共感能力が強いエンパスの方の8の対策

生まれ持って共感能力が強いタイプの人を「エンパス」と呼びます。ほかの人が感じていることが、まるで自分の感覚のように入ってくる、人ごみに行くとどっと疲れるという場合、エンパスである可能性があります。

しかし、エンパスであることを自覚している人は、案外少ないかもしれません。ご本人にとっては当たり前の感覚であるために、自分の敏感さや共感力の高さが特別であると気がつくことができません。人と話していると疲れてしまったり、周囲の影響を受けすぎてつらくなったりするなら、何らかの対策を講じる必要があります。まずはご自身の生きづらさがエンパスを原因とするものか見極め、自覚されることが第一歩です。

今回はエンパスによる生きにくさを感じる方が、どうすれば問題に対処していけるかを考えてみます。具体的な対策を知ることで、少しでも問題が解決するよう願っています。共感能力の高さにはよい面もたくさんありますので、ご自身の特徴を把握してよい面は活かしていきましょう。

 

共感能力が強いエンパスの方の8の対策

 


エンパスの方の対策①自分の課題と他人の課題を混同しない

エンパス体質の人は、自分と他人の境界がひじょうに薄いのが特徴です。まわりの人の感情がわかってしまうので、振り回されることが多いのです。

この対策として、自分と他人の課題を混同しないようにする必要があります。苦しんでいる人がいると放っておけないエンパスの人は、人の課題にまで首を突っ込んでしまうことがあります。

自他の区別をしっかりとつけることは自分を守るためでもあり、相手のためでもあります。相手のために尽くしすぎるのは、あなたが相手の学びのチャンスを奪うことになりかねないからです。

エンパスの方の対策②痛みや苦しみに共感しすぎない

エンパスの人は困っている人を見ると、自分のエネルギーを分け与えたいという気持ちになります。しかし、過剰にエネルギーを与えていると自分が弱ってしまいます。

世の中にはエネルギーヴァンパイヤと呼ばれる人がいて、意識的、あるいは無意識に善良な人のエネルギーを奪っています。エネルギーヴァンパイヤは特別な人というわけではなく、パワハラをする上司であったり、依存的な身内や友人であったりと、身近に存在しています。

過剰に他人の痛みや苦しみに共感しそうになったら、理性を働かせましょう。相手にとってクリアすべき課題であるかもしれないのだから、相手が自分自身の力で乗り越えられると信じることも必要です。

エンパスの方の対策③他者との境界をイメージする

イメージの力を借りることも、エンパスの方の対策として有効です。自他の境界をどう作ればいいかわからない方もいらっしゃるでしょうが、実際に結界を張るイメージをするのがおすすめです。

たかが想像と思われるかもしれませんが、人間の脳が作り出すイメージの力は予想以上に影響を与えるものなのです。美しい光や心地のよいエネルギーが注ぐところをイメージしましょう。その光やエネルギーが自分を包み、繭のように守ってくれています。

好きな色の光をイメージしてもいいですし、愛のエネルギーで満たすのもよいでしょう。自分の気に入ったイメージで自分を保護しましょう。

エンパスの方の対策④自分の中に軸をつくる

エンパスはまわりの人を優先させてしまうため、自分を見失ってしまうことがあります。周囲に気を遣いすぎて疲れてしまったり、本音がわからなくなったりすることもあるでしょう。

エンパスの人は意識して自分軸をつくっていく必要があります。自分の中に湧き起こってくる些細な違和感を見逃さないようにしてください。その感覚が他人軸に振り回されていることを教えてくれています。

最初はわかりにくいと感じるかもしれませんが、日々の習慣にしていくことで徐々に自分軸がはっきりしてきます。

エンパスの方の対策⑤瞑想でストレスホルモンを減らす

エンパスの方の有効な対策の一つに、瞑想が挙げられます。外部からの刺激に振り回されてしまいがちな人にとって、瞑想は疲れた脳を落ち着かせてくれる効果があります。

瞑想は科学的に様々なよい効果が証明されています。特に副交感神経を活性化するので、リラックス作用が高く、免疫力を高めることでも知られています。ストレスホルモンの軽減にも役立つようです。

瞑想にも様々なものがあり、最近はやっているマインドフルネス瞑想もよいですし、イメージの力を借りる誘導瞑想も効果的です。ご自身に会った方法を探ってみましょう。

エンパスの方の対策⑥肯定的な断言をしよう

肯定的な言葉で断言することを、アファメーションと言います。アファメーションも自分軸をはっきりさせるのに有効な手段の一つです。

昔から「言霊(ことだま)」と言われるように、言葉には魂がこもっておりパワーがあると言われています。アファメーションは「私は○○です」「私は○○します」のように、主語をつけた肯定的な文を唱えるようにします。

「私はポジティブなエネルギーの影響だけを受け取ります」といった言葉を、心の中で唱える習慣をつけましょう。弱かった自分の心が強められてくるのを感じるはずです。

エンパスの方の対策⑦ポジティブなエネルギーで自分を満たす

エンパスの人の特徴として、ネガティブなエネルギーだけでなくポジティブなエネルギーに対しても反応がよいことが挙げられます。この長所を活かしてよいエネルギーの場所へ行き、パワーをチャージするのがおすすめです。

自然の美しいところへ出かけ、定期的にリフレッシュするようにしましょう。山や森林のほか、海・川・滝・湧き水といった水辺に行くと深い癒しが得られます。ご自身の元気になれる場所であれば、岩場や砂漠のようなところもよいでしょう。

パワースポット巡りもおすすめですが、逆に集まってくる人の気や欲望に反応してしまう人もいるので、気をつけてください。

エンパスの方の対策⑧自己浄化をする

エンパスの方が自分を保つための対策として、自己浄化も効果的です。部屋の掃除をして気の滞りを解消したり、浄化力の高いアイテムを取り入れたりするのがおすすめです。

古くから塩は浄化作用が高いとされていて、盛り塩としても使われてきました。身を清めるために塩をお風呂に入れて使うとすっきりします。また、日本酒を入れたお風呂も浄化には有効です。

浄化作用の高いハーブには、ホワイトセージがあります。ドライセージを焚くのもいいですが、煙が気になる人はミストタイプのセージスプレーを使うとよいでしょう。アロマテラピーやフラワーエッセンスといったアイテムを生活に取り入れる方法もあります。


 

最後に

エンパスの方に向けた対策をご紹介してきましたが、いかがでしたか。エンパスの方は共感能力が強いことによって、生きていく上でつらいこともあるかもしれません。原因や傾向を知って正しい対策をすることが、エンパス体質に振り回されずに生きる秘訣です。ご紹介した内容を参考に、ご自身に合う方法を取り入れてみてください。

自分と他人の精神的な境界が薄いと共感力が強まり、周囲の人や環境に影響されやすくなります。集中力に欠けたり、身体的に疲れやすくなったりすることもあるかもしれません。ご自身の軸を危うくするようなエネルギー的・感情的要素からしっかりと身を守れるようになることが大切です。そのためには自分と他人との境界を意識するよう心がけ、自分の内側をポジティブなエネルギーで満たすようにしましょう。

エンパス体質の特徴を理解し、ご自身の心と行動がなるべく一致するような生き方を目指すようにしてください。共感能力の高いあなたのよい資質が輝くことを願っています。

共感能力が強いエンパスの方の8の対策

①自分の課題と他人の課題を混同しない
②痛みや苦しみに共感しすぎない
③他者との境界をイメージする
④自分の中に軸をつくる
⑤瞑想でストレスホルモンを減らす
⑥肯定的な断言をしよう
⑦ポジティブなエネルギーで自分を満たす
⑧自己浄化をする


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『運命数診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐