予知能力とは何か?分かりやすく解説いたします

女性 神秘 時計 時間 予知能力 未来 過去「予知能力」をお調べになっている方へ

「予知能力」を持っていたら、どんなにか生活が楽しくなることでしょう。競馬の好きな人は、万馬券を当てることができます。ラスベガスに行って負けることもありません。大金持ちになれることは間違いありません。そんな便利な「予知能力」は、私たちにもあるのでしょうか。

本記事では予知能力とは何か?分かりやすく解説いたします。

①予知能力とは未来を知る能力のことをいいます

「予知能力」とは、未来を見通せる力のことです。直観で予知や霊感で何かを感じることで予知をする場合もあります。これは、第6感とも言われています

次にご紹介するのは、自分では、予知のつもりで書いたものではなかった小説の内容が、14年後に起きてしまったという不思議な事件でした。それが、あの有名なタイタニック号の沈没事件です。

②タイタニック号の沈没は14年前に予知されていた?

モーガン・ロバートソン

モーガン・ロバートソン

  • ⑴船の名前・・・小説はタイタン号、現実はタイタニック号
  • ⑵事故の時期・・・小説も現実も4月
  • ⑶船の全長・・・小説は、800フィート、現実は882.5フィート
  • ⑷船の排水量・・・小説は、7万5千トン、現実は6万6千トン
  • ⑸最大乗員数・・・小説は、約3千人、現実も約3千人
  • ⑹船のプロペラの数・・・小説も現実も3つ
  • ⑺救命ボートの数・・・小説は、24、現実は、20
  • ⑻氷山と衝突したときの速度・・・小説は25ノット、現実は23ノット

船の名称から大きさ、事故の時期やその他の事柄が、驚くほど類似しています。超心理学の世界では、この小説、「タイタン号の遭難」は、人間の無意識による予知の代表的な例として有名です

③原子爆弾が予知された?小説

ハーバート・ジョージ・ウェルズ in 1943

ハーバート・ジョージ・ウェルズ in 1943

【小説に書いた当時は「原子爆弾」は研究もされていなかった】

解放された世界参照:岩波新書

この小説は、1914年に発刊されましたが、第1次大戦勃発の前に発刊だったのです。第1次世界大戦は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて、欧州は戦乱の火に巻き込まれました。しかし、当時は、原子爆弾など誰も研究さえもしていない時でした。

【原子爆弾が実際に日本に投下されました】

原子爆弾が開発されたのは、第二次大戦中です。ドイツ、アメリカ、イギリスで開発をしていました。最初の実験に成功したのはアメリカでした。1945年、原子爆弾は、日本の広島、長崎に世界で最初に投下されました。

ハーバート・ジョージ・ウェルズは、科学小説家ですが、31年も前に原子爆弾の出現を予想し小説を書きました。彼の豊富な科学的知識と想像力で、原子爆弾は小説となりましたが、31年後に、実際に原子爆弾が作られ使用されることなど、思いもよらないことだったでしょう。

②中世の予言者ノストラダムスは本当に予知能力があったのか?

[caption id=”attachment_3703" align=”aligncenter” width=”800ノストラダムス ノストラダムス

歴史的に、有名な予言者と言えば、ミシェル・ノストラダムス(1503~1566)です。彼はフランスの医師、占星術師、詩人です。

【ノストラダムスの経歴】

15歳ごろ、アヴィニョン大学に入学し、いろいろな学問を学びました。特に天文学に優れていたと言われています。1529年にモンペリエ大学医学部に入学しました。医師としての勉強を積み博士号を取得しました。1544年にマルセイユの医師、ルイ・セールに師事し、診察を行いました。1546年に流行したペストには、医師として治療に努めました。1547年に名家の未亡人アンヌ・ポンサルドと結婚しました。

【予言者として】

フランス王妃 カトリーヌ・ド・メディシス

フランス王妃 カトリーヌ・ド・メディシス

1555年7月に国王アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシスから招待を受けました。以後、ノストラダムスはカトリーヌに気に入られ、子ども達の未来を占うことになりました。彼の占いで、子どもたちの中から、王になるという予言は、三男が王となったため、彼の予言が当たりました。

【的中したとされる予言】

⑴1559年国王アンリ2世の死を予言

予言集の主要部分をなす四行詩には、

「若き獅子は老いた方を凌駕するだろう。一騎打ちによる戦いの野で。(後略)」 

祝宴の席でアンリ2世と近衛隊長による馬上試合が行われました。その時、槍がアンリ2世の目にささり、それがもとでアンリ2世は亡くなりました。

⑵1566年7月「ノストラダムスの死」を予言

予言集の主要部分をなす四行詩には、

「大使館から帰還して、(中略)ゆえに神のもとへ召されるだろう。(中略)寝台と長椅子の知覚で突然の死が発見される」

⑶第2次大戦とヒトラーの出現を予言

予言集の主要部分をなす四行詩には、

「差し迫った年に、(中略)ラインとヒスターから来たと噂されるだろう。(後略)」

他に6編のヒスターに関する詩編があり、ヒトラーの残虐な行為と一致しています。詩編には、ヒトラーではなく、ヒスラーと書かれていますが、発音もスペルも酷似しています。

⑷2001年9月11日の「アメリカ同時多発テロ」を予言

予言集の主要部分をなす四行詩には、

「空は燃える45度で、炎は近づく大いなる新都市に、時はうつさずばらまかれた巨大な火が跳ね回る、ノルマン人を試さんと欲する時」

詩編の中の45度は、ニューヨーク州の緯度と合っていると言われています。

⑸2011年3月11日の「東日本大震災」を予言

予言集の主要部分をなす四行詩には、

「地球の真ん中から地震が火を噴き新しい都市の周辺をゆるがすだろう。二つの巨岩がながらく戦争を続け、やがてアレトゥーサが、新しい川を赤く染めるだろう」

アレトゥーサは、ギリシャ神話に出て来る美しい女神です。二つの巨岩とは、アメリカとロシアかもしれません。アレトゥーサが、日本だとすると、将来、日本は赤い血に染まった戦場となるのかもしれません。

【当たらなかった予言・恐怖の大王】

予言集の中の第10巻72番の詩に登場する「恐怖の大王」は、一大センセーションを巻き起こしました。その内容は、1999年に起きる人類滅亡を意味していました。その四行詩には、

「1999年7カ月、空から恐怖の大王が来るだろう、アンゴルモアの大王を蘇らせ、マルスの前後に首尾よく支配するために」

と書かれていました。恐怖の大王とされたものとしては、空からの空軍の大編隊、異星人、隕石などの天体の衝突、核ミサイルなどと世間では騒がれましたが、実際には何も起きませんでした。

ノストラダムスの四行詩は、とてもあいまいな書き方をしています。事実に適合しそうな、四行詩を、後から探すことが可能なので、現在は予知能力があったのかどうか疑問を持つ人もいます。

③初期の予知能力(予知夢)の研究(20世紀初頭)

未来を前もって知ることができる予知能力は、私たちに備わっているものなのでしょうか。研究家によれば、私たちにも未来を見る力があるそうです。それが、「予知夢」です。誰でも、「予知夢」を見たことがあるでしょう。「予知夢」は、「虫のしらせ」とも言います。

【ジョン・ウィリアム・ダン(J.W Dunne 1875~1949)の研究】

彼は、イギリスの兵士であり、現代の飛行機の基礎を作った航空技師でもありますが、哲学者でもあります。彼はいくつかの夢について予知夢を経験しました。1927年、彼の著書 An Experiment with Time(時間に関する実験) という本の中で調査結果を報告しました

【夢と実験】

彼の最初の記録は、1898年です。彼の夢はいくつかの大きな災害の夢でした。

  • ⑴マルティニーク火山の噴火
  • ⑵パリでの工場火災
  • ⑶スコットランドの鉄橋での鉄道脱線事故

彼は、それらの夢と新聞記事との検証を行いました。同様の実験を何人かの友人にも試してもらいました。その結果、予知は、過去の記録と同じように発生しているものだと証明することができました。但し、予知は事件が発生するまでは、予知かどうかの識別ができないという不便さがありました。

【ダンの時間に関する理論】

ダンの説明は、「今」と言う時間の中にいる人間は、科学的に「今」を捕らえることができないという論拠に立っています。「今」という時間は、すぐに「過去」になってしまいます。「未来」という時間も次々に、「今」という瞬間を通過して過去になっていきます。

「予知夢」がなぜ起きるかという問題に対して、ダンによると、目を覚ましている時は、現在を越えてものを見るということが妨げられますが、夢をみている時は、時間の中での制約が取り除かれ、未来を見ることができる予知能力を得ることができるというのです。

現代科学においては、物理的な時間は4次元の世界にありますが、彼の議論は、3次元においての時間の測定問題に限りない議論を引き起こしました。

④今世紀の予知能力(予知夢)の研究

2018年10月に出版された本に「The Premonition Code: The Science of Precognition, How Sensing the Future Can Change Your Life」があります。著者は、ノースウェスタン大学の神経科学者のジュリア・モスブリッジ博士と作家のテレサ・チャン氏の共著です。この本の中で、一般の人々でも未来を感じることが可能であることを示しています

【人間の予知能力は、無意識下にある】

モスブリッジ博士はこれまで30年間の研究によって、次の事柄が分かったと言っています。

  • ⑴私たちが無意識下の情報は未来に出来事に関係している。
  • ⑵私たちの無意識は、すでに未来を予見している。
  • ⑶私たちは未来を予見する能力がある。

【出来事の因果関係】

モスブリッジ博士は、

「人生の出来事は、ネックレスのビーズのようなものであり、予知とはネックレスをたどっていくことで、過去と未来をつないでいくようなものだ」

と言っています。博士の個人的な経験の中で、彼女の祖母が亡くなって数日後、夢に祖母が出てきました。そして祖母は彼女に言いました。

「あなた、知っている? 私はいつも文章を右から左に読んでいるのよ

と言うのでした。博士は、祖母がいったい何を言っているのかわかりませんでした。それから数日後、博士は祖母の遺品を整理している時に、古い巻物が出てきました。巻物に書かれている字は、右から左に書かれているヘブライ語でした。博士の家族の先祖は、スコットランド系のアイルランド人です。なぜ祖母がヘブライ語の巻物を持っていたのか、わかりませんでしたが、その糸口が数年後の出来事に現れました。

【ユダヤ教との出会い】

偶然にノースウェスタン大学で、ユダヤ教の贖罪の日にユダヤ教のラビの説教の講演がありました。博士は、その説教を聞いて涙があふれるほど感銘を受けました。それをきっかけにして、博士はユダヤ教に改宗しました。

DNA鑑定】

博士は、なぜユダヤ教に改宗するほど、自分がユダヤ教に惹かれてしまったか興味を持ちました。そして、自分のDNA鑑定をした遺伝子の中に、ユダヤ人のものを発見しました。祖母の夢が、未来の予知につながったことを確信したのです。

【ランダムに見せる映像の実験】

博士は、大学生の被験者を集めて実験をしました。被験者には、「普通の映像」と「怖い映像」とを見せました。被験者は、普通の映像を見せても何の反応もありませんでしたが、怖い映像を見せたときには無意識レベルで脳波に反応が出ました。この普通の映像と怖い映像をランダムに被験者に見せましたが、そのうち不思議な現象が起きました。

【10秒前に反応が起きている被験者】

完全にランダムに見せている映像のはずですが、被験者は怖い映像が流れる10秒ほど前から「怖い映像を見た時の反応」を始めたのです。これは何を意味するのかと言うと、被験者は無意識的に「10秒前から怖い映像が流れることを知っていた」ということになります。

⑤潜在意識に導かれる予知能力(易占い)

中国4千年の歴史が造り上げた易占いは、複雑な運命の流れの中で人間がどの位置にあるのか、運勢を64の事象に分けて指し示すものとして昔から人々の生活に密着してきました。

「当たるも八卦当たらぬも八卦」と言いますが、当たる確率が多いのは、私たちの「潜在意識」から導かれる「予知能力」と結びついているからでしょう。

【ジョセフ・マーフィ博士と易】

ジョセフ・マーフィ博士(1898~1981)は、アイルランド出身の著述家であり牧師です。しかし、教会で聖書の解説をするという活動ではなく、主に「潜在意識の効用や利用法」について、講演をしたり、個別に相談に乗ったりして、人々の問題を解決しました。彼の著書は、日本でも翻訳され広く読まれています。その中で、易に関する著書があります。

Secret of I Ching」直訳では「易の秘密」となりますが、翻訳されたものは、「マーフィー博士の易占い 運命が不思議なほどわかる本」(翻訳者:しまず・こういち 王様文庫)です。潜在意識との関りの部分をご紹介致します。

【運・不運はあなたの「潜在意識」が決めている】

マーフィー博士は、

「易は特定の指図は与えない。それはあなたについて語るだけである。それを知って解釈することによって、あなたは次に打つ手を決定するのである」

と言っています。例えば、ある人がラスベガスに毎年のように行っていましたが、今回は気が進みませんでした。そこで、易をたててみると、災難を表わす卦が出ました。彼は旅行を取りやめました。結果は、予定していた飛行機が墜落してしまったのです。易占いは、潜在意識の中から未来を見せる「予知能力」なのです

【潜在意識でなぜ予知ができるのか】

マーフィー博士は、ユング博士(1875~1961)の研究した「意味ある偶然の一致」(シンクロニシティ)は、現実に起きると言っています。人間の無意識は真相にある「集合的無意識」につながっており、そこから「予知能力」がもたらされると言っています。この集合的無意識には、古代から受け継がれた人間の叡智や、全ての人々との無意識の集合体です。人の死や事故などの「虫のしらせ」も無意識の世界からの情報と考えられています。

【カール・ユングの予知夢】

ユング博士の研究のきっかけとなったのは、自己の夢の経験からです。彼の見た夢は「予知夢」と信じられるほど強烈だったのです。彼の見た夢というのは恐ろしいものでした。

その夢の内容は、ある晩、彼は暗くじめじめしたジャングルのような森の中を歩いていました。突然、彼は大きな鋭い笛の音を聞きました。それは恐ろしい死神と言われるハンターが吹いた笛の音でした。すると、恐ろしく大きな猟犬が何匹も襲ってきました。その瞬間、彼は、死神と言われるハンターが人間の魂を取りに来たことを確信しました。

実際、次の朝、彼の母親の死を知らされましたユング博士は、この恐ろしい夢が単なる偶然の一致ではなく、必要とされる情報が、潜在意識の中から「予知夢」として象徴的な形でもたらされることを知りました

⑥聖書「エゼキエル書」に書かれた予言は現代にまで及ぶのか

ババ・ヴァンガ

ババ・ヴァンガ

ババ・ヴァンガ(1911~1996)は、ブルガリアの女性の予言者です。12歳の時に竜巻に飲み込まれ、両目に障害を持ちました。それ以降、予知能力がついてしまいました。彼女の予言の確率はとても高いので世界的に有名になりました。予言が的中した例としては次のものが有名です。

ババ・ヴァンガが的中させた予言

  • ⑴アメリカで起きた同時多発テロ
  • ⑵スマトラ沖地震
  • ⑶オバマ大統領の当選
  • ⑷東北地方太平洋沖地震
  • ⑸福島第一原子力発電所事故

全て予言通りの災害が起きました。そうなると、気になるのはこれからの出来事です。未来のことについては、たくさんの予言をしていますが、私たちの生活に密着した問題については、次のような予言をしています。

ババ・ヴァンガが予言していること

  • ⑴新しいエネルギーを発見できる
  • ⑵中国が新しい超大国になる
  • ⑶極地の氷河が溶けて海面の水位が上昇する
  • ⑷全ての身体器官が再生可能となる
  • ⑸人工の太陽ができる
  • ⑹エイリアンの助けを借りて水中で生活する文明が起きる
  • ⑺火星のコロニーが地球からの独立を要求する
  • ⑻タイムトラベルができるようになる
  • ⑼どんな病気も克服できる方法を見つける
  • ⑽人々は不死を達成する

この中には、日本の大災害については何もありませんでした。とりあえず安心しても良いのでしょうか。

 

最後に

「予知能力」は、私たちに襲い掛かる災害や事故による命の危険から救ってくれます。海外旅行や海外出張など、私たちの行動範囲は広くなりました。それだけ危険度も増えていると言えるでしょう。

アメリカ製の航空機の大手ボーイング社の737MAXは、エチオピアで墜落しました。この飛行機に乗っていた157人は全員死亡しました。昨年、10月にもインドネシア沖に189人を乗せた同型機が墜落しています。ボーイング社は、世界中の同型機の運航を停止しました。新型機であるにもかかわらず、故障原因がいまだに不明です。このような事故から、自分の命を守るためには、「予知能力」が是非必要です

以上、最後までご覧いただき、有難うございました。

★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたが選んだカードや誕生日などの情報をもとに導き出される『神秘のタロットカード』が大好評!もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と出会えるのかも今なら≪初回無料≫で診断してもらえます。

⇒運命を知り、最高の幸せを掴みたい人は是非やってみてください。⇐