お金に困っている方へ。お金に関する心配事をスピリチュアル的に解説

お金 札束 アタッシュケースお金に困っている方へ。

一生懸命働いているのに、なぜかお金がなくて生活が苦しい、借金がなかなか減っていかないなど、お金に関する心配事が絶えないという方がいる一方で、好きな時に好きな仕事をして、周りから見ると遊んでいるようにしか見えなのに、お金の心配はなく豊かに暮らしている人もいます。

これは単に運が良いとか悪いとかということではなく、お金に対する考え方を含め内なる自分のあり方が違うだけなのです。では、お金に困っている人とそうでない方、一体どういうところが違うのでしょうか。スピリチュアル的な観点から見ていきたいと思います。

ヒーラー・メンタルケア心理士 坂木理恵
ヒーラー・メンタルケア心理士 坂木理恵

本記事では、ヒーラー、メンタルケア心理士の坂木理恵がお金に関する心配事をスピリチュアル的に解説いたします。 

①お金はエネルギー

魂 光 火 炎 癒し エネルギー宇宙の法則から言えば、お金はエネルギーであり循環して流れるものです。スムーズに循環していれば、出ていくお金があっても必ずまた入ってきます。お金が出ていくばかりで入ってこないと思う方は、無意識のうちにその流れをどこかで断っているということになります。

恐れの感情が流れを規制している

例えば、「お金を出すとなくなってしまう」という思いは、出すことへの恐れ感情を伴い、出費を抑えようとするわけです。知らないうちにこの流れを規制しているわけです。

まずは、お金は出すとなくなるものではなく、循環するエネルギーであるということをしっかり理解しなければなりません。「出入り」という言葉がありますが、出すと入ってくるのは自然の摂理です。

お金に困らない人は、無意識であったとしてもこの自然の摂理にかなった生き方をしているのです。お金はうまく循環させることで、豊かさをもたらしてくれます。有限な物質ではなく、増幅しながら無限に循環するエネルギーなのです。

恐れや不安を手放し本当の自分になれる方法
恐れや不安を手放したい方へ。スピリチュアルでは、そのような恐れを手放すことが、自分らしく幸せに生きるためには大切なことだと言われています。では、どのようにして恐れや不安を手放せばいいのでしょうか。本記事では、ヒーラー、メンタルケア心理士の坂木理恵が、恐れや不安を手放し本当の自分になれる方法をご紹介いたします。

②お金そのものは無価値

お金 札束 竜巻もともと私たちの世界には、お金というものは存在しませんでした。人々は物々交換をしながら、助け合って生きていました。それをもっと便利にしようということで考えられたのが、お金や銀行というシステムです。

ということは、お金そのものはただの紙切れであり、そこに価値をつけているのが私たち人間なのです。

有益かどうかはお金を使った人の価値観で決まる

私たちは、物質的なものだけではなく、何か体験することや情報を得るためにもお金を支払います。それが有益であったかどうかということは、たくさんお金を支払ったかどうかということではなく、私たちの価値観によって決まります。

目的のない預金も無価値

極端な言い方をすれば、銀行にいくらたくさん貯金があっても、有益に使われることがなく、目的もないまま眠ったままの状態にしておくのも無価値なのではないでしょうか。

貯金しておけば利息が溜まるじゃないかという方もいるかもしれませんが、それもうまく使えば利益になりますが、そうでなければお金の価値としてはないと同じです。

どれだけため込んでも、私たちがこの世を去る時持っていけるものではありません。持っていけるのは、お金によって得た有益な経験や知識だけです。

③お金は使い方が大切

ショッピング 買い物お金に困っている人は、「どうしたらお金を手に入れることができるか」ということに重きを置いていますが、お金は循環するエネルギーであると考えるのであれば、どのように使うかということをまず考えなければなりません。お金の使い方が最も大切なのです。

生き金を使うことでエネルギーの良い循環が生まれる

生き金、死に金という言葉もありますが、自分が向上するために使うお金、人や社会貢献のために使うお金は生き金になります。生き金のエネルギーは、良い循環を生み出していきますそれが巡り巡って、あなたの元にまた返って来るでしょう。

死に金というのは、無駄遣いのこと。後先を考えずに衝動買いをする、何もすることがないからギャンブルにお金を使ったなど、目的も意味もなくお金を使うと、それは良い形で返って来ることはありません。

真の成功者たちがどのようにお金を使っているか、調べてみるのもいいかもしれません。例えば、収入の1割をどこかに寄付をするなど、人のためになること、社会貢献を考えている方ばかりです。

利己主義的な考え方の人は、一時は成功者のように見えるかもしれませんが、いつかは滅びてしまいます。

これまでのお金の使い方を見直してみる

もちろん、お金を得る方法を知ることも大切ですが、これまで自分はどのようにお金を使ってきたかということを見直すことで、今お金に困っていることの原因がわかってくるかもしれません。

④お金に対する思い込みを捨てる

お金を数える お金持ち お札日本人に多いのが、「お金を欲しがるのは卑しい事」だとか、「お金は汚いもの」だという思い込みを持っているということ。これは潜在意識の中に埋め込まれたマイナスイメージです。

お金儲けをすることや、高額なお金を手にすることに罪悪感を抱くのは、親の躾や育ってきた環境によるものかもしれませんが、この思い込みによってお金が入ることを妨げているのです。

いくら努力していても結果的には同じ繰り返しになってしまい、お金に困る生活からなかなか脱出できないというのも、お金に対する思い込みがあるからです。

お金に対する価値観や思い込みを変える

先にも書いた通り、お金は循環するエネルギーであり、お金そのものには価値はありません。その価値を決めるのは、自分自身の考え方です。

お金に対して自分はどんなイメージを抱いているのか、内なる自分を見つめ直してみることで、お金に困ることもなくなるかもしれません。

お金に対する価値観や思い込みを変えることが、お金の問題を解決するための秘訣です。

最近では潜在意識のブロックを外すためのワークなどもあるので、自分を変えたいという方は参加してみるのもよいでしょう。