結婚する相手を直感で決めてもいいか?6の考え方

結婚相手を決める。

これほどに大きな人生のターニングポイントは、そう多くないでしょう。人生の貴重な時間を、お互いを唯一の伴侶として決めて、生きていく。

そんな重要な結婚相手を直感で決めていいのかを、今回は考えていきましょう。

 

結婚する相手を直感で決めてもいいか?6の考え方

 


①結婚相手は直感でこそ決めるべき

最初に結論を述べると、結婚相手は直感でこそ決めるべき、です。

お見合いだろうと恋愛結婚だろうと、出会って10年だろうと2時間だろうと、最高の結婚相手を決めるのに直感以外に、そして直感以上に信頼すべき理由はありません。

なぜなら直感とは、頭で考えるあらゆる理由付けや条件や思惑を超越して、内なる自分が発する最も直接的なメッセージだからです。

あらゆる情報が溢れ、結婚の条件にも無数の選択肢があるいま、結婚相手に多くの条件を設けて選び、決めることは不可能でしょう。

それに、そもそも結婚とは心と感情を持った人間同士が共に愛を育みながら生きていくことであって、紙に書かれた条件同士が結婚するわけではありません。

心と心、感情と感情、お互いの生命のバイブレーションが響き合い共鳴するからこそ、さらなる幸せを味わってゆけるのです。直感とは、まさしく生命のバイブレーションからもたらされる最も信頼するに足るメッセージなのです。

もちろん、人によって直感でどのように分かるのかは違います。100人いれば100通りの直感の訪れ方があって、全く同じという人は存在しません。

でも、私たちはこれまでの人生の多くの場面を、直感で決めてきています。条件を比較したとしても、最後にどちらを選ぶのかは、心=直感で決めてきたのです。ですから、結婚相手こそ、いつも以上に自分の心の声、理屈や条件ではない、内なる自分の気持ち、思いを大切にして、決めるべきです。

容姿や職業や経済力や家柄や、あらゆる余計な情報をすべて取り払った先の、最もあなたが大事にしたいことを完全に満たしている最高の相手を、あなたの直感が教えてくれることでしょう。

②直感を信じられないのは、自分を信じられないということ

直感とは内なる自分が発する最も直接的なメッセージです。それを信じられないとか、それに自信が持てないというのは、自分を信じることができないということ。

自分を信じることができないままで結婚相手を選ぶと、相手としてあなたの眼の前にやってくるのは、同じく自分を信じることができない人。

自分を信じていない相手が自分の伴侶になったら、あなたが越えるべき幸せへの道のりがとても険しくなるのは想像に難くありませんね。

もちろん、自分を信じられないというのは一時的な状態であって、それも人生で味わうべきプロセスなので必要以上に落ち込むことはありませんが、それでも自分を信じられない苦しみやつらさを、結婚相手に求める必要はありません。

直感で相手を選ぶことに抵抗があるなら、まずは日常の些細なことから直感で決める「練習」を重ねることで、直感で物事を進めるとどれほど楽にスムーズに素晴らしい方向へ進んでいくかを確かめるところから始めましょう。

そのうち、どんな物事も直感で決めていい、むしろ直感で「なんとなく」とか「うまく言葉で説明できないんだけどこっち」というふうに決めていくほうがうまくいくことを確信できるようになったら、自然に結婚相手も直感で決められるようになるでしょう。

③ためらいも直感からのサイン

あなたが結婚相手を決めることについて悩んでいるなら、直感の話は横に置いて、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。

そもそも、あなたはなぜ結婚したいのですか?何があなたのブレーキになっているのですか?

結婚相手を決めるのに、何らかのためらいや心のブレーキがかかっているのなら、それ自体、大切な直感からのメッセージです。直感は、自分がふだん考えていることを超越した「内なる自分」からのダイレクトなメッセージであり、サインです。

そして、結婚相手に限らず何かを決めることにためらいやブレーキがかかるとしたら、その時点でいま目の前にある選択肢から無理に決める必要はありません。

物事を決める際、最も理想的なのは「決めたこと自体も覚えていないくらい何となく」、つまり「自然に」ということ。決めるために何かしらの抵抗が残る場合は、いま無理やり決めなくていいということです。

物事には必ず自然な流れがあり、それは自分の「どうしても」という執着が消えたところでうまく乗れるようになります。

いま、ためらいや心のブレーキを感じるなら、それ以上は何もせず、行動することも考えることもなく、美味しいコーヒーを飲んだりして気持ちを別の方向へ切り替えましょう。

④あなたが本当にのぞんでいることは何?

ためらいや心のブレーキを感じて、結婚相手を決めることから少し離れてリフレッシュすることができたら、次はあなたの心の声を聞くステップです。

いまある選択肢はすべて横に置いて、あらゆる理想、自分にとって最高に自分勝手に都合よく、この先死ぬまでずっと理想が叶い続けるとしたら、あなたは何を望みますか?

心に浮かぶあの人と結婚して、家庭を築き、豊かさと笑顔が溢れる生活を営むことですか?それともいまは自分がやりたいことを思いっきりやって、そのために海外へ渡ることですか?それとも、ただただもう少し、独身生活を自分のペースで楽しむことですか?

これ以外にも、心に浮かんできた本当に望んでいることがあれば、それは実際にやってもよいことです。ぜひそのようにしましょう。あまりにも現状からかけ離れたことだったとしても、それでも、やっていけないことではありません。

実行に多少の障壁があるかもしれませんが、それでも大切なのは、あなたが本当に望んでいること=直感の声を聞き、それに可能な限り従うことです。

あなたの心の声に従うとき、障壁と思っていたことは決してマイナスではなく必ずプラスに作用するものに変わります。その障壁により、この先身につけなければならない知識や経験を身に付けることができたり、タイミングが完璧に調整されたりします。

あなたが思っている以上に、直感はあなたを素晴らしい方向へ導いてくれます。じっくり時間をかけて、あなたの心の本当の声を聞いてみましょう。

⑤自分を癒して

直感の声を聞いて、あなたが本当に望むことがわかったら、たとえ完全にではなくとも何となくこれかなと思えてきたなら、ぜひここで自分を癒す時間を作ってみてください。

結婚相手を決めることで、ある程度の期間を心悩ませていたなら、それだけ心も疲れています。疲れた体をいたわり、休息をとるように、心もいたわり、休息をとるのです。

答えがわかったから、次に進む道がわかったからといって、すぐに行動を起こさなければならないことはありません。十分に心をいたわり、自分の気持ちを整える時間をとることは、この先に長く続く結婚生活をより確かにしてくれます。

心をいたわるというのは、たとえば自分で自分にいたわりの言葉をかけてあげるようなもの。内なる自分へ語りかけるように「いままであなたを声を聞いてあげられなくてごめんね」「本当に望んでいることをちゃんと教えてくれてありがとう」「おかげでいまとてもすっきりした気分になれたよ」「これから一緒に楽しんでいこうね」など、声に出さなくても文字に書かなくてもいいので、思ってみてください。

ゆっくり時間をかけて自分をいたわり、自分の内側から何かエネルギーが湧いてくるような感覚がしてきたら、いよいよゴーサイン。直感に従って実際に動きだすタイミングです。

勇気を出して、そして安心して、あなたの心の声に従ってみてください。そのときに感じるハラハラドキドキや様々な葛藤も、それ自体が、あとで必ず素敵な思い出になりますから。

⑥あなたが選んだその人が、あなたの最高の伴侶

ここまで振り返って、自分以外の誰にも相談したり答えを聞いていないことに心配をするかもしれませんが、大丈夫です。1mmも問題はありません。

なぜなら、あなたの人生の主人公はあなた、あなたの人生をどのようにするか、あなたの結婚相手を誰にするか、決めるのはすべてあなたであり、実際に結婚生活を営んでいくのはあなただから。

自分の人生に登場するたくさんの人たち、両親、きょうだい、親友、恩師、友達、仲間、その誰もが大切な人であるのは間違いありませんが、あなたの人生を生きるのはその誰でもなく、あなた1人ですよね。

逆に、親友の結婚相手をあなたが決めて、あなたが代わりに結婚生活を営むなんておかしなこともありません。人生のありとあらゆるすべてのことに、現在も過去も未来もどの瞬間も、全権の決定権を持っているのは、あなた。他の誰もあなたの人生に何ひとつ決定権を持っていないのです。

紆余曲折を経て、内なる自分の声を聞き、自分がこの人と決めたなら、その人があなたの最高の伴侶です。誰に何を言われる筋合いもありません。

仮に結婚生活が理想と違って、途中で離れることになったとしても、それだってあなたの(そして相手の)大切な人生の一部をお互いに思い合って共有した素晴らしい期間だったということ。

あなたが自分で決めたということ、それ以上に大切で価値があることは何もないのです。自分の声にもう一度自信を持って、自分を信じて、最高の結婚相手と最高の結婚生活を築いていきましょう。


 

最後に

いかがでしたでしょうか。結婚相手を直感で決めることに、少しでも勇気を感じていただけましたでしょうか。

繰り返しますが、あなたが選んだその人が、あなたの最高の伴侶です。そして、その人にとってもあなたが最高の伴侶です。あなたが最高の結婚相手と最高の結婚をしたいと望んでいるのなら、必ず最高の結婚相手と出会えます。

胸を張って自信を持って、あなたの直感がこの人だと教えてくれる相手と、素晴らしい結婚をしてくださいね。

結婚する相手を直感で決めてもいいか?6の考え方

①婚相手は直感でこそ決めるべき
②直感を信じられないのは、自分を信じられないということ
③ためらいも直感からのサイン
④あなたが本当にのぞんでいることは何?
⑤自分を癒して
⑥あなたが選んだその人が、あなたの最高の伴侶


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『運命数診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐