聖母マリア

聖母マリアはイエスの母として知られていますが、「聖母」という呼び方はカトリック教会における呼び名。ギリシャ正教では生神女、神の母、女宰、許王などの表現が使われていたり、各国の言語によっては微妙に違う表現だったりします。

ただ、どのような表現であってもイエスの母マリアを指していることには違いはなく、世界中の人々が知っていると言っても過言ではありません。

そんな聖母マリアの伝説、お役目について詳しくご説明したいと思います。

 

聖母マリアとは?その伝説とお役目を解説

 

聖母マリアとは

スピリチュアルの世界では、聖母マリアをアセンデッドマスターの一人として考えられています。

アセンデッドマスターとは、一度はこの物質界に存在したことがある偉大なるヒーラーや聖職者のことですが、歴史的文書などには聖母マリアのことはほとんど書かれていません。

聖母マリアについての記述は、新約聖書におさめられている福音書の中にあります。その福音書によれば、聖母マリアはナザレという小さな村に住んでいました。夫は大工のヨセフ。

ヨセフと婚約後の1年間は両親と過ごすというユダヤの掟に従い、マリアは実家にいました。その時に大天使ガブリエルが受胎告知をするのです。聖霊による受胎で男の子を産むので、生まれてくる子にはイエスと名付けるようにと。

神の子・イエスを産んだ母ということで、カトリック教会などでは聖母マリアに神へ執り成してもらうための祈りが捧げられています。

聖母マリアは限りなく天使に近い存在

聖母マリアは「天使の女王」と呼ばれることがありますが、これは大天使ガブリエルから受胎告知を受けたからということもあるかもしれませんが、霊的な性質が限りなく天使に近いのです。

聖母マリアは愛に満ち溢れています。どんな人にでも優しく、その優しさの裏側には強さがあります。

聖母マリアが一番気にかけているのは子どもたち。愛をもって子どもたちを育てる人、子どもたちを守ろうとする人、子どもたちのためになろうとしている人には、進んで手を差し伸べます。

天使たちはそんな聖母マリアを愛しているので、一緒に奇跡を起こしてくれるのです。

聖母マリアへの祈り

アセンデッドマスターの一人でもある聖母マリアですが、地域や宗教、そして過去の行いなどにも関係なく、祈りをささげる人がいれば必ずそばにきてくれます。すべてを愛し、すべてを許す存在が聖母マリア。

聖母マリアがそばに来てくれると、心が安らぎます。敏感な人は、鮮明な青い光が見えたり花の香りがしたりということがあるみたいです。

聖母マリア像や絵画、その姿を思い浮かべながら祈りましょう。祈りの言葉は決まっていませんが、次の言葉を唱えるのが良いと言われています。

「愛する聖母マリア。妖精の女王、そしてイエスの聖なる母。どうか助けてください。(具体的に助けてほしい内容を入れてください)祝福を与えてくれてありがとう。直感を与えてくれてありがとう。この体験から多くを学び、成長することができます。私たちすべてが安らかであれるよう、神のご意思を見せてくれてありがとう」

これを心の中で念じても、口に出してもかまいません。

聖母マリア出現の奇跡

キリスト教徒に限らず、世界中で聖母マリアの姿を見たという数々の証言があります。体験するのは紛争が起こっている地域の子どもたちに多いそうです。遡って数えるときりがないくらいありますが、近年でもたくさんの報告があります。

1980年代、東アフリカのルワンダ共和国で、3人の少女の前に現れた聖母マリアは大虐殺が起こることを予言しました。内戦によってどんどん政情が悪化し、本当に多くの人が殺害されたのが1994年のことでした。

また、警告のためだけではなく病気を癒すために現れたケースもあります。アルゼンチンのサルタでは1990年に難病を患っていた主婦の目の前に現れ、そのあとその病気は治癒したそうです。

これまで報告されている聖母マリアの出現は約2000件。そのうち地元の司教が認めているのは28件。バチカンの承認を得られたものは16件、他に判断保留しているものは20件以上あるそうです。

不思議のメダイ

不思議のメダイとは、奇跡のメダイ、無原罪御宿りのメダイともいわれているメダルのことです。

楕円形の枠の中に聖母マリアが刻まれていて、枠には「罪なくして宿り給いし聖母マリア」という文字があります。裏側には12の星の輪と十字架の上に大きなMの字があります。

これはフランスのカトリック修道女・カトリーヌ・ラブレが聖母マリアの姿を目撃し、その時に告げられたこととイメージをもとにして、金細工師のアドリアン・ヴァシェットに作らせたものです。

「それを身に着ける人は大きな恵みを受けるでしょう」と司祭に話しなさいと、聖母マリアは告げたそうです。

このメダイを身に着けた人にはいろいろな奇跡が起こったことから、「不思議のメダイ」と呼ばれています。

聖母マリアのお役目

聖母マリアはどんな宗教を信じていようと、あるいは信じていなくても、母性愛、慈悲の心をもって守ってくれる存在です。

名前を呼ぶだけで、そばに来て癒しを与えてくれます。特に子どもを守りって助けること、子どもに関するあらゆる問題に関しては、どんなことでも助けてくれるでしょう。

先に書いた祈りの言葉を唱えてみるのもいいでしょう。あなたにもきっと、奇跡が起こるかもしれません。

 

最後に

自分のそばに来てくれるアセンデッドマスターは、その地域や信じている宗教に関係のある人だと言われていますが、聖母マリアは違うようですね。

日本にキリスト教を伝えたのはフランシスコ・ザビエルですが、マリア像を置くことで日本の国民が幸せになれると思ったからだという話もあります。

母の偉大なる愛は何ものにも勝るものです。聖母マリアは、どんなことがあってもあなたの未来を照らし続けてくれることでしょう。

聖母マリアとは?その伝説とお役目を解説

・聖母マリアとは
・聖母マリアは限りなく天使に近い存在
・聖母マリアへの祈り
・聖母マリア出現の奇跡
・不思議のメダイ
・聖母マリアのお役目


★あなたに訪れる運命の日を知る方法★

私たちの運命や人生はカードから導き出すことが出来ます。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実はカードから導き出す事が出来るのです。

『エレメントタロット』では、あなたが選んだカードをもとに、幸せになる方法を読み解き、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく解説してくれます。しかも、今なら限定で鑑定してもらえますよ。

⇒あなたのこれからの幸運を知りたい方は、是非お試しください!⇐