子育てをすることのスピリチュアルな意味を解説

スピリチュアル系の本などを読んでみると、「親」になるには、自分の「子供」となる子が天国から親になってほしい人を自ら選んで、「この人の子供になりたい」と神様にお願いすると、その女性のおなかの中にその子の魂が宿り妊娠できるなどと書かれています。

子供を出産して、子育てをしていく中で様々なことを経験し、一人前の親となって行くわけですが『子育てをすること』とは、一体精神世界ではどのような意味があるのでしょうか。

今回は『子育て』をする事はスピリチュアル的にどのような意味があるのかを解説していきたいと思います。

 

子育てをすることのスピリチュアルな意味を解説

 


子供は神様からの「預かりもの」

子供はよく、神様からの授かりもの・・なんて言われます。勿論「授かりもの」でもありますが、スピリチュアルの世界では、子供は神様からの「預かりもの」とも言われています。考え方1つだと思われますが、確かに神様から大切な子供の魂を預かっている・・と考えてもおかしくはありませんよね。

「預かりもの」と考えれば子供を親の所有物だと思わなくなるし、もっともっと虐待なども減ることでしょう。

子供はちゃんと親を選んで生まれてきます

子供は「親を選んで生まれてくる」とスピリチュアルの世界ではよく言います。確かに子供は神様のもとにいて、自分が次の魂のレベルへ上がるために必要だと思われる親を選ぶのだといわれています。

ですから、体内記憶だけではなく、ごくまれに天界にいたころの記憶もある子供が生まれてくるわけなのです。

生まれてくる前から魂の成長を促す方法

お腹に宿った魂は、きちんと成長して、今生で十分な修行が出来る環境があると感じたら、生きて行く『箱』いわゆる肉体を形成していきます。

父親、母親になる準備段階が妊娠といわれています。スピリチュアル的に、子育てをしていく上で忘れてはいけないのが、お腹に宿している魂に『安心して生まれてきてね。一緒にあなたの魂を磨き、成長していく環境を整えてあるから。』と何度も話しかけてあげる事と言われています。

話しかけるポイントは、必ず「魂の成長が出来る」と伝えること。

おなかの赤ちゃんに話しかけるお母さんはたくさんいますが、なかなか「魂の成長」に関して話しかけるお母さんは少ないです。

実はこの言葉かけ1つで今生に生まれてくる前から魂の成長を促すことができます。それと同時に知らず知らずにスピリチュアル的な子育てがはじまってきます。

いよいよ神様の国から来た赤ちゃんとご対面。出産を経て…

十月十日おなかの中で大切に育まれた神様の国から来た魂は、ようやく出産という形でこの世に生まれてきます。その瞬間から、父親、母親は、この「新しい命の本当の意味での成長=魂の成長」を「自分たちの魂の成長」と共に始めて行くことになります。

イエス・キリストが誕生した際、東方の3賢人が黄金・乳香・没薬を持って聖母マリアとヨセフ、そして新たに誕生したキリストへ捧げたといわれています。とくに乳香はフランキンセンスと呼ばれていて、魂を輝かせ、悪いものから身を守るものとされ、貴重な品となっていました。

このフランキンセンスは今、流行っているアロマテラピーショップに行くとアロマ精油として売っております。

新しい命が誕生したら、あかちゃんの額と心臓、両足裏部分にキャリアオイルなどで薄めたフランキンセンスを塗布して魂の成長を願い、今生の負のエネルギーから守ってあげる儀式をしてみるとよいでしょう。

この儀式をしてあげることで、精油のエネルギーの恩恵を受け、魂の成長を共にしていく両親たちに祝福されるスピリチュアル的な子育てが始まってきます。

子供の成長を見ることは魂の成長を見ることと同じ

子供が成長していく過程を見て行くことはとても幸せなことです。勿論、喜び、幸せだけではなく、時には大変なこともあるのは事実です。

スピリチュアル的な子育ての観点から言うと、成長の過程を見ることは魂の成長過程を見るのと同じ事となってきます。

嬉しい体験や幸せな体験ももちろん大切ですが、過去世からのカルマ解消のための厳しい試練を乗り越える事も実は魂の成長には必要となってきます。ですから、時には深く傷つくこともあるでしょう。そんな時は親の方も様々な感情に支配されることと思います。でも、それは子供と一緒に魂の成長をするチャンスなのです。

様々な感情を経験することは子供の成長にとってとても大切な事です。もちろん親側にも同じことが言えます。一つの壁を乗り越え、人生を学んでいく・・。そうして心も体も、そして魂の部分も成長していくのです。

スピリチュア的な子育ては、この『乗り越えなければならない壁や試練は、もともとの人生のプランで魂を成長させるため課されたもの』と考えます。

次々に来る試練や荒波を乗り越えることは、魂をより輝かせるための魂の成長をするための計画の一部だから決して乗り越えられないわけがない、これを乗り越えたらなにかわくわくするような学びがあると考えて、是非子供の成長を魂の成長だと思い、見守りながら親子で魂の成長を促しあってください。

実は生まれてくる子供の方が霊的成長が出来ている

子育てをしていると、たまに「うん?子供の方が親の方よりも大人じゃない?」と感じることが出てくると思います。実はそれ、スピリチュアル的な考えを持ちこむと、正しいといえるのです。

生まれてくる子供は、親の魂の霊的成長より少しばかり霊的成長をしていて、来世の自分と同じくらいの魂の輝きを持っているといわれています。

ですから、子供の方が親の方より精神的に少し大人じゃない?と感じることがある場合は、その子供の魂の成長ぶりが少しばかり垣間見れるときだといわれているのです。

親が「いつでも正しいわけではない」「子供をちゃんと見習わなくてはならないときもある」という教えを子育てを通して神様がそっと教えてくれているのでしょう。


 

最後に

今回は、「子育てをすることのスピリチュアル意味を解説」ということでお話しさせていただきましたがいかがだったでしょうか?子育ては、前世からのカルマの解消をするためにあるとか魂を成長させるためにあるなど分かって頂けたかと思います。

子育てをスピリチュアル的な意味を考えながらしてみることは、子供だけで親方の意識もかなり変わってくると思います。子育てで生じる悩みに対しての考え方が分かってきたり、子供は自分の所有物的な行動もなくなってくるはずです。この記事が今、子育てに悩んでいる親御さんのお役にたてたら幸いです。

子育てをすることのスピリチュアルな意味を解説

・子供は神様からの預かりもの
・子供はちゃんと親を選んで生まれてきます
・生まれてくる前から魂の成長を促す方法
・いよいよ神様の国から来た赤ちゃんとご対面。出産を経て…
・子供の成長を見ることは魂の成長を見ることとおなじ
・実は生まれてくる子供の方が霊的成長が出来ている


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『カラー波動診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐