レイキヒーリングのやり方とは?癒しを促進する方法を解説

レイキヒーリングのやり方★癒しを促進する7の方法レイキヒーリングのやり方が知りたい方へ。

手を当てるだけで心や体を癒すことができる『レイキヒーリング』。不調なときにその場所に手を当てると不思議と痛みが和らいでいきます。自らの癒しの力を引きだして自分や他人を癒すことができたら素敵ですよね?自分だけではなく大事な家族を癒すことができる『癒しの手』をもつことができれば・・・。

でもその『やり方』がわからない。もしくは手をあてるだけでいいの?様々な疑問があると思います。

TSUYOSHI
TSUYOSHI

この記事では、レイキヒーリングのやり方と効果的な癒しの方法をお伝えします。

当たる占い師_月乃雫(つきのしずく)

まずはレイキ・レイキヒーリングとは

手 光 エネルギー 癒やし

レイキとは

レイキとは簡単に言うと宇宙エネルギーのことです。宇宙の根源からやってくる精妙なエネルギーを古来から『霊気(レイキ)』と呼ばれてきました。宇宙エネルギーであるレイキは私たちの周囲に常に存在し、太陽の光のように私たちの頭上へ降り注いでいます。

レイキヒーリングとは

宇宙エネルギーであるレイキを体に取り込み、手のひらから放出して行う癒しの行為をレイキヒーリング(手当て療法)と呼びます。

レイキヒーリングとは?その意味・やり方・効果などを徹底解説
レイキヒーリングとは何か知りたい方へ。レイキヒーリングは、身体・魂の浄化・癒しを促進するために行われるヒーリングテクニックです。特殊な能力がなくても誰にでもできます。この記事では、レイキヒーリングとは何か?どのように行うのか?そして、どんな効果が期待できるのかということをご説明したいと思います。

レイキは日常で誰もが経験している

このような説明をすると『レイキ』とはなにか特別なエネルギーだと思われがちなのですがそうではありません。

子供の頃、腹痛を感じたとき母親がお腹に手を当ててくれたという経験が誰にでもあったと思います。そのとき手を当ててもらっていると不思議と痛みが和らいでいたのではないでしょうか?これは母親があなたのお腹に手を当てて無意識に『レイキ』を流しレイキヒーリングを行っていたのです。

戦前は民間療法として広く日本に普及

レイキは戦前は民間療法として広く日本に普及し、戦後、一度表舞台から姿を消します。しかし海外で普及したものが日本に再輸入され今日ふたたび『レイキヒーリング』が普及することになります。

海外では医療行為として認められ保険適用されている国もあるレイキ。世界中で多くの医療の現場でレイキヒーリングは行われています。

レイキを行う前に体内のエネルギーを清める「乾浴法」

レイキを行う前に体内のエネルギーを清める技法に「乾浴法(けんよくほう)」というものがあります。古来から神聖な儀式を行う前には必ず斎戒沐浴(さいかいもくよく)をして心身を清め儀式に臨んでいた言われています。事前に乾浴法で心身を清めてからレイキを行うことで癒しの促進につながります。

《乾浴法のやり方》

姿勢は立っていても椅子に座っていもかまいません。

  1. 最初に合掌して心を静めます。
  2. 右手を左肩に当て右腰に向かって斜めになで下ろします。
  3. 左手を右肩に当て左腰に向かって斜めになで下ろします。
  4. ②をくりかえします。
  5. 右手を左肩に当て左手の手首や指先に向けてさっとしごくようになで下ろします。
  6. 左手を右肩に当て右手の手首や指先に向けてさっとしごくようになで下ろします。
  7. ⑤をくりかえします。

この技法は瞑想をする前や神社仏閣に参詣する際にも心身を清める技法として活用することができます。

セルフヒーリングの方法

まずセルフヒーリング(自己ヒーリング)の方法をお話します。

  1. 楽な姿勢で座って軽く目を閉じてリラックスします。
  2. 合掌して小さく声に出すか心の中で「今から宇宙の根源からくるエネルギーであるレイキとつながります。」と宣言します。
  3. 目を開き、両手をこすり合わせてから不調を感じる場所に手をあてます。
  4. 気持ちの良い範囲で(約3~5分)手を当てて、もうこれでいいかなと思ったら次の場所に手を当てていきます。
  5. 終わるときには再び合掌して「レイキによって必要な癒しが与えられました感謝いたします」と声に出すか心の中で唱えて終了です。

他者ヒーリングの方法

次は他者をヒーリングする方法です。レイキの受け手である「ヒーリー」に送り手であるヒーラーが手を当てる(またはかざす)ことでヒーリングを行います。

  1. ヒーラー・ヒーリーともにリラックスし、まずヒーリーに楽な姿勢をとってもらい目を閉じて体の力を抜いてもらいます。
  2. セルフヒーリングのときと同様に、合掌して小さく声に出すか心の中で「今から宇宙の根源からくるエネルギーであるレイキとつながります。」と宣言します。
  3. ヒーラーはヒーリーの体から10cmほど離れたところに手をかざし前身をなでるようにオーラの浄化を行います。
  4. ヒーラーは両手をこすり合わせて手を温めヒーリーに手を当てていきます。
  5. 再度③のヒーリーのオーラ浄化を行い終了です。
  6. 体のリラックス

リラックスが重要

レイキを行う際に体をリラックスさせることはとても重要です。レイキは手を当てたりかざしたりしてヒーリングを行うのですが、手のひら自身が癒す訳ではありません。レイキのエネルギーを放射する蛇口としての役割が手の平です。

体内のレイキの流れを停滞させずにそのまま送り出すことができることで癒しを効果的なものにします。そのために体のリラックスは欠かせません。楽な姿勢で「肩をまわす」「首を回す」「目を閉じてゆっくり呼吸をして全身の力を抜く」などをして体を緩めていき、リラックス状態にもっていきます。

体のリラックスを得ることで体の内外のレイキが響きあいます。

レイキヒーリングの注意点はレイキにお任せする

レイキヒーリングには自分のエネルギーは使いません。「病気を治してやろう」など結果をコントロールしないようにしましょう。

レイキのもつ癒しの力と受け手であるヒーリーの自己治癒力を信じてあとはレイキにお任せして自分はそれを中継するだけです。

必要なときに必要な場所にエネルギーは流れ癒しが始まります。それはヒーラーにもヒーリーにも同時にもたらされる癒しです。

レイキを高める呼吸法「光の呼吸法」

レイキを高める呼吸法として行われている呼吸法に「光の呼吸法」というものがあります。日常の仕事や人間関係の中で生じたストレスや不調和音を解消して心身を浄化する技法です。

《光の呼吸法のやり方》

  1. ゆったりとした姿勢ですわり目を閉じます。
  2. 合掌して心を静め両手を上げレイキのエネルギーが全身に流れるのを感じます。
  3. 両手を下げて手の平を上にして卵を握るように手を丸めひざの上におきます。意識を丹田のあたりにおきます。
  4. 吸う息とともに「白い光のレイキのエネルギーが頭のてっぺんから丹田に流れ込んでそこから体内の全体に広がっていく」とイメージします。全身が光に包まれて癒されていくのを感じてください。
  5. 吐く息とともに「体に充満した光が皮膚を通過して無限に広がっていく」のをイメージします。もし体に緊張があるならば力を抜いてゆるめていきましょう。
  6. ④⑤をしばらく繰り返します。

ハンドパワーをつける方法「合掌40分行」

西式健康法という健康法があるのですが、その中にハンドパワーをつける方法があります。「合掌40分行」と呼ばれるものですが、これを行うとレイキのパワーを強めることが出来ます。

《合掌40分行のやり方》

  1. 靴下、時計などをはずし、正座します。
  2. 両手を合掌します。そのとき両方の肘を心臓より高くあげることが重要です。
  3. そしてその状態を40分維持します。

以上となります。

やってみるとわかるのですが一見シンプルなこの方法は結構きついです。20分くらいすぎると腕がぷるぷるしてきますが、これを我慢して40分行うと手のひらがとても熱くなります。ハンドパワーが上がったことを実感できることでしょう。

最後に

レイキヒーリングはそんなに難しいものではなく、自分のエネルギーを使う必要がないのでやり方さえ知っていれば誰にでもできる身近なヒーリングです。この記事を参考に、レイキヒーリングに一歩踏み入れてみてはいかがでしょうか。

TSUYOSHI
TSUYOSHI

以上、最後までご覧頂きありがとうございます。

★あなたの悩みは解決しましたか?

解決しない悩みは、人に聞いてもらうと気持ちが安らぐだけでなく、自分では全く見えてなかった意外な事で解決方法が見えてくることもあります。

どうしても解決しない悩みがある方は、占い師の方に直接相談してみてはいかがでしょうか?「電話占いヴェルニ」では、あなたがわざわざ外出しなくとも、合格率3%の難関オーディションを通ったプロ占い師が、悩み解決の手助けをしてくれます。

その一歩があなたの人生に大きな変化をもたらすかもしれません。