霊感は遺伝するのか?その真偽を解説します

「霊感は遺伝する」という話は本当か調べている方へ。

霊感のある人は、その家族や親戚に同じように霊感がある人がいると聞きます。しかし、それは本当なのか?遺伝しているのか、それとも偶然なのか…

本記事では、霊感は遺伝するのか?その真偽を解説していきます。

霊感とは霊を感じる力のこと

霊感とはそもそもなんなのでしょうか?

これは、霊を感じる力のことです。感じると表現するのには訳があります。霊感のある人が総じてみんな霊が見えるわけではないからです。もちろん中にはしっかりと見える人や、ぼやっともやがかかったように視覚で感じられる人がいます。ただ霊感には他にも、気配がする、耳鳴りがする、体調が悪くなる、変な匂いがするなど、人によって感じ方が違うのです。

多くの人は、ぼやっともやがかかったように視覚で感じられるパターンで、視覚的に捉えることができる、ましてや、会話ができる人などはごくごくわずかなのです。そして、そういう風に視野を広げた時、意外と多くの方がわずかではあっても霊感に心当たりがあったりします。だから、霊感や霊という存在は身近にあるものなのです。

霊感が自分にあるのか?簡単にチェック出来る8の方法

子供は霊が視えてしまう

また、子供は霊感が強いと言われますが、幼い頃はあの世から来たばかりで、まだ現世での生活が短いが故に、視えてしまう、感じてしまうのです。その力は現世での生活を送ることで大抵の場合はだんだん弱まって行き、大人になる頃には忘れ去ってしまっています。

霊感は、無くなる、というよりも、忘れる、の方が正しいと思います。現に、心霊スポットにいったり、神聖な場所に行くと、大人でも空気が違うと感じることが多いからです。

子供は幽霊が見えるのは本当か?その真偽を解説

霊感は遺伝するというのは真実

結論から言えば、霊感は遺伝します。家族の中で自分だけに霊感がある、という場合もありますが、霊感のある人は血縁者に少なからず霊感のある人がいる場合が多いです。感じるだけの人や、しっかり視えてしまう人など、波こそありますがいます。その家系ではそれが普通のため、一家の中に霊が見える人がいてもさして珍しがられることもなく、怖がられることもありません。

遺伝的に霊感を受け継ぐ家系は対処法がしっかりしている

また、そのような家系の場合、先人から受け継いだ対処法がしっかりとしているため、普通に霊感がある人よりも余程しっかりと霊に関しての知識があります。霊感のある人は職業にしていない場合、あまりそのことを公にしていません。なので、もしかしたら気づいてないだけで、身近な人が実は霊能力の家系でした、ということがあるかもしれません。

霊感は隔世遺伝することもある

遺伝の場合、隔世遺伝の場合も考えられます。両親に霊感がなくても、祖父母に霊感があったり。その場合は、その知識は親が知らないため、祖父母に聞くか、もしくは自力でなんとかしなくてはいけません。その場合であれば、普通に霊感を突発的に持ってしまった人とあまり変わりありません。

遺伝した霊感の場合でもその強さはまちまち

遺伝した場合、霊感の強さや感じ方が同じ場合もありますが、ほとんどの方がまちまちです。感じるだけの人もいれば、はっきりと視覚で捉えられる人もいます。しかし、先祖にあたる人の霊能力が強ければ強いほど、同じような力を引き継ぐ可能性は高いと言えます。

親族が霊感が強くて弊害が出ることもある

一見霊感のないように見える親族の中にも、霊と縁が深くなってしまい、色んなところで弊害が出ることもあります。何かわからないけれど嫌なものを感じる、嫌な雰囲気がするといった、対処の仕方も、原因もわからないが何か引っかかる、と言うような現象を多々体験してしまいます。そのような場合、普通の人に比べて霊感が少し強いため、普通の人であれば気のせいで済ますところを、非常に大きな違和感に感じてしまうことがあります。

知り合いや親戚にもっと強く霊能力を受け継いでしまった人がいる場合は、素直に頼っていいでしょう。霊感が弱い場合、気にしなくてもいい霊であっても存在を感じてしまい、よくわからない恐怖に怯えることになってしまいます。霊感の強い人であれば、その霊が危険なものなのか、放っておいても大丈夫なものなのかを判断することはできるはずなので、相談してみることをお勧めします。

霊感が隔世遺伝した時、さらにその力が強くなることもある

隔世遺伝の場合、元の霊能力を持った先祖よりも、強い霊能力を持ってしまうことがあります。その家系では霊能力が差して珍しくもなく、しかも両親には知識がないため、誰にも教えてもらうこともなく、対処に困る場合があります。

霊は霊感がある人についてくる

霊は、その人が「視える」「感じる」ことができるとわかると、その人を頼りにしようと、ついてきてしまいます。俗に言う、「拾ってきてしまう」という状態です。この時、自分に対処方法がないと、どんどん拾ってきてしまい、精神や家の中をよどませたり、生活に支障が出てきてしまうことがあります。自覚のある場合は、どうにかしなければ、と思えるでしょうが、自分に自覚のない場合、家が荒れてしまう、なぜか調子が悪い状態が続くなどの負の状態が続き、自分が辛くなってしまいます。

両親に霊能力の知識がなく力の扱いに困った時は

その場合はしっかりと霊能力を職業にしている人に相談し、対処法を教わるといいでしょう。保険として、霊能力を職業にしている人にツテを作っておくと、いざという時に自分の身の振り方に困ることがなくなります。そして、対処法を知っておくことで、自分にも、周りにもどうしたら良いかを伝えることが出来て、危険な場所や嫌な雰囲気の場所にむやみに近づくことがなくなり、拾ってきてしまうことも減らすことができるのです。

霊感が遺伝してしまったらむやみにその力を使わない

霊感が遺伝していることに気づいたら、まずすべきなのは、むやみに力を使おうとしないことです。霊能力者の中で一番危険なのは、視える、感じるだけで対処ができない人です。拾うだけ拾ってきて、それをどうにもできないと言うのが一番対処に困ります。まずは、払うにはどうしたら良いのか、どんな方法で身を守ることができるのかを自分でわかっていないとどうしようもありません。

霊感は職業にするか、視えないようにするか

霊感は世間からしてみたらあまり信じられるものではなく、霊感があると自覚している人はわずかです。能力としてひけらかす前に、その対処法をしっかりと学んでおく必要があります。そして、それがちゃんとしてから初めて、自分の能力として使うようにするべきです。もし自分の力をコントロールできないのであれば、「視えない」と自分に言い聞かせ、心を閉じる練習をするべきです。

また、もしそれらができるようになったとして、職業にしようと思わない限りはできるだけ使うべき力ではありません。なぜなら、自分たちはこの世に生きていて、霊たちは違う世界の者たちだからです。棲み分けをしっかりとして、できるだけそちらの世界に引き込まれないように注意しましょう。

霊が苦手なのに霊感を遺伝してしまったら「忘れる」努力が必要

望まずに遺伝してしまった場合、出来るだけその力については考えないようにしましょう。たまにふとした瞬間に、視えてしまい、ドキッとすることがあるかも知れません。しかし、それをそのまま肯定するのではなく、存在をなかったことにする練習をしましょう。なぜなら、前述したとおり、霊は視える人についてきてしまうからです。霊に気に入られてしまえば、お構いなく主張をぶつけてきます。中には、八つ当たりや逆恨みで実害が出てしまうこともあります。なので、出来るだけ視えていないように過ごすのです。また、自分のご先祖様への供養やお参りを定期的に行い、守ってもらう力を強くしておくことも重要です。

先祖供養の大切さと供養する上で注意すべきポイント

また、意識的に力を使わないようにしていると、いつしかそれが普通になり、ふとした瞬間にも視えなくなることがあります。もちろん例外として、力の強い霊とあってしまった時は一概にそうとは言えませんが、普段の生活に支障は出ないようになります。運動と同じで、使っていないと力は弱くなるのです。そのまま消え去ってしまうことはありませんが、「忘れる」ことで、自分の力を外に出せなくすることは出来ます。

霊感は無くすことは出来ないので「忘れる」

消すことは難しいと思います。ただ、前述したように、「忘れる」ことで、力をないような状態まで持っていくことは出来ます。遺伝なので、自分の中に力はあるのでしょうが、視えないふりをする、感じないふりをすることを繰り返すうちに、自分でも自分の力を忘れてしまうのです。この状態が一番「消えた」状態に近いと言えるでしょう。

ただ、どうしても他の人よりも感じ取りやすいと言うことに変わりはありません。そこだけは気をつけなければいけないところです。

霊感が弱かったら無理矢理力を強くなろうとしない

また、霊感を遺伝した人でも最初から見えにくかったり、感じにくい人はいます。そう言う人は、自己防衛の意味も込めて、あまり無理矢理力を強くしようとするのはやめることです。

過ぎた力を持とうとすると、手に負えないものを相手にしてしまい困ることになるかも知れません。そのとき、周りに誰も助けてくれる人がいないと、どうしようもなくなってしまい、生活や健康に支障が出てしまうことになります。誰も乗っ取られたり取り憑かれて良い思いはしないはずですよね。やめることを強くお勧めします。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。
霊感は特殊なものと思われがちですが、意外と身近にあるものです。もしかしたらあなたの周りにも、視える人がいるかも知れません。

「霊感は遺伝するのか?その真偽を解説します」の要点は

  • 霊感とは霊を感じる力のこと
  • 子供は霊が視えてしまう
  • 霊感は遺伝するというのは真実
  • 遺伝的に霊感を受け継ぐ家計は対処法がしっかりしている
  • 霊感は隔世遺伝することもある
  • 遺伝した霊感の場合でもその強さはまちまち
  • 親族が霊感が強くて弊害が出ることもある
  • 霊感が隔世遺伝した時、さらにその力が強くなることもある
  • 霊感が遺伝してしまったらむやみにその力を使わない
  • 霊が苦手なのに霊感を遺伝してしまったら「忘れる」努力が必要
  • 霊感は無くすことは出来ないので「忘れる」
  • 霊感が弱かったら無理矢理力を強くなろうとしない

以上、「霊感は遺伝するのか?その真偽を解説します」でした。
最後までご覧頂き、有難うございました。


★ルーツが紐解く あなたの運命は?

97%の人が当たっていると実感!多くの女性から大人気!
今、あなたが抱えている悩みを一緒に解決しませんか?

生年月日や血液型を元に導き出される『ご先祖占い』が大好評です!
●あなたに対するあの人の想い・・・
●2人の関係の行方
●本当の幸せを手に入れるには・・・

恋愛・仕事・健康など、さまざまなお悩みを
実力派鑑定師が丁寧にアドバイス致します。

★しかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。是非お試しを!