宇宙

バシャールはパラレルワールドについてどのような考え方なのか知りたい方へ。

パラレルワールドとは並行宇宙とも言いますが、自分が今いる世界と並行して、同時に別の世界が無数に存在しているというものです。これまで、宇宙論や量子力学でも、パラレルワールドの存在について議論されてきました。

バシャールは私たち地球人のために、いろいろなメッセージを送ってくれていますが、パラレルワールドについても語っています。

本記事では、バシャールによるパラレルワールドについての考え方をご紹介いたします。

①私たちはパラレルワールドを行き来している

私たちが何かを選択した瞬間、選択しなかった別の私がいる世界が創造されます。それが、パラレルワールド。

そして、私たちはそのパラレルワールドに1秒間に何十億回という速さで行き来していると、バシャールは言っています

ただ、今この瞬間で知覚できる現実は1つしかありません。「もし、あの時別のものを選んでいたら…」という別の世界は、想像することしかできないのです。

パラレルワールドは上下左右いろんなところに無数に存在

バシャールによると、パラレルワールドは時間に縛られていないので、いろいろな世界が並んでいるというわけではなく、上下左右いろんなところに無数に存在しているとか。

ほんの少し違う世界が隣り合っていて、例えば映写機のフォルムを一コマ一コマ見ているような感じだそうです。

②変化を決断すれば現実が変わる

宇宙の全てはエネルギーでできています。エネルギー波動は、振動数が高いほどエネルギーも大きくなり、愛に満ち溢れ、宇宙や自然に調和しています。

私たち人間もそれぞれの周波数を持っています。波動が合うとか合わないとか言っているのは、この周波数のことです。

何か変化することを決断するたびにパラレルワールドに移行する

そして、何か変化することを決断するたびに、私たちの周波数は別の周波数に変わります。これが並行するパラレルワールドに移行するということだと、バシャールは言っています

並行する現実を経験できるくらいの大きさが私たちの意識にはあるので、意識の中でそこに焦点を当てるだけで波動が変わります。だから、変化を決断することによって現実が変わります

③物質的な世界は全てが幻想

変化することを恐れる、あるいはネガティブな感情からくる変化は、波動周波数の低い場所に居続けることになります。

ポジティブな気持ちでさらなる向上を目指している人は、さらに高い周波数の波動になっていき、恐怖などネガティブな感情を持った周波数の低い人が生きている世界を、今後は経験しなくなるといいます。

物質的な世界は全てが幻想である

つまり、ポジティブな高い周波数で生きている人は、肉体を持ちながら残りの人生を「別の地球」で過ごすことになるのです。バシャールが「物質的な世界は全てが幻想である」と言っているのは、そういうことだと思います。

同じものを見ていても人によっては見え方が違うし、同じ地球上にいても同じ次元で生きているとは限らないのです。

④パラレルワールドは引き寄せの法則

宇宙の法則として存在している波動の法則は、自分の周波数と共鳴したものを引き寄せます。

バシャールは、本来あるべき自分であることが大切であると言っていますが、本来あるべき自分の波動と調和しない物事を選択してしまうと、望んでいる現実からどんどん離れて行ってしまいます。

人のせいにしている方

例えば、誰かの言うとおりにしたら失敗したなど、何でも人のせいにしている方は、本来の自分を生きてはいません。そして、それが恨みや怒りなどネガティブなエネルギーを生み出しているのです。

起こっている現実は全て、自分が選択し決断したこと

誰が何と言ったとしてもそれを「やる」という決断できるのは自分しかいません。起こっている現実は全て、自分が選択し決断したことだと気付きましょう。

そして、本来の自分が願っている、満たされた世界のパラレルワールドに移行するためには、ポジティブなエネルギーに共鳴し、それを引き寄せなければなりません

⑤ポジティブな地球とネガティブな地球の二分化

私たちの地球は今、「惑星ごと3次元から5次元の世界に上昇する」という意思を持っているといいます。

その次元上昇に伴い、ネガティブなエネルギーを持ったパラレルワールドとポジティブなエネルギーを持ったパラレルワールドの地球に二分化されていきます。自身の波動周波数によって決まることなので、どちらを選ぶかということではなく、強制されることもありません。

自分と波動が違う人、物は目につかなくなる

2012年から始まった地球の次元上昇について、バシャールは列車に例えて語っています。これまですべての列車が一つの駅に向かっていたけれど、2015年からは列車が別々の方向に向かうようになったと。

その結果、今後どのようなことが起こるかというと、自分と波動が違う人、物は目につかなくなります。お互いの存在を見ることはなくなるそうです。

⑥パラレルワールドの選択は自分次第

バシャールたちが存在するエササニ星は、無条件の愛に包まれた高次の世界。パラレルワールドに存在すると言われているその星は、私たちには見えないといいます。私たちの地球が目指しているのは、まさにそういう世界だと思います。

人はみな、魂レベルで次元上昇を望んでいる

地球の次元上昇が始まってから、私たちは3次元の世界に肉体を持ちながら、次元上昇するということが可能になりました。

ポジティブなパラレルワールドに存在したいか、それともネガティブな場所か。どちらに移行するかは自分の感情や意識、生き方次第ですが、私たちがこの世に生まれたくさんの経験をする目的は、魂を向上させるために他なりません。人はみな、魂レベルで次元上昇を望んでいると私は思います。

わくわくしたポジティブな気持ちと情熱を持って本当の自分を生きることが、次元上昇の波に乗ること。そして、それがバシャールの言うポジティブなエネルギーを持ったパラレルワールドに移行することです。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。
思考は現実化するということを、私は成功哲学で学びました。自分の思いが現実として現れるという理論はわかっていました。

しかし、私たちが何かを選択した瞬間に、選択しなかった世界…パラレルワールドができるというバシャールの言葉はちょっと衝撃的でした。そして、今後どのような感情や意識を持って生きていくかが、次元上昇するかしないかのキーポイントだと思います。本当の自分、魂が喜ぶ生き方をしたいものです。

バシャールによるパラレルワールドについての考え方の要点は…

  • 私たちはパラレルワールドを行き来している
  • 変化を決断すれば現実が変わる
  • 物質的な世界は全てが幻想
  • パラレルワールドは引き寄せの法則
  • ポジティブな地球とネガティブな地球の二分化
  • パラレルワールドの選択は自分次第

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。


★あなたが望む本当の幸せは?

『スピリチュアルデイズ』
では、あなたの生年月日や血液型をもとに、あなたに訪れる運命の日を本格スピリチュアル鑑定であなたの運命を切り開きます。しかも、今ならご登録頂いた方全員に2,000文字を超える鑑定診断を無料でプレゼント!あなたが予期せぬ衝撃の未来とは?

運命が知りたい方は、是非お試し下さい!