共感能力が強いエンパス体質の方の改善方法とは?

エンパスは特殊な能力だと思っている人も多いかもしれません。ですが、一説によると、日本人の5人に1人はエンパシーなのだとも言われています。

エンパスの共感能力とは、言わば言語を介さないコミュニケーション。「侘び寂び」といった感性を大切にする日本においては、育ちやすい能力のひとつなのかもしれませんね。

では、そんなエンパス体質について、その対処・改善方法を詳しく解説してゆきます。

 

共感能力が強いエンパス体質の方の改善方法とは?

 


エンパスとは

エンパスとは共感能力のこと。エンパス体質の人のことはエンパシーと呼びます。

一般的には、周囲の人の感情を敏感に感じ取る人のことを言います。感情面で他者との境界線を引きにくく、相手の思っていることや考えていることを、まるで自分の感情や思考のように感じる傾向にあります。

人の心理状態だけではなく、身体の状態を察知したり、動物や植物、鉱物の「思い」を感じ取ったり、場所や土地のエネルギーを理解したり。エンパシーによって、共感する対象や範囲は人それぞれのようです。

エンパスは特殊な体質?

エンパスは「体質」だと考えられる傾向にありますが、スピリチュアルな観点から言うと、体質というより、「状態」という表現の方が近いかもしれません。共感能力は、誰もが持っているもの。それが、深いか浅いか、広いか狭いの違いなのです。

エンパシーは、他者や外界との境界線があいまいで、それがエンパス体質の人の弱点であるかのように言われがちですが、それはある意味、いつでも自分以外のものに心や身体が開かれている、ということでもあります。

何に対して開いているか、どこまで開いているか、それがエンパスの能力のタイプと度合いを決めています。いつも開いている状態にあるのがエンパシーだと言えるでしょう。

エンパシーとエンパシーではない人

多くのチャクラを開くレッスンがあることからもわかるように、通常、わたしたちは、チャクラを閉じていることが多いもの。あらゆる感性、五感、体感覚や感情も、多かれ少なかれ、感じ過ぎないように塞ぎがちなのが普通です。

トラウマゆえに、反射的に閉じることが習慣になっているので、自分には感じる能力がない、と思い込んでいるケースもあります。

逆に言うと、エンパスの人は、開くことが習慣になっているので、自分はそういう体質なんだ、と思い込んでしまっているのだとも言えます。

つまり、エンパシーゆえの苦悩を軽減して、エンパシーではない人と同じように過ごすための改善対策は「感性や感覚を塞ぐ」というのが応急処置のひとつです。

感性や感覚を塞いでも本当の改善にはならない

感性や感覚を塞ぐのは、応急処置としては有効かもしれません。ですが、感性や感覚を塞げば、ネガティブなものから心身を守ることはできるようになりますが、同時に、「良きもの」からも身を守ることにもなります。

痛みや苦しみ、怒りや妬みなどを感じなくて済む代わりに、喜びや楽しさを分かち合うことも難しくなります。心を麻痺させてしまうことになるので、人生の彩りは淡いものとなってしまうでしょう。

そうして、幸せと縁遠くなってしまえば、知らず知らずに今度は自分がネガティブなエネルギーを発する人になってしまうことにも・・・。また、自分の感情すらも、感じにくくなってしまったりします。塞ぐことの代償は思いの他大きいものなのです。

感性や感覚を塞がずに改善するには?

「敵」を知ることです。自分は何に悪影響を受けているのか、ただ闇雲に怖がったり避けたりするばかりではなく、その共感しがちな対象を見極めましょう。

どんな感情に共感しやすいでしょうか?悲しみ、寂しさ、孤独感、妬み、憎しみ、怒り、さげすみ、落胆、絶望、後悔・・・。自分がどんな感情に左右されやすいか、自分で自分を観察しましょう。

身体に不調が出てしまう場合は、どの臓器が反応しているか、どの部位が痛みや不快感を訴えているか、感じてみてください。感じてゆくことで、なんらかの自分の共感の癖やパターンが見えてくるはずです。

エンパスと憑依体質は同質のもの

エンパスと憑依体質は、異なるものだと解説されている場合もありますが、大枠では同質のものだと言えます。

怨霊は、亡くなった人の恨みの想念が凝縮されたものであり、そうしたものに憑かれやすいのが憑依体質。ですが、当然ながら、生きている人にも恨みの想念を心に携えている人はいるし、その心の状態は即座にオーラに反映されます。

エンパスと憑依体質は、どちらの想念に影響されやすいかどうかの違いなんです。

ですから、その共感している対象が、肉体を持たないものなのか、今そこに存在している人なのかを観察してみることはとても有意義です。

憑依された時の8の症状とその対処方法

「敵」を見極めたら

どんな感情に影響を受けやすいか、身体のどの部位が反応しているか、なくなっている人の想念か、生きている人の想念か。なんとなくでもわかってきたなら、改善することが可能となってきます。

まず、大切なのは、その「敵」がどんなものであれ、それは、共鳴するからこそ、自分のことのように感じるという事実を受け入れることです。

たとえば、あなたが共感しやすいのが妬みの感情だったとするなら、あなたの中に「妬み」の記憶があるということ。あなたの中に妬みの種がなければ、共鳴することはありません。

影響を受けなくなるためには、とことん自分の心に潜む妬みと向き合うこと。感じ尽くすことが最強の改善方法となります。

自分の感情を解放してあげると、他者の感情に振り回されることがなくなり、もちろん、ネガティブな影響は受けることはなくなります。「あの人怒ってるんだな」とさらりと聞き流すことができるようになるでしょう。

エンパス体質の改善は心が最強のプロテクション

自分の心と向き合い、感情を感じ尽くしていくことの他に、悪影響を受けなくさせるための有効な改善策は実は存在しません。

護符や結界なども効果はありますが、何より最強のプロテクションはやはり自分の心なんです。

ですが、瞑想や心理分析などに慣れていない人は、自分の無意識の感情が捉えづらい場合もあるでしょう。そんなときは、とにかく自分の心をご機嫌に保つ工夫をするのがお勧めです。

心がいつも幸せな気持ちで満ちていたなら、亡くなった人の霊であれ、生きている人の想念であれ、悪影響をこうむることはありません。

ちなみに、同情心もネガティブな想念と共鳴する感情なので、うかつに同情心を抱かないようにすることも大切なポイントです。同情は相手を「弱き者」と見る姿勢であることを覚えておくと良いでしょう。


 

最後に

いかがでしたか?徹底的に自分の感情と向き合っていけば、必ず、エンパスの能力はむしろあなたの味方となり、魅力のひとつともなり得るでしょう。他者の気持ちも、自分の一部として捉えられるあなただからこそ、癒し救える人々もいるかもしれませんね!

★自分がエンパス体質かどうかはこちらでご確認下さい。
共感能力が強いエンパスかどうか診断できる8のチェック

共感能力が強いエンパス体質の方の改善方法とは?

・エンパスとは
・エンパスは特殊な体質?
・エンパシーとエンパシーではない人
・塞いでも本当には身を守れない
・塞がずに身を守るには?
・エンパスと憑依体質
・「敵」を見極めたら
・心が最強のプロテクション


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『運命数診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐