞬間に意識を向けることを習慣づけることで、心がどっしりと安定する効果があります。私たちは普段、ちょっとしたことで焦ったり、気が動転したり、怒ったり悲しんだりしています。

もちろん、気分がコロコロ変わる刺激的な生き方を楽しんでいる人もいるかもしれませんが、気分に左右されすぎると、仕事や生活のあらゆる場面に支障をきたすことの方が多いのではないでしょうか。マインドフルネスを実践することで、しっかりと安定した心を手に入れることができれば、些細なことに動じることなく冷静に、正確に生きることができるようになるのです。

集中力が高まり生産性が上がる

人間の集中力は最大でも8秒間しか続かないと言われています。仕事の会議などでも、8秒くらい経つと他のことを考え始めたり、スマートフォンを触り始めたりしてしまう人も多いのではないでしょうか。

私たちの心は一つのことに集中するのが苦手です。心はあれやこれやと彷徨うようにできているので無理もありません。ましてや現代は情報社会で、情報が脳の処理能力を超えるほど溢れています。また私たちは常にやらねばならないことを同時に複数抱える「マルチタスク」状態にあることが多いので、心は一つのことに集中する力を失っています。

マインドフルネス瞑想では、彷徨える心を一時だけでも一極集中させることで集中力を自然と養うことができます。仕事に学業に活かせる集中力を身につけるための方法として、マインドフルネス瞑想は注目されているのです。

発想がクリエイティブになり創造性が高まる

マインドフルネス瞑想によって雑念が取り払われ、集中力が増すことで、「創造性が向上し独創的なアイディアが湧きやすくなる」という効果も報告されています。瞑想によってストレスが減少し脳がリラックスした状態をキープできることも、アイディアを生む要因になっているようです。

私たちは情報を受け取る「インプット」をすることばかり多くなってしまい、「アウトプット」をするのが苦手になっています。瞑想を続けることで頭の中を整理する力も養われるので、自ら情報発信するアウトプット力も高めてくれるのです。仕事や学業、生活のあらゆる場面で創造性を発揮し、クリエイティビティな存在となるために、瞑想を取り入れてみましょう。

睡眠の質が良くなる

毎日ぐっすりと眠れていますか?マインドフルネスを実践することで、深く質の良い睡眠が手に入るとも言われています。瞑想でストレスが軽減し、また深い呼吸を繰り返すことでリラックスした状態をキープできるようになるので、ぐっすりと深く眠れるようになるのです。

眠る前に1日のあれこれを思い出し頭を使ったり、スマートフォンをダラダラ見て情報をインプットしていては、寝ている間も脳は情報処理に追われゆっくり休まる暇がありません。夜眠る前の瞑想は、心と体の健康にとても効果的です。毎日を健康でアクティブに暮らすために、就寝前の瞑想を習慣にしてみてはいかがでしょうか。

血圧が上がるなど、健康をもたらす

マインドフルネス瞑想は、高血圧の改善など健康への効果も期待されています。もちろん、高血圧でお医者さんに診てもらっているという方は、マインドフルネスだけで症状が完治するということは難しく、適切な治療を受ける必要があります。高血圧予防や高血圧予備軍の方の生活週間の見直しの一つとして、瞑想を取り入れることで健康へ近づく一つのステップとなり得るのです。

高血圧の原因の大半はストレスと言われているので、ストレス緩和効果のあるマインドフルネスは最適なアプローチなのです。

肥満を防止する

瞑想をすることで食べ過ぎが防止でき、肥満予防の効果も期待できます。ストレスや疲労がたまると、お腹が空いていなくても脳が食べたいという欲求を持つようになり、食べ過ぎてしまうことがあります。瞑想をすることで無駄な欲求が抑えられ、お腹が空いた時に適切な量を食べる健康的な食事ができるようになるのです。

また、私たちは普段、呼吸が浅くなりがちです。瞑想で深い呼吸になれることで代謝が上がり、太りにくい体作りができる効果も期待できますよ。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。マインドフルネスと取り入れることで、心や体にあらゆる嬉しい効果があることがわかりましたね。しかし、この効果はすぐに得られるものではありません。瞑想を日常に取り入れ習慣化し、続けることで少しづつ効果を体感できるようになるものです。ぜひこの恩恵を受け取るためにも、マインドフルネス瞑想を取り入れ、実践を続けてみてくださいね。

マインドフルネスの効果を分かりやすく解説します

①現代のストレス社会に瞑想は欠かせない
②過去や未来に心を囚われ今を生きていない
③未来への不安を手放すとストレスは解決する

④物事に動じない安定した心が手に入る

⑤集中力が高まり生産性が上がる

⑥発想がクリエイティブになり創造性が高まる
⑦睡眠の質が良くなる
⑧血圧が上がるなど、健康をもたらす
⑨肥満を防止する


★ルーツが紐解く あなたの運命は?

97%の人が当たっていると実感!多くの女性から大人気!
今、あなたが抱えている悩みを一緒に解決しませんか?

生年月日や血液型を元に導き出される『ご先祖占い』が大好評です!
●あなたに対するあの人の想い・・・
●2人の関係の行方
●本当の幸せを手に入れるには・・・

恋愛・仕事・健康など、さまざまなお悩みを
実力派鑑定師が丁寧にアドバイス致します。

★しかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。是非お試しを!