足を包帯で巻く 骨折

骨折してしまった方へ。

怪我をする時は突然です。骨折をすると行動範囲も限られて、あらゆる面に影響が生じてしまいます。入院することによりあなたができなくなったこと、時間的な問題などあらゆる心配事が浮かび上がってきます。骨折はあなたの気づきを促すため、また時には関係する人たちが気づかなくてはならない学びがあったため、天から与えられた出来事なのです

本記事では、エンジェルカードリーダー、チャネラー、メンタルケア心理士のkimihamが骨折のスピリチュアルな意味をお伝えします。

骨折のスピリチュアルな意味①いつも支えられて生きていることに気づかせるため

骨折は「人はみな誰かに支えられながら生きている」というスピルチュアルな意味を伝えているのかも知れません

健康な時は、普段どれほど周りに支えられて生活しているのかなかなか気づくことができません。動けなくなって初めて、誰かの力を借りながら生きていることに気づきます。骨折は、見落としがちな人とのつながりや思いやりに気づかせるために与えられた試練なのです。

・どこかで誰かの力を借りている

一人で生きているつもりでも、人はみな誰かの力を借りて生きています。一人暮らしだからそんなことはないと思っている方もいるでしょう。でも今あなたの目の前にあるものは、どれだけ多くの人の手を通してここまで来たのか考えたことがあるでしょうか? 身の回りにあるものすべて、あなたを知らない誰かがどこかで知恵を振り絞ってこの世に生み出しているのです。こうして大人になったのも、あなたを育てた人がいたからですね。みんな誰かに育てられ、生かされています。今ここにいることさえ奇跡なのかも知れません。

骨折のスピリチュアルな意味②骨折した箇所に注意する

骨折は「痛めた箇所に注意を向けて欲しい」というスピリチュアルな意味が伝えられているのかも知れません

怪我はその箇所に関する問題を伝えたい時に起こることが多く、意識を向けて欲しいから起きています。今までも何度かメッセージが送られていたようですが、気づかなかったため骨折に至ったのかも知れません。

・負荷をかけすぎている

これは三次元的な意味が大きいのですが、一定の個所に負担をかけすぎているのかも知れません。小さな負荷でも長い間かけ続けていると、どんどん疲労がたまってしまいます。限界が来た時に起きたことがきっかけとなって骨折に至ってしまったようです。通常であれば何事もなく過ぎていったのかも知れませんが、このまま進むと大きな問題に発展する可能性があったため、この状況が与えられたのです。身体の一部分に負担のかかるようなことをしていなかったか振り返ってみましょう。

・腕や脚など、行動をつかさどる部分の骨折の意味

例えば気に入らないことがあるとすぐ何かに当たって物を壊してしまったり、力ずくでどうにかしようと考えることが多い場合、簡単に手足が出ないような状況を与えられます。壊されたものたちが自分の受けた痛みを返してきたということもあるでしょう。物に当たっても自分が困るだけで、何も変わらないことを伝えているのです。

骨折のスピリチュアルな意味③その場所に来なければならない理由があった

骨折は「その場所に来なければならない理由があった」というスピリチュアルな意味を伝えているのかも知れません

骨折した時いた場所で見たものの他、入院した病院にあなたに伝えたいメッセージがあるのかも知れません。引っかかるものがあったら注意を向けてみてください。この場合、骨折した場所、入院した病院はそこでなくてはならなかったということになります。

・骨折をした時いた場所

学校、職場、外出先など、骨折のきっかけとなった場所を思い出してください。その時見た風景や人の顔、目にした看板の文字などに、あなたに伝えたいメッセージが隠れていることがあります。その景色を見て何を感じましたか? 周りの人の表情はどうでしょう? ふと目にした文字はシンクロニシティを通して伝えてくることの多いメッセージになります。今でも覚えているワードはないか、思い出してみてください。

・入院した病院

病院の中に、あなたが会うべき人がいたのかも知れません。その人と出会うことで得たものが、その後の人生を左右する可能性がありそうです。また、入院生活の中で目にしたものが、あなたに気づきを与えているのかも知れません。気になった文字や会話があったら、その後の人生に関わるメッセージなのでメモしておくとよいでしょう。

骨折のスピリチュアルな意味④望まれていないことをしている

女性 顔を手で隠す

骨折は「望まれていない(してはいけない)ことをしている」というスピリチュアルな意味があるのかも知れません

あなた自身は悪いことと思っていなくても、誰かを傷つけているのかも知れません。関わった人たちとの会話を思い出してみましょう。影響を与えている可能性のある人と距離を置くために、骨折という方法で会わない状況が与えられるということもあるのです。

・よく観察しましょう

良かれと思ってしたことでも、相手にとってはおせっかいということもあります。思いやりとは相手の望むことをしてあげることで、自分がしたいことをすることではありません。本当は遠慮して欲しいと思われてしまうことをしてはいないか、周りの人をよく観察してください。NOという気持ちがある人には、何か違和感を感じるものです。

・適切な時期は自然と訪れるもの

あなたの行動の理由として、過去に嫌な思いをさせられた人に会ってしまってその時の感情がよみがえり、無意識に態度や行動に出てしまったということもあるでしょう。言わなくていいことを言いたくなるかも知れません。負の感情を乗り越えるには赦すのが一番ですが、そう簡単に気持ちが切り替えられるものでもありません。嫌だと感じるなら会わなくてよいし、仲良くなる必要もないのです。もしその相手と生涯つながる可能性があるなら、しかるべき時に一番適切な方法で関係を修復する時が訪れます。無理する必要はないので、時間の流れに委ねてしまいましょう。

骨折のスピリチュアルな意味⑤前世からのカルマがある

突風 強風 女性

骨折は「前世で痛めた箇所にまつわるカルマがある」というスピリチュアルな意味を伝えているのかも知れません

あなたには前世で、身近に骨折をした人がいたようです。その人は怪我によってひどく辛い思いをし、あなたに助けを求めていたのに、あなたはその人を支えることができなかったのかも知れません。また、あなた自身がその怪我を負わせてしまったことも考えられます。骨折は、その時感じていた痛みを理解させるために、今生であなたに経験する場を与えたのです。

・カルマは今生で解決する

今回の骨折がカルマによるものであるなら、今生で解決しなくてはなりません。もし解決できないまま人生を終えてしまうと、来世でまた同じような課題を与えられることになります。課題をクリアするためには与えられた試練を真摯に受け止め、できる限りの努力をして乗り越えることです。課題から逃げたり骨折の原因を誰かのせいにしたりすると、ガイドたちはまだ理解できていないようだと判断し、分かるまで試練を与えてくることになります。

⑥考える時間がもたらされた

骨折は「人生について考える時間がもたらされた」というスピリチュアルな意味があるのかも知れません

骨折をすると行動が制限されてしたいこともできなくなってしまうため、時間を持て余すようになります。この時間はただ与えられたわけではありません。自分に向き合うための時間を与えられたのです。なぜ今なのか。それはあなたにとってベストなタイミングだから。ここはじっくり自分の人生と向き合ってみませんか?

・時間は平等に与えられる

行動を起こしても何もしなくても与えられた時間はみな同じです。この時間をどう使うかで、その後の人生が大きく変わってきます。ショックで何もできないということもあるでしょう。そんな時は、まずできることを一生懸命やりましょう。後は楽しいと思えることをしてください。笑いはプラスのエネルギーを引き寄せる一番の方法です。回復も早くなるし、ストレスも溜まりにくくなって回復を妨げるエネルギーを防ぐことが出来ます。時間があるからこそできることを見つけているうちに、思わぬ発見があるかも知れません。

骨折のスピリチュアルな意味⑦生まれ変わるチャンスが来ている

女性 希望 光 夕日 使命 自信

骨折は「生まれ変わるチャンスが来ている」というスピリチュアルな意味を伝えているのかも知れません

骨は折れても時間の経過とともに元通りにくっついて補強されます。それと同じように、あなたも一旦リセットして新たなスタートを切る時が来たようです。中途半端な状況ではあなたに必要な変化が与えられなかったため、骨折という大胆な状況が与えられたのです。

・今までの自分から離れましょう

自覚している自分はほんの一部。あなたはもっと広がりを持つことができるのです。これを機会に、今まで手を付けてこなかったものにも目を向けてみましょう。自分はこういう人という枠を外してみましょう。大きな出来事があった後は、変化してもそう不思議に思われないものです。生まれ変わるにはベストなタイミングなのです。

骨折のスピリチュアルな意味⑧何一つ無駄なものはないと知らせている

女性 夕方 光 希望

骨折は「何一つ無駄なものはない」というスピリチュアルな意味を伝えているのかも知れません

右利きの人が右腕を骨折した場合、食事や物を書くときに不便を強いられることになります。うまくいかなくても左手でしなくてはなりません。でも、慣れれば左手でもできるようになります。同時に、左手はなくてはならないものだと感じるのではないでしょうか。骨折は「どんな経験も何一つ無駄になるものはない」ということを伝えているのです。

・実はとても優秀な存在だと気づく

利き手は生活の中で重要な作業のほとんどをこなしてくれていますが、利き手ではない方の手のサポートがあるからこそ、今のクオリティを維持できています。料理をする時、パソコン作業をする時、車の運転をする時。みんな両方の手が上手に役割を担って効率よく作業をこなしていますね。普段利き手だと思っていない方の手も、実に器用に働いてくれているのです。これは他のどの箇所にも当てはまり、器用に動けるのはすべての部位がそれぞれの役割を上手に担ってくれているから。何一つ無駄なものはないのです。

骨折のスピリチュアルな意味⑨ほかに生かせる場所がある

骨折には「あなたの力はほかに生かせる場所がある」というスピリチュアルな意味を伝えているのかも知れません

主に身体を使う仕事やスポーツをしている方の場合、その知識と行動力は他に生かせる場所があると伝えていることがあります。あなたの能力は思っている以上に価値があり、今いる場所だけがすべてではないようです。

・興味のあることを探ってみましょう

魂が望むものは大抵好きなものに現れます。時には隠れていることもありますが、これをしている時が楽しい、嫌いだと思っていたのに結構上手にこなせるということがあったら、それはあなたが持って生まれた能力です。今していること以上に力を発揮できる可能性があります。回復を待つ間に、一度目を向けてみるのもよいでしょう。

 

最後に

スピリチュアルガイドからメッセージがあるときは、原因と状況、経過の過程で得られる感覚を通じて伝えられます。骨折の場合じっくり考える必要のあることを伝えられていることが多く、あえて無駄に思えるような時間を与えられることがあります。回復を待つ中で焦りを感じることもあるでしょう。でも、気づいてもらえると思っているからこそこの経験が与えられているのです。

スピリチュアルガイドはあなたの最強のサポーターです。あなたの魂の性質や強さを考え、最適な方法で学びの時を与えてくれています。乗り越えるのが大変と感じるアクシデントは、成長のための学びを与えられていると考えてよいでしょう。そんな機会が訪れたら、あなたがベストだと思う方法で乗り越えてください。答え合わせはガイドたちがしてくれるので、楽しみに待っていてくださいね。

骨折のスピリチュアルな意味は…

  • ①いつも支えられて生きていることに気づかせるため
  • ②骨折した箇所に注意する
  • ③その場所に来なければならない理由があった
  • ④望まれていないことをしている
  • ⑤前世からのカルマがある
  • ⑥考える時間がもたらされた
  • ⑦生まれ変わるチャンスが来ている
  • ⑧何一つ無駄なものはないと知らせている
  • ⑨ほかに生かせる場所がある

ということでした。
以上、エンジェルカードリーダー、チャネラー、メンタルケア心理士のkimihamがお伝えしました。最後までご覧頂き、有難うございました。


★2019年上半期のあなたの運勢をズバリお教えします!

『カラー波動診断』では、あなたの運勢を徹底鑑定して、あなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。

スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージでこれからの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

⇒2019年上半期の運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!⇐