腰痛のスピリチュアルな意味をお伝えします

腰を押さえる女性 腰痛腰痛で悩んでいる方へ。

腰痛持ちを自覚する方は増え続けています。腰は身体の中心に位置し、何をするにも負担がかかるので痛めやすい上、ストレスが原因となることもあります。スピリチュアルな考え方では、体の不調にはスピリチュアルな意味が有ると考えられています。腰痛は、その症状を通してスピリチュアルなメッセージを受け取っている場合もあります

本記事では、エンジェルカードリーダー、チャネラー、メンタルケア心理士のkimihamが腰痛のスピリチュアルな意味をお伝えします。

腰痛のスピリチュアルな意味①傲慢になっている

腰痛には「傲慢になってませんか?」というスピリチュアルな意味があるのかも知れません

謙虚な人のことを表す「腰が低い」という言葉がありますが、反対に傲慢になっていることを知らせるために痛みとなって表れることがあります。腰が痛いと自然と前かがみになり、頭が下がることになります。つまり、頭を下げなくてはいられない状況を作り、どんなふうに周囲の人たちに接しているのかを気づかせようとしているのです。

・自分を見つめなおしましょう

あなたが強い態度をとりがちになっているのはなぜなのでしょう?まずはそこに目を向けてみましょう。強くならなくてはいけない状況にあったのでしょうか。それとも誰かに対してコンプレックスを感じているのでしょうか。周囲の人は最近おかしいなと感じていても、なかなか指摘してくれるものではありません。自分でも気づかないこともあれば無意識に考えないようにしていることもあるので、しっかり向き合うことが重要です。

・愛のある行動をとりましょう

どこかに無理をしなければいけない自分がいるから、弱みを見せないために強い自分を演じてしまうのです。傲慢な態度はせっかく築いてきた絆を壊すことにもなりかねません。周囲の人の反応がちょっと違うなと感じたら、愛ある行動をとっているか振り返ってみましょう。

傲慢になっている方に届けられるスピリチュアルメッセージ | Spiritual Message
傲慢さとスピリチュアルの関係について知りたい方へ。傲慢な人は、その多くが自分では気付いていないのです。これから「傲慢になっている方へのスピリチュアルメッセージ」を、ご紹介致します。思い当たることがあれば、ご自身の態度や言動を振り返り、改めてください。

腰痛のスピリチュアルな意味②やる気を失いかけている

突風 強風 女性腰痛には「やる気を失いかけている」というスピリチュアルな意味があるのかも知れません

気力がない時は力が抜けて前かがみになりますね。魂の有り様は姿勢に現れるもの。せっかくのあなたの頑張りが空回りして結果につながらないことが、あなたのやる気を削いでいるようです。

・時間が必要な時もある

腰痛の時は、思い切って休んでしまいましょう。無理に動いて悪化させては何もなりませんし、今は何をしても結果につながりにくい時なのだと受け止め時間を空けるのが得策です。いつ何時も前向きでいられるものでもありません。波があるからこそ人間です。ただ、しなければならないことだけを淡々とこなし、新しい方法を試すのは後にしましょう。時間を置いた後にはまた違った流れがやってくるので、それを待つことです。

腰痛のスピリチュアルな意味③弱者の立場に立って考える場を与えられている

腰痛に悩まされている時は、「弱者の立場に立って考えてみましょう」というスピリチュアルな意味が伝えられているのかも知れません

腰は身体の中心になる部位で、ここを痛めているとどんな動きにも影響を与え、何をするにも不便になります。普段、何不自由なく動けている自分の身体に感謝していますか? ガイドは腰を痛めて不自由になる経験を通じて、弱者の立場に立って考える機会を与えているようです。

・自ら体験することで気づきが起こる

人は体験することでしか気づけないことがあります。身近かに介助が必要な人がいて、それを見たり手助けしたりしている人は、経験からその大変さが理解できます。でも見る機会さえない環境では、その大変さはリアルに想像することができません。身体が思うように動かないで困っている人を見てその大変さを想像することができていたなら、自ら体験する機会は訪れなかったかも知れません。

・ガイドのアドバイスに気づいてください

ガイドは一番その人が分かりやすい形で伝えてきます。人はみないつかは誰かの助けを必要とする時がやってきます。サポートが必要な人の気持ちを想像し、相手の立場に立って考えられるよう心がけましょう。また、この場合の弱者とは身体に限ったことではなく、いろんな意味で弱い立場に立っていることを指しているのだということを忘れないでください。

腰痛のスピリチュアルな意味④身体が休みたがっている

悲しい うつ病 悲しみ ストレス 不幸腰痛は、「身体が休みたいと言っていますよ」というスピリチュアルな意味を伝えているのかも知れません

腰痛は、誰が見ても具合が悪いんだなというのが分かります。つまり、休みやすい状況になっていると言えます。与えられた状況に感謝し、甘えてしまいましょう。そうでもしなければあなたは休もうとしないので、この状況がプレゼントされたのです。たまには身体の声に耳を傾けてみましょう。

・休んだ方がいい時は身体が教えてくれます

疲れても休めないのが現代人の辛いところですね。でも、無理を重ねて大きな病気にでもなったら取り返しのつかないことになってしまいます。身体は休んだ方がいい時は、自然と動かなくなるようにできています。疲れが取れなくても栄養ドリンクを飲んで仕事に行かなくてはいけないこともあるかも知れません。でもあまりに辛いと感じた時は、休むことを優先しましょう。あなたの身体はあなたしか守ることができないのですから。

腰痛のスピリチュアルな意味⑤足元に注意する

地に足をつけるグラウンディング腰痛は「足元に注意しましょう」というスピリチュアルな意味があるのかも知れません

腰が痛いとうつむきがちになります。つまり、自然に下を見るように導かれているということです。しばらく足元に注意するようにしましょう。「つまずいて怪我をするかも知れないから注意して」、「大事なものを落とすかも知れませんよ」というメッセージを受け取っている可能性があります。いつもより慎重に歩くよう心がけましょう。

・自然に導かれるメッセージ

メッセージは「したほうがいい」ことを伝えてくることもあれば、自然と「そうしなければならない」ように導かれることがあります。なぜ今なのかという時や、何の脈略もなくそう促されるときは、いつもの行動を変えさせることで危険を回避したりチャンスを手に入れることができるということです。意外な流れが来た時は、その現象を注意深く受け止め意識を向けてみましょう。

腰痛のスピリチュアルな意味⑥誠実に進むことを促している

腰痛は「誠実に進みましょう」というスピリチュアルな意味を持っているのかも知れません

身体の自由が奪われた時は何をするにも時間がかかってしまうもの。自然と丁寧な動きになりますね。あなたが手掛けているものは、丁寧で正確な仕事が求められているようです。多少時間がかかっても、今関わりのあるものを大切にし、愛のある誠実な対応を心がけましょう。

・思いやりの気持ちを持ちましょう

心のどこかに、他人のことなど構っていられないという思いがあるようです。それは、そう思ってしまうような経験を過去にしているからで、そんなあなたの心を責めることは誰にもできません。ただ、クールに割り切った対応があなたの評価を下げるようなものだとしたら、いずれ自分に返ってきます。

・想像力を高めましょう

話をする時は、心から愛せるものが目の前にいると思って言葉を発してみてください。また、向こう側に自分が立っていると思って話してみましょう。あなたはどんな表情を向けているでしょう?どんな言葉をかけているでしょう? その時あなたはどう感じますか?嫌な自分を見ないためにはどうしたらいいか想像してみてください。

腰痛のスピリチュアルな意味⑦現実から逃げようとしている

女性 憂鬱腰痛には「現実から逃げようとしている」というスピリチュアルな意味があるのかも知れません

あなたには今、とても嫌だと感じていることはありませんか? その試練は自分の力で乗り越えて欲しいとメッセージが届いています。何か理由をつけて逃げるのはもうやめましょう。今抱えている問題を乗り越えない限り、同じような問題がまた訪れます。腰痛はあなたの心が起こしているのかも知れません。

・どんな状況でも突破口はあるものです

八方ふさがりで身動きが取れない時は、できないところ、嫌なところを書き出してみましょう。その中で一番クリアしやすいところからスタートします。できないと思ったら、その課題をうまくこなせそうな人を思い出してください。その人ならどんな風に克服するでしょうか?

ありありと想像できたら、その人のまねをしてみましょう。シミュレーションがスムーズになったら今度はあなたがチャレンジする番です。実際にやってみたらハードルが低くなっていることに気づくでしょう。あとは少しずつあなたのやり方で進んでいけばよいのです。

腰痛のスピリチュアルな意味⑧時間をかけて学び直しましょう

働く女性 仕事 ビジネス腰痛は「時間をかけて学びなおしてみましょう」というスピリチュアルな意味があるのかも知れません

腰痛があると動きたくなくなるものです。つまり慌ただしく過ごすのではなく、「じっくり時間をかけてやるべきことがあるのではないですか?」とガイドは伝えてきています。学びは色々なところにあふれています。必要な学びはごく身近にあるかも知れません。気になったものが、今のあなたに必要なものです。

・変えたいと思っているものが学びたいもの

苦手なことを克服したい、もっと上手に話せるようになりたい、必要な資格を取りたい、どんなことでもよいのです。気になっていることを学んでみましょう。

・必要なことは用意されています

今のあなたには吸収する時期が来ています。忙しくて無理だと思っていても、時間の確保はそう難しくないようです。性格を変えたいと思っているのなら、変えるために必要な環境がやってきます。資格が必要なら、あなたに合った講座が見つかるかも知れません。この時期学ぶものはあなたを大きく成長させるでしょう。

腰痛のスピリチュアルな意味⑨手をかけ過ぎている

腰痛は「いろいろなことに手をかけすぎていますよ」というスピリチュアルな意味があるのかも知れません

例えば家族に、自分ですべきことをあなたが先回りしてしてしまっていることはありませんか?職場で、自分でやった方が早いからと仲間に任せず全部やってしまうことはありませんか?

あなたは手を休めて相手に任せる時期が来ています。何でも手を出してしまっては相手の人は技術を身に着けることができず自立できない上、あなたも楽になることはありません。せっかく楽になるきっかけができたのですから、思い切って任せてみましょう。

・協力して助け合いましょう

面倒見のいいあなたは、つい自分から動いてしまう傾向にあるようです。何でも抱え込み過ぎて自ら疲労を招いてしまっているため、腰痛は余計に請け負わないように起きた助け船のようなものです。甘えることは怠けることではありません。支えあうことの必要性を、相手に気づいてもらうための学びの場でもあるのです。

大丈夫、できる!と感じても休むことを優先してください。これはあなたの周りの人を成長させると同時に、相手を信頼して任せることを学ぶあなたへの課題でもあるのです。

 

最後に

腰痛は外科的な症状なので、状態が目に見えます。具合が悪いのがすぐ分かるため、周りに対して伝えたいことを含んでいることがあります。気持ちを分かって欲しい時、何かして欲しい時に現れることが多いようです。

腰を痛めた時はまず休んでください。腰痛は頑張り過ぎてるサインです。身近な人が腰痛になったらよく状況を見極め、必要ならば手を貸してあげてましょう。同じように、自分が痛めた時は頼ってください。そして、「この痛みは何を訴えているのかなあ」と、少し考えてみてください。もし伝えられていることが理解できれば、痛みが取れる頃には別の悩みも解決されているかも知れませんよ。

腰痛のスピリチュアルな意味は

  • ①傲慢になっている
  • ②やる気を失いかけている
  • ③弱者の立場に立って考える場を与えられている
  • ④身体が休みたがっている
  • ⑤足元に注意する
  • ⑥誠実に進むことを促している
  • ⑦現実から逃げようとしている
  • ⑧時間をかけて学び直しましょう
  • ⑨手をかけ過ぎている

ということでした。
以上、エンジェルカードリーダー、チャネラー、メンタルケア心理士のkimihamがお伝えしました。最後までご覧頂き、有難うございました。

★あなたのオーラは何色?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたのオーラや誕生日などの情報をもとに導き出される『オーラ診断』が大好評!もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と出会えるのかも今なら≪オリジナルカルテ≫を初回無料でプレゼント致します!。

⇒運命を知り、最高の幸せを掴みたい人は是非やってみてください。⇐

身体
この記事のライター

エンジェルカードリーダー、チャネラー、メンタルケア心理士。昼間は別の仕事をしながら、在宅にてカードリーディングやライティングのお仕事をさせていただいています。エンジェルカードを中心としたさまざまなオラクルカードを通して大天使や妖精たちとつながり、より楽しく前向きに生きるためのヒントをいただいてお伝えしています。

kimihamをフォローする
Spiritual Media