ツインレイ同士を繋げるテレパシーの実態とは?

ツインレイはテレパシーが体感で分かる事もある

ベッドで横になる女性 睡眠 寝る 脇

ツインレイ同士のテレパシーは、相手の思考や感情が体感でわかることがあります。

例えば、

  • 悲しい思いをしている時は寒くなって体が震える
  • 苦しい時は脈が速くなり動悸がする

など、体に感じる様々なことから今の相手の状態がわかってしまうのです。

これは、先に書いたツインレイの痛みを感じるということに共通しているかもしれませんが、全てのエネルギーが同調し共鳴し合っているので、当然のことかもしれません。

ツインレイ同士はテレパシーでお互いの存在に気づく

カップル 夜空 星空 手をつなぐツインレイ同士が同じ時代、同じ場所で再会することは奇跡に近いことなのですが、目の前に現れた人がツインレイだった時、それをテレパシーで察知します。

404 NOT FOUND | Spiritual Media
Spiritual Mediaは、皆様をスピリチュアルな精神世界へいざない、今世を幸せに生きるヒントをご紹介致します。

相手が自分にとって特別な存在であるということがわかる

しかしそれは、この人がツインレイだという確かなものではなく、なんとなく感じるものです。例えば懐かしさに似た感情であったり、相手の感情が自分と同化したように思えたり、そんな不思議な感覚。

相手が自分にとって特別な存在であるということがわかる、それがツインレイ同士のテレパシーといえるものなのです。

ツインレイの男性側のテレパシー

男性 視線 見つめるひとつの魂が分かれたツインレイ同士は、男女一対となっています。

ツインレイ同士がこの世で再会した時、最初にテレパシーを送るのは男性の方だと言われています

ただ、テレパシーを送っているという意識はありません。

初対面であるにも関わらず、居心地の良さを覚えたり、安心感があったりするのは、無意識下でそれがツインレイだからだとわかっているからです。

男性側の魂はテレパシーを送り続けます

男性側の魂は、自分が片割れであることをアピールするために、じっと見つめたりしながらテレパシーを送り続けます。そのうちに、相手のことが心から離れなくなり、会っていない時間でも、今頃彼女はどのように過ごしているか…ということまでわかるようになります。そして、相手がツインレイであることを確信するのです。

ツインレイの女性側のテレパシー

女性 顔 目

ツインレイの女性側は、最初のうちは男性側から発せられるテレパシーにあまり気づくことはありません。出会いの時は、「一緒にいて楽しい人だわ」くらいの軽い気持ちしかありません

女性側は付き合い始めてから、かなり時間が経ってから気づく

男性側のテレパシーに気づくのは、付き合い始めてから、かなり時間が経ってからです。「なんでそんなに自分のことがわかるのだろう」と不思議な気持ちを抱くようになり、徐々にわかってくるという感じでしょうか。

女性側の魂がツインレイだということを確信することで、テレパシーの共鳴が始まります。