人生にはたった6つだけ、生きるに値する意味があります

人が日々を生きることは考えるまでもなく当然で、今日を送れたように明日も訪れ、明日も同じように送れることが当たり前のように感じられているかもしれません。

その当たり前の日常に慣れ過ぎると、生きていることの大切さやその奇跡に感謝することもできず、些細なことでつまずいただけで大袈裟なくらい挫折を感じたり、中には生きていることが辛いなどと思われる方もいるのが現実なのです。

明日を迎えることすら苦しいと、生きていることを辛いと感じられる方は、恐らく毎日をただ平然と、流れ作業のように生活されているのかもしれません。本当は毎日が感動に溢れています。それは決して刺激的なものという意味ではありません。人生という長編ドラマのある一コマで、あなたは自分をどう演出指導するのが良いのかを、常に考えて生きてみて下さい。そうすると今日しなければいけないことがたくさん見付かりますし、それは明日に持ち越すべきではないことも理解できるでしょう。

あなたはその限りある命の炎を燃やすことに、もっと貪欲になる必要があります。生きる意味を考えるということは、その炎の力を一分一秒無駄にしない生き方を望むことにあります。

何も常に全速力で走りなさいということを言っているのではありません。それも含めて考えるきっかけにされて下さい。今回は、人生には生きるに値する意味がある事をお伝え致します。

 

人生にはたった6つだけ、生きるに値する意味があります

 


人生の意味①出会う

あなたは生まれた時から、ご両親と呼ばれる人に出会っています。そして産婦人科の先生や看護師の方々と出会い、他、親族や兄弟とも出会っていくことでしょう。人生において出会いは何をも凌ぐ大切なことであり、そこを避けては生きていけないくらい、重要な意味を持っています。

常に出会うことから始まり、同じ人ともまた明日出会うかもしれませんし、忘れた頃に出会うこともあります。中には一期一会となる出会いもあれば、言葉も交わさず顔を見合うだけの出会いで終わることもあるでしょう。

しかしそうした出会いは全て、あなたがその出会いから学びを得るということだけではなく、お相手もあなたとの出会いから何かを学ぶきっかけを得ているわけで、お互いに生きていく中で考えさせられる一幕でもあるわけです。

そうした何気ないことの連続が、知らないうちにあなたやお相手を人として大人として成長させていきます。この成長なくして人生は語れませんし、言い換えれば誰かとの出会いなくして、生きることも成長することも語れないわけです。

あなたのその存在は誰かの心の支えになっていることを、そして学びのきっかけになっていることを忘れないで下さい。あなたが誰かと関わることで感じているその感覚は、紛れもなくお相手にもあるわけです。あなたはあなただけで生きていません。それを忘れないで下さい。

人生の意味②思う

思うことは人に与えられた特権のようなもので、機械的に存在しているものとは異なるということを教えてくれます。あなたは常に何かや誰かを思うことで、次の発言や行動に繋がっていきます。思いの深さに違いはあっても、決して思いなくして何とも関わることができないのが、あなたであり人でもあるのです。

ポジティブでもネガティブでも良いのです。何かを思うということは生きることに肯定的であり、生きることについて何かしら考えているから思うのです。愚痴であっても悪態であっても、その思うことは今を生きている証ですし、また明日をどう生きていこうかと考えるためのきっかけでもあります。

そしてその思いは心に歴史を刻んでいきます。あなたという掛け替えのない個性の結晶でもあります。その歴史の深さは昨日今日の思い一つで生まれるものではありません。紆余曲折した思いの中から、常に何か一つ指針を導き出し、行動を起こして今に至ります。

そして今を生きているわけなのですから、思いの力という奇跡の連続にあなた自身を褒めてあげても良いくらいなのです。

生きるということは、ただ機械的に何かに生かされているのではありません。あなた自身の意志で、常に生きることを選択した結果が、今の命に繋がっているのです。そこには必ず思いが生じます。その思いはどんなものでも大事な宝物です。あなたはそこに人生の意味を感じて当然なのです。

人生の意味③願う

願いは希望です。まだ見ぬ将来に、イメージした世界が訪れることを望まれています。その願いは生きることにとても肯定的で、原動力となる未知のエネルギーでもあります。

思いがあると、それに続いて必ずと言って良いほど願いが生まれます。思いが今日を生きたことのおさらいと感謝を表し、明日を生きるための指針であるとしたら、願いは具体的な明日を生きる方法や行動を表し、更にその先の将来についての足掛かりを探る意味もあります。

生きることに対して今日や明日のことではなく、更に先の将来について、生きることを約束しているものが、願いには込められています。

願いを持つことは、生きるべき存在であることの証となります。あなたはその願いが叶うか叶わないかに拘る必要はありません。難しいと思われる願いでも良いのです。生きることに肯定的なその意識は、どのような願いでも叶う可能性があるのです。なぜなら生きていればこそ叶えられる願いだからです。

生きていることが当たり前と感じさせる現代だからこそ、願いは高く強く持つ必要があるのです。

人生の意味④伝える

人は今思っていることや考えていることを誰かに伝えてみて、初めて人間関係に変化が起こります。賛同を得て協力関係となったり、または相違が生まれることで理解のために努力するか、それともその関係に進展が見えなければ別れに至ることとなるかもしれません。

何にせよ伝えることによって、その関係の方向性が見えてくるわけですから、人間関係は伝えることなしに歩みが起こることはありません。

生きるということは人間関係に始まり、人間関係に終わると言っても過言ではないくらい、人との関わり合いに重点が置かれます。その営みは常にコミュニケーションにより始まります。

意志を伝えることは何も相手を説き伏せることではありません。あなたの考え方の間違いや、方向性を見失っている状態を改善するためにも必要なことで、そこには常に成長するための要素が、多分に含まれているわけです。だから能動的に生きるためにも、溜め込むことなく伝える必要があるのです。

あなたは伝えたいと感じ、それを余すことなく伝えた瞬間、そこには生きる意味が強く生じます。なぜならそれを伝えたお相手は、あなたに答えを返すことによって、生きる意味を教えてくれることになるからです。そしてそのお相手もあなたの言葉から思いを巡らせ、生きることの意味を感じ取ることとなります。

伝えるということは、そこに命の育みが生まれているのと同じです。それが理解できれば、もっと発言に気遣いが生まれます。伝えるというのはそういうことです。

人生の意味⑤別れる

人には生死別問わず、また理由いかんにかかわらず、別れというものが起こります。卒業という意味での自然な別れや、仲違いによる別れ、またお互いの合意の上、笑顔で別れることもあれば、悲しみに暮れる別れもあるでしょう。そのどの別れもあなたのもとから離れていくこととなりますが、あなたが生きているからこそ経験できる、大切なイベントでもあるのが別れなのです。

特に死別となると、ネガティブに捉えてしまうのは致し方ないですが、そうした別れは命の重みや大切さを肌で感じさせてくれる、貴重な経験でもあります。

あなたが人生を終える時は、命尽きる時となりますが、それは疑似体験でも叶うことはありません。あなたが死を迎えるその瞬間、命について多くを学ぶには時間が短過ぎるかもしれません。それを予備知識として、近しい間柄の方の死から学ぶということは、いつか来るあなたの命の終わりを理解するためには、とても貴重な経験と言えるわけです。

言い換えればこれは今ある命、そして生きているということの大切さを直接的に学んでいるのと同じと言えます。

死別ではないにしろ、あなたは人との別れを通じて、その存在の大きさを直に知ることとなります。それは時に、あなたに辛さや苦しみを与えることとなるかもしれません。しかしそれくらい人との関わり合いが当たり前と感じていることに、警鐘を鳴らされていると気付かなければならないわけです。

生きるということはその警鐘に気付き、限りある時間の中でどれだけ密に、そして大切に育むことができるか考えなければならないのです。それくらい別れは生きることについて、大きな意味を持っています。

人生の意味⑥片付ける

片付けるとは、何も部屋の整理整頓を心掛けなさいということではありません。あなたの過去の経験から得てきた知恵を、記憶の中で要るものを綺麗に留めて、要らないものを思い切って捨てなさいということを言っています。

要るものを綺麗に留めるというのは、過去に失敗した経験を、いつまでもネガティブな思いとして持ち続けても意味がなく、それは良い意味で美化しなければなりません。これからの人生に生かすため、あえてそこで失敗を経験させてくれたとポジティブ化することは、プラスの知恵となります。

そして要らないものを思い切って捨てなさいというのは、美化し切れないネガティブな思いを捨てるのもそうですが、過去の成功した経験という栄光に、いつまでもすがって自分を称え続けていても、これからの更なる成長に生かせなければ意味がないので、初心を思い出し謙虚になるためにも、要らないものとして捨てなければならないという意味を言います。

また忘れていくということも捨てることと同じです。それは積もり積もったネガティブな思いで精神の安定を欠きそうになると、無意識ながら自然と忘れていく、または記憶が曖昧になることで安定を図ろうとします。

記憶はある意味、都合よくできているので、自然とこの片付けるという作業をある程度は行っているわけです。こうした取捨していく作業は、生きていく上で、そして命を安定して維持し続ける上でとても重要なこととなります。

無意識に行われていることは良いのですが、自発的に片付けなければいけない思いに関しては、生きることをシンプルにする効果もあります。

またあなたが本当に求めていることや、新しいことの発見、そして生き甲斐とするものを見付けるためにも、とても有意義なものとなるでしょう。


 

最後に

いかがでしたでしょうか?ただ生きることは誰にでもできます。だからこそ当たり前過ぎて、深くは考えないのかもしれません。しかし普段から当たり前のようにしているこの6つのことも、あえて意識してみることで、もっと考え深くなるでしょうし、今度はいくら時間があっても足りないと感じるようにもなるかもしれません。

それくらい次々と、目まぐるしいくらい起こるこの6つのことは、人生に厚みと深さを与えてくれます。特に何が大事かではなく、この6つは人生の中で、ほぼ一連の流れとなって起こり続けるものです。時には重なり合って起こることもあれば、複数の出会いや思いが、一つの願いに繋がることもあります。

それらは何も複雑なものではなく、あなたが人生の意味を考えなくなった時や見失った時に、ふと訪れる人生のメッセージというだけのことです。それを見過ごすこともあなたの自由ではありますが、もしここで少しでも理解に努められるようであれば、そのメッセージをきっかけに、生きる意味について考えを巡らしてみても良いでしょう。あなたは明日を生きるために今日を生きています。既にそこに生きる意味があることに気付かれて下さい。

人生にはたった6つだけ、生きるに値する意味があります

①出会う
②思う
③願う
④伝える
⑤別れる
⑥片付ける


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『運命数診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐